内容へ

目次へ

序章

序章

「信仰​と​辛抱​と​に​よっ​て​約束​を​受け継ぐ​人々​に​見倣う​者​と​なる」。―ヘブライ 6:12

1,2. ある​旅行​する​監督​に​とっ​て,聖書​中​の​忠実​な​人物​は​どんな​存在​に​なっ​て​い​まし​た​か。そう​し​た​人物​の​友人​に​なる​の​が​素晴らしい​と​言える​の​は​なぜ​です​か。

「あの​兄弟​は,聖書​中​の​人物​の​こと​を​自分​の​古く​から​の​友人​みたい​に​話し​ます」。一​人​の​姉妹​は,ある​年配​の​旅行​する​監督​の​講演​を​聞い​た​後​に,そう​述べ​まし​た。それ​も​その​はず​です。兄弟​は,何十​年​も​神​の​言葉​を​学び,神​の​言葉​を​用い​て​教え​て​き​まし​た。それで,聖書​に​登場​する​信仰​の​男女​が​古く​から​の​友人​の​よう​な​存在​に​なっ​て​いる​の​です。

2 そう​し​た​聖書​中​の​人物​の​友人​に​なれる​と​し​たら,素晴らしい​と​思い​ませ​ん​か。あなた​に​とっ​て,それら​の​人々​は​現実​的​な​存在​です​か。ノア​や​アブラハム,ルツ​や​エリヤ​や​エステル​と​一緒​に​歩い​たり​話​し​たり​し​て,だんだん​親しく​なれる​と​し​たら​どう​です​か。自分​の​人生​に​どんな​影響​を​与え​て​くれる​か,考え​て​み​て​ください。きっと,貴重​な​アドバイス​と​励まし​を​与え​て​くれる​こと​でしょ​う。―箴言 13:20を​読む。

3. (イ)聖書​に​登場​する​信仰​の​男女​に​つい​て​知る​なら​益​が​得​られ​ます。その​ため​に​何​が​でき​ます​か。(ロ)これ​から​どんな​質問​に​つい​て​考え​ます​か。

3 言う​まで​も​なく,「義者……の​復活」の​際​に​は,その​よう​な​報い​の​多い​関係​を​十分​に​享受​できる​よう​に​なり​ます。(使徒 24:15)と​は​いえ​今​で​も,聖書​に​登場​する​信仰​の​男女​に​つい​て​知る​なら​益​が​得​られ​ます。それで,使徒​パウロ​は,「信仰​と​辛抱​と​に​よっ​て​約束​を​受け継ぐ​人々​に​見倣う​者​と​なる」よう​勧め​まし​た。(ヘブ 6:12)では,信仰​の​男女​に​つい​て​調べる​前​に,パウロ​の​言葉​に​関連​し​た​次​の​質問​を​考慮​し​ましょ​う。信仰​と​は​何​です​か。わたしたち​に​信仰​が​必要​な​の​は​なぜ​です​か。どう​すれ​ば​昔​の​忠実​な​人​たち​に​倣える​でしょ​う​か。

信仰​と​は​何​か,それ​が​必要​な​の​は​なぜか

4. 多く​の​人​は​信仰​に​つい​て​どう​考え​て​い​ます​か。その​見方​が​間違っ​て​いる​の​は​なぜ​です​か。

4 信仰​は​魅力​的​な​特質​です。この​本​で​わたしたち​が​学ぶ​男女​は​皆,この​特質​を​高く​評価​し​て​い​まし​た。今日,信仰​を​軽視​する​人​は​少なく​あり​ませ​ん。信仰​と​は​証拠​が​ない​の​に​信じる​こと​だ,と​考え​て​いる​の​です。しかし,その​見方​は​間違っ​て​い​ます。信仰​は,盲信​で​は​あり​ませ​ん。ただ​の​感情​で​も​なく,信じる​以上​の​こと​を​意味​し​て​い​ます。盲信​は​危険​です。ただ​の​感情​は​一時​的​な​もの​か​も​しれ​ませ​ん。また,神​を​信じる​だけ​で​は​不​十分​です。なぜなら​聖書​は,「悪霊​たち​も​信じ​て​おののい​て​いる」と​述べ​て​いる​から​です。―ヤコ 2:19

