内容へ

目次へ

 第14課

神が組織を持っておられるのはなぜですか

神が組織を持っておられるのはなぜですか

1. 神が古代のイスラエル人を組織されたのはなぜですか

エホバ神は,族長アブラハムの子孫を一つの国民として組織し,法典を与えました。そして,その国民を「イスラエル」と呼び,真の崇拝と神の言葉を守るという役割をゆだねました。(詩編 147:19,20)それは,すべての国の人がイスラエル人を通して恩恵にあずかれるようにするためです。―創世記 22:18を読んでください。

神はイスラエル人を選んでご自分の証人とされました。昔のその国民の歴史は,神の律法に従うならどんな益が得られるかを示す例となっています。(申命記 4:6)他の国の人々は,イスラエル人を通して真の神について知ることができました。―イザヤ 43:10,12を読んでください。

2. 真のクリスチャンが組織されているのはなぜですか

イスラエルはやがて神の恵みを失いました。エホバの選びにより,クリスチャン会衆がその国民に取って代わりました。(マタイ 21:43; 23:37,38)今では真のクリスチャンが,イスラエル人に替わってエホバ神の証人としての役割を担っています。―使徒 15:14,17を読んでください。

イエスは,ご自分に従う人たちがすべての国で伝道し,人々を弟子とするよう組織しました。(マタイ 10:7,11; 24:14; 28:19,20)現在の事物の体制が終わろうとしているこの時期に,その業は最高潮を迎えています。エホバは歴史上初めて,あらゆる国から来た幾百万もの人々を真の崇拝において一つに結び合わせておられます。(啓示 7:9,10)真のクリスチャンは組織されており,励まし合い助け合うことができます。世界のどこでも,集会で聖書の同じ教えを学んでいます。―ヘブライ 10:24,25を読んでください。

 3. 現代のエホバの証人の組織はどのように始まりましたか

1870年代に,聖書研究者たちから成る一つの小さなグループが,長年見失われていた聖書の真理を再発見するようになりました。彼らは,イエスが伝道を目的としてクリスチャン会衆を組織したことを知り,王国を宣べ伝える国際的な活動を始めました。そして1931年には,エホバの証人という名称を採択しました。―使徒 1:8; 2:1,4; 5:42を読んでください。

4. エホバの証人はどのように組織されていますか

1世紀には,多くの土地にあるクリスチャン会衆が,イエスを会衆の頭として認める中央の統治体の働きから益を受けました。(使徒 16:4,5)同様に今日でも,全世界のエホバの証人は,経験豊かな長老たちで構成される統治体の働きから益を受けています。統治体は,エホバの証人の支部事務所の活動を監督しています。それらの事務所は,聖書研究用の資料を600余りの言語で翻訳・印刷・発送しています。こうして統治体は,世界の10万余りの会衆に聖書からの励ましや指導を与えることができます。各会衆では,資格ある男子たちが長老つまり監督として奉仕しています。これらの男子は,会衆の成員を優しく世話しています。―ペテロ第一 5:2,3を読んでください。

エホバの証人は,神からの良い知らせを宣べ伝えて人々を弟子とするために組織されています。イエスの使徒たちと同じように,家から家に伝道します。(使徒 20:20)さらに,真理を愛する誠実な人たちに,聖書を学ぶよう勧めています。しかし,エホバの証人は単なる組織ではありません。愛のある神を父に持つ,一つの家族です。互いを兄弟や姉妹と見て,気遣いを示し合います。(テサロニケ第二 1:3)エホバの民は,神を喜ばせ人々を助けるために組織されているので,地上で最も幸福な家族なのです。―詩編 33:12; 使徒 20:35を読んでください。