イザヤ​書 16:1-14

16  土地の支配者に雄羊を送れ。セラから荒野を通って,シオン*の山に。   モアブの住民*はアルノン+の渡り場で,巣から追い払われた鳥のようになる+   「助言をし,決めたことを行え。真昼にあなたの陰を夜のようにせよ。散らされた人たちをかくまえ。逃げていく人たちを裏切ってはならない。   モアブよ,散らされた人たちを住まわせよ。滅ぼす者のゆえに+,彼らの隠れ場となれ。虐げる者は終わりを迎え,滅びは終わり,踏みにじる者たちは地上から滅びる。   そして揺るぎない愛によって王座が確立される。ダビデの天幕の中で王座につく者は,忠実に行動する+公平に裁き,速やかに正しいことを行う+」。   私たちはモアブの誇りについて聞いた。彼は非常に高ぶっている+彼の傲慢さ,誇り,激怒について聞いた+しかし,彼の中身のない話は無駄に終わる。   それで,モアブはモアブのことで泣き叫ぶ。人々は皆,泣き叫ぶ+打ちのめされた人たちはキル・ハレセトの干しぶどうの菓子のことで嘆く+   ヘシュボン+の段丘は荒れ果てた。シブマ+のブドウの木の真っ赤な*枝は,国々の支配者たちに踏みにじられた。その枝はヤゼルにまで達し+伸びて荒野に及んでいた。若枝は海に届くほど生い茂っていた。   そのため,私はヤゼルのことで泣くように,シブマのブドウの木のことで泣く。ヘシュボンとエルアレよ+,私は涙であなたをすっかりぬらす。あなたの夏の果物と収穫に対する歓声はやんだ*からである。 10  喜びと楽しみが果樹園から取り去られた。ブドウ園で喜びの歌も歓声も聞かれない+もう搾り場でブドウを踏む人はいない。私は叫び声を絶えさせたのだ+ 11  そのため,私の心はモアブのことで,私の奥底はキル・ハレセト+のことで騒ぎ立つ+かき鳴らされるたて琴のように。 12  モアブが高い場所で疲れ果てても,自分の聖なる所に行って祈っても,何も成し遂げられない+ 13  これはエホバが以前モアブに関して語った言葉である。 14  そして今エホバは言う。「雇われた労働者の年期に従って3年*のうちに,モアブの栄光はあらゆる混乱と共に汚される。残る者はごくわずかで,取るに足りない+」。

脚注

直訳,「シオンの娘」。
直訳,「娘たち」。
または,「赤ブドウがたわわに実った」。
もしかすると,「に対してときの声が浴びせられた」。
または,「雇われた労働者が数えるように注意深く数えられた3年」。3年ちょうどのこと。

注釈

メディア