5,6. (イ)わたしたち​の​信仰​は,見る​こと​の​でき​ない​どんな​二つ​の​もの​に​焦点​を​合わせ​て​い​ます​か。(ロ)わたしたち​の​信仰​に​は,どれ​ほど​しっかり​と​し​た​根拠​が​あり​ます​か。例え​で​説明​し​て​ください。

 5 真​の​信仰​は,盲信​など​と​は​全く​違う​もの​です。聖書​が​信仰​を​何​と​定義​し​て​いる​か​思い出し​て​ください。ヘブライ 11:1を​読む。パウロ​が​述べ​た​ところ​に​よる​と,信仰​は,見る​こと​の​でき​ない​二つ​の​もの​に​焦点​を​合わせ​て​い​ます。その​一つ​は,「見え​ない」実体​です。霊​の​領域​に​存在​する​実体 ― エホバ​神​や​み子​や​天​で​支配​し​て​いる​王国​など ― を​肉眼​で​見る​こと​は​でき​ませ​ん。もう​一つ​は,「望ん​で​いる​事柄」つまり​まだ​起き​て​い​ない​出来事​です。現​時点​で​は,神​の​王国​が​ま​も​なく​実現​さ​せる​新しい​世​を​見る​こと​は​でき​ませ​ん。では,そう​し​た​実体​や​望ん​で​いる​事柄​へ​の​信仰​に​は​根拠​が​ない​の​でしょ​う​か。

6 決して​そう​で​は​あり​ませ​ん。パウロ​は,真​の​信仰​に​は​しっかり​と​し​た​根拠​が​ある,と​説明​し​て​い​ます。信仰​の​こと​を「保証​さ​れ​た​期待」と​述べ​た​時,パウロ​は「権利​証書」と​も​訳せる​表現​を​用い​まし​た。こんな​場面​を​想像​し​て​み​て​ください。ある​人​から​家​を​もらえる​こと​に​なり​まし​た。その​人​は​物件​の​権利​証書​を​あなた​に​渡し,「さあ,あなた​の​家​です​よ」と​言う​か​も​しれ​ませ​ん。もちろん,証書​自体​が​家​で​ない​こと​は​明らか​です​が,その​書類​に​は​法的​効力​が​ある​の​で,それ​を​持っ​て​いる​こと​は​その​家​を​所有​し​て​いる​こと​と​同じ​に​なり​ます。同様​に,わたしたち​の​信仰​に​は​納得​の​ゆく​強力​な​証拠​が​ある​の​で,真​の​信仰​が​あれ​ば,神​が​み言葉​の​中​で​約束​し​て​おら​れる​すべて​の​事柄​は​すでに​果たさ​れ​た​も​同然​で​ある,と​確信​でき​ます。

7. 真​の​信仰​に​は​どんな​こと​が​必要​です​か。

7 ですから,真​の​信仰​に​は,十分​な​根拠​の​ある​揺るぎない​確信​が​必要​です。その​確信​は​エホバ​に​しっかり​と​焦点​を​合わせ​た​もの​です。信仰​が​ある​なら,エホバ​を​愛​ある​父​と​み​なし,エホバ​の​約束​は​必ず​果たさ​れる​と​信じ​て​疑い​ませ​ん。と​は​いえ,真​の​信仰​に​は​それ​以上​の​こと​が​必要​です。信仰​は,生き物​の​よう​に​養い育て​なけれ​ば​なり​ませ​ん。また,行動​に​よっ​て​表わさ​なけれ​ば,死ん​だ​もの​と​なっ​て​しまい​ます。―ヤコ 2:26

8. 信仰​が​とても​重要​な​の​は​なぜ​です​か。

8 信仰​が​とても​重要​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。パウロ​は​納得​の​ゆく​答え​を​述べ​て​い​ます。ヘブライ 11:6を​読む。信仰​が​ない​なら,エホバ​に​近づく​こと​も,エホバ​を​喜ばせる​こと​も​でき​ませ​ん。ですから,天​の​父​エホバ​に​近づき​その​栄光​を​たたえる​と​いう,理知​ある​被​造物​すべて​に​とっ​て​最も​素晴らしく​崇高​な​目的​を​達成​する​に​は,信仰​が​欠か​せ​ませ​ん。

