アモス​書 7:1-17

7  主権者である主エホバは私に次のことを見せた。神は遅い時期*の作物が育ち始める頃,バッタの群れを送り込んだ。その作物は,王の牧草が刈られた後の遅い時期のものだった。  バッタが土地の草木を食い尽くしてしまったので,私は言った。「主権者である主エホバ,どうかお許しください+! ヤコブはどうやって生きていけばよいのでしょう。ヤコブは弱いのです+」。  エホバはこのことを考え直した*+。エホバは,「このことは起こらない」と言った。  主権者である主エホバは私に次のことを見せた。主権者である主エホバは火による処罰を宣言した。火が広大で深い水をなめ尽くし,土地を焼き尽くした。  私は言った。「主権者である主エホバ,どうかやめてください+。ヤコブはどうやって生きていけばよいのでしょう。ヤコブは弱いのです+」。  エホバはこのことを考え直した*+。主権者である主エホバは,「このことも起こらない」と言った。  神は次のことも私に見せた。エホバは,下げ振り*を使って造られた城壁の上に立っていた。手には下げ振りがあった。  エホバは私に,「アモス,何が見えるか」と言った。私は「下げ振りです」と言った。するとエホバは言った。「私は,私の民イスラエルの中に下げ振りを垂らす。これ以上彼らを許すことはしない+  イサクの高い場所+は荒廃し,イスラエルの聖なる所も廃虚となる+。私は剣でヤラベアム家に立ち向かう+」。 10  ベテルの祭司+アマジヤがイスラエルのヤラベアム王+に人を遣わしてこう伝えた。「アモスがイスラエルの中であなたに対する陰謀を企てています+。この国の民は彼の言葉に耐えられません+ 11  アモスはこう言っています。『ヤラベアムは剣で死ぬ。イスラエルは必ず捕らえられて,国の外に連れ去られる+』」。 12  アマジヤはアモスに言った。「神からの幻を伝える人よ,ユダに逃げていけ。そこで生活し,そこで預言すればいい+ 13  ベテルではもう預言してはならない+。ここは王の聖なる所であり+,王国の家なのだ」。 14  アモスはアマジヤに答えた。「私は,預言者でも預言者の子でもありませんでした。家畜を世話し+,エジプトイチジクの木の手入れをして*いました。 15  しかしエホバは,羊の群れを追っていた私を呼び出しました。エホバは,『私の民イスラエルに預言しに行きなさい』と言いました+ 16  それで今,エホバの言葉を聞きなさい。『あなたは,「イスラエルに対して預言してはならない+。イサクの子孫に対して伝道してはならない+」と言っている。 17  そのため,エホバはこう言う。「あなたの妻は町で娼婦となる。あなたの息子や娘は剣によって倒れる。あなたの土地は測り綱で分配される。あなた自身は汚れた土地で死ぬ。イスラエルは必ず捕らえられて,国の外に連れ去られる+」』」。

脚注

1月,2月のこと。
または,「悔やんだ」。
または,「悔やんだ」。
または,「重り」。
または,「エジプトイチジクに切り込みを入れて」。

注釈

メディア