イザヤ​書 21:1-17

21  海の荒野*に対する宣告+ それは南で吹き荒れる暴風のようにやって来る。荒野から,恐ろしい土地から+   深刻な幻が私に示された。「不誠実な者が不誠実に行動し,滅ぼす者が滅ぼしている。エラムよ,上っていけ! メディアよ+,包囲せよ!私は彼女*が生じさせた苦しみを全て終わらせる+」。   そのため,私は非常に苦しんでいる*+出産する女性のように,けいれんに襲われた。苦痛のあまり何も聞こえず,動揺のあまり何も見えない。   心がうろたえ,恐怖に身震いする。待ち焦がれていた夕暮れに震え上がる。   食卓を整え,座席を並べよ!食べて,飲め+高官たちよ,立ち上がって,盾に油を塗れ*   エホバは私にこう言った。「行って,見張りを立て,見たことを報告させなさい」。   見張りは,2頭の馬が引く戦車と,ロバが引く戦車と,ラクダが引く戦車を見た。目を凝らして注意深く見た。   そして,ほえるライオンのように叫んだ。「エホバ,私は昼間ずっと見張り台*の上に立ち,毎晩自分の見張り所に就いています+   ご覧ください。2頭の馬に引かれた戦車に乗って,人々がやって来ます+!」それから大声でこう言った。「彼女は倒れた! バビロンは倒れた+彼女の神々の彫像は全て粉々に砕かれた+!」 10  踏みにじられた*私の民よ,私の脱穀場の産物*+私は,イスラエルの神,大軍を率いるエホバから聞いたことをあなたたちに伝えた。 11  ドマ*に対する宣告。 誰かがセイル+から私に呼び掛けている。「見張りよ,夜はいつ明けるのか*見張りよ,夜はいつ明けるのか」。 12  見張りは言った。「いずれ朝が来て,また夜になる。尋ねたければ,尋ねなさい。また来なさい!」 13  砂漠平原に対する宣告。 デダンの商人の一団よ,あなた方は砂漠平原の森で夜を過ごす+ 14  テマの住民よ+水を持ってきて喉が渇いている人を迎え,逃げてきた人のためにパンを持ってくるように。 15  彼らは剣から逃げてきたのである。抜かれた剣,引かれた弓,残酷な戦いから。 16  エホバは私にこう言った。「雇われた労働者の年期に従って1年*のうちに,ケダル+の栄光は全て失われる。 17  弓を持つ戦士はケダルにわずかしか残らない。イスラエルの神エホバがそう語ったからである」。

脚注

古代バビロニアの地域のことと思われる。
バビロンのことと考えられる。
直訳,「私の腰は痛みに満ちている」。
または,「注げ」。用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「物見の塔」。
直訳,「脱穀された」。
直訳,「子」。
意味,「沈黙」。
直訳,「どうなのか」。
または,「雇われた労働者が数えるように注意深く数えられた1年」。1年ちょうどのこと。

注釈

メディア