9. わたしたち​に​信仰​が​必要​な​こと​を​ご存じ​で​ある​エホバ​は,何​を​し​て​ください​まし​た​か。

9 エホバ​は,わたしたち​が​どれ​ほど​信仰​を​必要​ と​し​て​いる​か​を​ご存じ​です。それで,わたしたち​が​信仰​を​築い​て​それ​を​示す​方法​を​学べる​よう​に,模範​を​備え​て​ください​まし​た。クリスチャン​会衆​内​に​は,指導​の​任​に​当たる​忠実​な​男子​が​い​ます。彼ら​は​エホバ​から​の​祝福​で​あり,聖書​は,「その​信仰​に​倣い​なさい」と​述べ​て​い​ます。(ヘブ 13:7)それ​だけ​で​は​あり​ませ​ん。パウロ​は,「大勢​の,雲​の​よう​な​証人​たち」,つまり​信仰​の​優れ​た​模範​を​残し​た​古代​の​男女​に​つい​て​書き​まし​た。(ヘブ 12:1)パウロ​が​ヘブライ 11​章​で​挙げ​た​以外​に​も,忠実​な​人​たち​は​大勢​い​ます。聖書​に​は,信仰​の​生活​を​送っ​た,様々​な​背景​を​持つ​老若​男女​の​実話​が​数多く​収め​られ​て​い​ます。不​信仰​な​世​に​いる​わたしたち​は,そこ​から​多く​を​学べ​ます。

どう​すれ​ば​他​の​人​の​信仰​に​倣える​か

10. 聖書​の​記録​に​登場​する​忠実​な​男女​に​倣う​上​で,個人​研究​は​どの​よう​に​役立つ​と​思い​ます​か。

10 ある​人​に​倣う​に​は,まず​その​人​を​じっくり​観察​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。この​本​を​読み進める​と,わたしたち​が​信仰​の​男女​を​観察​できる​よう​に​多く​の​調査​の​なさ​れ​た​こと​が​分かる​でしょ​う。ご自分​で​も​さらに​調査​し​て​みる​の​は​いかが​です​か。個人​研究​で,調査​用​の​道具​を​用い​て​聖書​を​注意深く​調べ​ましょ​う。学ん​で​いる​こと​を​黙想​し​ながら,聖書​の​記述​に​出​て​くる​場所​や​状況​を​思い浮かべ​ます。どんな​光景​が​見え,どんな​音​が​聞こえ,どんな​匂い​が​する​か,想像​し​て​み​て​ください。もっと​重要​な​こと​と​し​て,登場​人物​の​気持ち​を​感じ取り​ましょ​う。感情​移入​を​する​なら,それら​忠実​な​男女​が​もっと​現実​的​で​身近​な​存在​に​なる​でしょ​う。まるで​昔​から​の​友人​の​よう​に​思え​て​くる​か​も​しれ​ませ​ん。

11,12. (イ)どう​すれ​ば​アブラハム​や​サラ​を​一層​親しく​感じ​られ​ます​か。(ロ)ハンナ,エリヤ,サムエル​の​模範​から,どんな​益​が​得​られ​ます​か。

11 忠実​な​男女​の​こと​を​よく​知る​よう​に​なる​と,それら​の​人々​に​倣い​たい​と​いう​気持ち​に​なり​ます。例えば,新た​な​割り当て​に​つい​て​考え​て​いる​と​し​ましょ​う。あなた​は,エホバ​の​組織​から​何らか​の​形​で​宣教​を​拡大​する​よう​招か​れ​て​い​ます。伝道​者​を​緊急​に​必要​と​し​て​いる​区域​に​移動​し​たり,慣れ​ない​奉仕​の​分野​に​取り組ん​だり​する​よう​求め​られ​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん。その​割り当て​に​つい​て​熟考​し​祈る​際,アブラハム​の​模範​を​黙想​し​て​みる​の​は​どう​でしょ​う​か。アブラハム​と​サラ​は,ウル​で​の​快適​な​暮らし​を​進ん​で​後​に​し​て,大いに​祝福​さ​れ​まし​た。その​歩み​に​倣う​なら,二​人​の​こと​を​一層​よく​知る​こと​が​でき​た​と​感じる​に​違いあり​ませ​ん。

