イザヤ​書 34:1-17

34  くにぐによ,ちかってけ。ひとびとよ,ちゅうはらえ。かいとそこにちるもの,だいとそこからしょうじるすべてのものはけ。   エホバはすべてのくにたいしてげき+かれらのすべてのぐんたいたいしていきどおっている+かれらをほろぼしくし,かんぜんかす+   ころされたひとたちはてられ,たいからあくしゅうのぼ+やまやまかれらのたいりょうながれる*+   てんぜんぐんて,てんまきもののようにかれる。かれらのぐんぜいみなよわてる。しおれたがブドウのからち,しなびたがイチジクのからちるように。   「てんわたしつるぎにまみれる+それはエドムをしょばつするためにろされる+わたしほろぼすことにしたたみうえに。   エホバはつるぎっており,それはだらけになる。ぼう+わかひつじとヤギのひつじじんぞうぼうおおわれる。エホバはボツラでひとびとせいとし,エドムでおおぜいつのである+   ぎゅうかれらとともたおれる。わかうしつようしともに。かれらのまみれになり,つちぼうおおわれる」。   エホバはふくしゅうさだめている+シオンのしょうかんするほうふくとし+   かのじょ*かわれきせい*えられ,つちおうえられる。そのえるれきせいのようになる。 10  それはひるよるされず,けむりがいつまでものぼる。かのじょはいつのだいこうはいしたままとなり,えいきゅうだれもそこをとおらない+ 11  ペリカンとヤマアラシがかのじょしょゆうし,トラフズクとワタリガラスがそこにすむ。かみはそのうえくうきょはかづなばし,こうはい*らす。 12  かのじょこうひとたちはだれおうにつけられず,こうかんたちはみなそんざいしなくなる。 13  ぼうされたとうにはいばらがえ,ようさいにはイラクサやとげくさえる。かのじょはジャッカルのすみかとなり+ダチョウのためのかこいとなる。 14  ばくものが,とおぼえするどうぶつい,ヤギ*なかける。ヨタカがそこにすみき,やすところつける。 15  へび*がそこにつくってたまごみ,それをかえしてぶんかげあつめる。トビのつがいがそこにあつまる。 16  エホバのしょ調しらべて,こえしてめ。どのどうぶつ*けることはなく,かならずつがいになる。エホバのくちからめいれいたのであり,そのかたせいなるちからによってそれらがあつめられたのである。 17  かみがそれらのためにくじをいたのであり,ぶんで,それぞれにてられたしょはかった*それらはいつまでもそこをしょゆうし,いつのだいまでもそこにすむ。

脚注

または,「山々は彼らの血のせいで溶ける」。
エドムの首都ボツラのことと考えられる。
または,「ピッチ」。
直訳,「石」。
もしかすると,「ヤギのような邪悪な天使」。
または,「突進する蛇」。
直訳,「それらの一つも」。
直訳,「それらのためにそれを測り綱で分けた」。

注釈

メディア