イザヤ​書 23:1-18

23  ティルスにかんするせんこく+ タルシシュのふね+よ,さけべ!みなとほろぼされ,はいっていけなくなった。それはキッテム+かれらにあきらかにされた。   うみ沿いのたいじゅうみんよ,ちんもくせよ。うみわたる,シドン+からのしょうにんたちはあなたをませていた。   シホル*+こくもつ*,ナイルのしゅうかくぶつが,うみえてはこばれ,あなたはえきた。くにぐにしゅうえきがもたらされた+   うみのとりでであるシドンよ,じよ。うみがこうったからである。わたしみのくるしみをあじわったことがない。んだことがなく,だんそだてたことも,じょ*やしなったこともない+」。   ひとびとは,エジプトについてのらせをいたときのように+ティルスについてのらせをいてのうする+   タルシシュにわたれ!うみ沿いのたいじゅうみんよ,さけべ!   これが,むかしから,はじめのころからかんしていた,あなたがたまちなのか。かのじょとおむためにあしはこんでいた。   ティルスがこうなるとめたのはだれか。ティルスはかんむりさずけるものであり,そこのしょうにんたちはこうかんであり,貿ぼうえきしょうたちはぜんかいでたたえられていたのに+   このことをめたのは,たいぐんひきいるエホバである。あらゆるうつくしさをほこっていたかのじょほこりをくじき,かいじゅうでたたえられていたものたちみなはずかしめるために+ 10  タルシシュのひとびと*よ,ナイルがわのようにぶんにあふれよ。ぞうせんじょ*はもはやない+ 11  かみうみうえばし,いくつものおうこくるがした。エホバはフェニキアのとりでをほろぼしくすようめいじた+ 12  そしてこうう。「しいたげられたもの,シドンのしょじょであるむすめ*よ,あなたはもうかんすることはない+がって,キッテム+わたれ。とはいえ,そこでもやすらぎをいだせない」。 13  なさい! カルデアじん+である。アッシリア+ではなく,このたみこそが,かのじょばくもののためのしょとした。ほうするためのとうて,かのじょぼうされたとうかい*+かのじょくずれゆくはいきょとした。 14  タルシシュのふねよ,さけべ!あなたがたのとりではほろぼされた+ 15  その,ティルスは70ねんかんわすれられることになる+。それは1人ひとりおうしょうがい*ひとしい。70ねんわりに,ティルスはしょううたにあるとおりになる。 16  「わすれられたしょうよ,たてごとってまちめぐれ。たてごとたくみにかなで,おおくのうたうたえ。ひとびとおもしてもらうために」。 17  70ねんわりに,エホバはティルスにちゅうけ,かのじょふたたほうしゅうるようになり,じょうすべてのおうこくばいしゅんをする。 18  かのじょしゅうえきほうしゅうはエホバにとってせいなるものとなる。たくわえられることも,っておかれることもない。そのほうしゅうは,エホバのたみまんぞくするまでべ,じょうひんふくるために使つかわれるからである+

脚注

直訳,「種」。
ナイル川の支流。
直訳,「処女」。
もしかすると,「港」。
直訳,「娘」。
ティルスのことと考えられる。
または,「略奪し」。
直訳,「日々」。

注釈

メディア