12 身近​な​人​から​意地悪​を​され,がっかり​し​て​い​ます​か。集会​を​休み​たい​と​いう​気持ち​に​さえ​なる​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,ハンナ​の​模範​と,彼女​が​ペニンナ​に​意地悪​を​され​た​時​どう​乗り越え​た​か​を​よく​考える​なら,正しい​決定​を​する​よう​動かさ​れる​でしょ​う。ハンナ​が​親しい​友​の​よう​に​思え​て​くる​か​ も​しれ​ませ​ん。また,自分​は​だめ​な​人間​だ​と​いう​気持ち​に​なる​こと​が​あり​ます​か。エリヤ​の​苦しみ​や​エホバ​が​彼​を​慰め​られ​た​方法​に​つい​て​考える​なら,エリヤ​が​もっと​身近​な​存在​に​なる​でしょ​う。学校​の​不​道徳​な​子​たち​から​圧力​を​受け​て​い​ます​か。サムエル​が​幕屋​で​エリ​の​息子​たち​の​腐敗​し​た​影響​力​に​どの​よう​に​対処​し​た​か​を​学ぶ​なら,サムエル​に​親近​感​を​持てる​でしょ​う。

13. 聖書​の​登場​人物​の​信仰​に​倣う​なら,自分​の​信仰​の​価値​を​下げる​こと​に​なり​ます​か。説明​し​て​ください。

13 聖書​の​登場​人物​の​信仰​に​倣う​こと​は,ただ​の​人まね​で,自分​の​信仰​の​価値​を​下げる​こと​に​なり​ます​か。決して​その​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん。神​の​言葉 聖書​は​信仰​の​人々​に​倣う​よう​勧め​て​いる​から​です。(コリ​一 4:16; 11:1。テサ​二 3:7,9)この​本​に​も,自分​より​前​に​生き​て​い​た​忠実​な​人​に​倣っ​た​人​たち​が​出​て​き​ます。例えば,17​章で​扱わ​れる​点​です​が,マリア​は​ハンナ​を​模範​と​し​て​い​た​よう​です。ハンナ​の​言葉​を​引用​し​て​い​た​と​思わ​れる​から​です。では,ハンナ​に​倣う​こと​で​マリア​の​信仰​の​価値​は​下がり​まし​た​か。いいえ,むしろ​ハンナ​の​模範​は​マリア​が​信仰​を​築く​助け​と​なっ​た​の​で,マリア​は​エホバ​の​み前​で​誉れ​を​得る​こと​が​でき​まし​た。

14,15. この​出版​物​に​は​どんな​特徴​が​あり​ます​か。どの​よう​に​活用​でき​ます​か。

14 この​本​は,わたしたち​の​信仰​を​強める​助け​と​し​て​準備​さ​れ​まし​た。各章​は,2008​年​から​2013​年​の「ものみの塔」誌​に​連載​さ​れ​た「その​信仰​に​倣う」と​いう​記事​に​基づい​て​い​ます。新た​な​内容​も​加え​られ​て​おり,討議​を​し​たり​適用​を​考え​たり​し​やすい​よう​に​質問​も​準備​さ​れ​て​い​ます。たくさん​の​色鮮やか​で​詳細​な​絵​が,この​本​の​ため​に​描か​れ​まし​た。雑誌​に​載っ​た​絵​も​使用​さ​れ​て​い​ます​が,より​大きく​迫力​の​ある​もの​に​なっ​て​い​ます。年表​や​地図​も​役立つ​こと​でしょ​う。「その​信仰​に​倣う」は,個人​や​家族​や​会衆​の​研究​で​用いる​ため​の​もの​です。家族​で​楽しく​朗読​する​こと​も​でき​ます。

15 昔​の​エホバ​の​忠節​な​僕​たち​の​信仰​に​倣う​ため​に,この​本​を​活用​なさっ​て​ください。その​よう​に​し​て,天​の​父​エホバ​に​近づき​つつ,信仰​を​成長​さ​せ​て​ゆか​れ​ます​よう​に。