イザヤ​書 27:1-13

27  その日,エホバは,鋭く,大きく,強い剣を持ち+滑るように動く蛇レビヤタン*に注意を向ける。身をくねらす蛇レビヤタンに注意を向け,海にいるその巨獣を殺す。   その日,彼女*に向かって歌え。「泡立つぶどう酒を生み出すブドウ園よ+   私エホバが,彼女を守っている+絶えず彼女に水を注ぐ+昼も夜も彼女を守る。誰からも危害を受けないように+   私は憤っていない+誰が戦いでいばらや雑草を持って私に挑むだろうか。私はそれらを踏みつけ,まとめて火を付ける。   それを望まない者は,私のとりでに来て,私と和解せよ。和解せよ,私と」。   後の日々に,ヤコブは根付き,イスラエルは花を咲かせて芽を出し+土地を産物で満たす+   彼は自分を打つ者によって打たれなければならないのか。虐殺される民のように殺されなければならないのか。   彼女を追い出す時,あなたは大声で叫び,彼女と争われる。東風の日に,神は激しい突風で彼女を追い払う+   このようにヤコブの過ちは贖われる+彼の罪が取り去られる時,次のような結果になる。神は祭壇の全ての石を,みじんに砕かれた石灰石のようにし,聖木や香台は一つも残らない+ 10  防備された都市には誰も住まなくなる。牧草地は見捨てられ,荒野のように放置される+そこで子牛が草を食べて横たわり,枝を食べ尽くす+ 11  小枝が枯れると,女性たちがやって来て折り,それで火をたく。この民は理解が欠けている+そのため,彼らを造った方は憐れみを示さず,彼らを形作った方は情けを掛けない+ 12  その日,エホバは流れる川*からエジプトの谷*+至るまで,実をはたき落とす。イスラエルの民よ,あなたたちは次々に拾い集められることになる+ 13  その日,大きな角笛が吹き鳴らされ+,アッシリアで滅びつつあった人たち+とエジプトに散らされた人たち+が来て,エルサレムの聖なる山でエホバにひれ伏す+

脚注

用語集参照。
イスラエルのことと思われる。ここでは擬人化され,ブドウ園になぞらえられている。
ユーフラテス川のこと。
または,「ワジ」。

注釈

メディア