イザヤ​書 16:1-14

16  はいしゃひつじおくれ。セラからこうとおって,シオン*やまに。   モアブのじゅうみん*はアルノン+わたで,からはらわれたとりのようになる+   「じょげんをし,めたことをおこなえ。ひるにあなたのかげよるのようにせよ。らされたひとたちをかくまえ。げていくひとたちをうらってはならない。   モアブよ,らされたひとたちをまわせよ。ほろぼすもののゆえに+かれらのかくとなれ。しいたげるものわりをむかえ,ほろびはわり,みにじるものたちはじょうからほろびる。   そしてるぎないあいによっておうかくりつされる。ダビデのてんまくなかおうにつくものは,ちゅうじつこうどうする+こうへいさばき,すみやかにただしいことをおこな+」。   わたしたちはモアブのほこりについていた。かれじょうたかぶっている+かれごうまんさ,ほこり,げきについていた+しかし,かれなかのないはなしわる。   それで,モアブはモアブのことでさけぶ。ひとびとみなさけ+ちのめされたひとたちはキル・ハレセトのしぶどうののことでなげ+   ヘシュボン+だんきゅうてた。シブマ+のブドウの*えだは,くにぐにはいしゃたちにみにじられた。そのえだはヤゼルにまでたっ+びてこうおよんでいた。わかえだうみとどくほどしげっていた。   そのため,わたしはヤゼルのことでくように,シブマのブドウののことでく。ヘシュボンとエルアレよ+わたしなみだであなたをすっかりぬらす。あなたのなつ果物くだものしゅうかくたいするかんせいはやんだ*からである。 10  よろこびとたのしみがじゅえんからられた。ブドウえんよろこびのうたかんせいかれない+もうしぼでブドウをひとはいない。わたしさけごええさせたのだ+ 11  そのため,わたしこころはモアブのことで,わたしおくそこはキル・ハレセト+のことでさわ+かきらされるたてごとのように。 12  モアブがたかしょつかてても,ぶんせいなるところっていのっても,なにげられない+ 13  これはエホバがぜんモアブにかんしてかたったことである。 14  そしていまエホバはう。「やとわれたろうどうしゃねんしたがって3ねん*のうちに,モアブのえいこうはあらゆるこんらんともけがされる。のこものはごくわずかで,るにりない+」。

脚注

直訳,「シオンの娘」。
直訳,「娘たち」。
または,「赤ブドウがたわわに実った」。
もしかすると,「に対してときの声が浴びせられた」。
または,「雇われた労働者が数えるように注意深く数えられた3年」。3年ちょうどのこと。

注釈

メディア