内容へ

目次へ

進化 ― 通説と事実

進化 ― 通説と事実

「進化​は,太陽​が​熱い​の​と​同じ​ほど​確か​な​事実​で​ある」。進化​論​支持​の​著名​な​科学​者​リチャード​・​ドーキンズ​教授​は​そう​断言​し​て​い​ます。16 太陽​が​熱い​こと​は​確か​です。実験​と​直接​観察​に​よっ​て​証明​さ​れ​て​いる​から​です。しかし,進化​論​は,実験​と​直接​観察​に​よっ​て​異論​の​余地​なく​証明​さ​れ​て​いる​の​でしょ​う​か。

答え​を​出す​前​に,整理​し​て​おく​べき​点​が​あり​ます。多く​の​科学​者​が​述べる​とおり,生物​は​世代​を​重ねる​うち​に​わずか​に​変化​する​こと​が​あり​ます。例えば,犬​の​選択​的​な​交配​を​繰り返せ​ば,脚​の​短い​犬​や​毛​の​長い​犬​を​生み出す​こと​が​でき​ます。 * 科学​者​は,その​よう​な​わずか​な​変化​を「小​進化」と​呼ん​で​い​ます。

と​は​いえ​進化​論​者​は,長大​な​年月​の​うち​に​小さな​変化​が​積み重なり,やがて​魚類​が​両生​類​に,サル​の​よう​な​生き物​が​人間​に​なる​ほど​の​大きな​変化​が​生じ​た,と​説き​ます。こう​し​た​大きな​変化​は「大​進化」と​呼ば​れ​ます。

チャールズ​・​ダーウィン​と​著書「種​の​起源」

例えば,チャールズ​・​ダーウィン​は,人間​が​観察​できる​小さな​変化​から​すれ​ば,これ​まで​だれ​も​ 観察​し​て​こ​なかっ​た​遥か​に​大きな​変化​も​生じ​得る,と​教え​まし​た。17 何らか​の​原始​的​な​生命,いわゆる​単純​な​生命​体​が​非常​に​長い​時​の​中​で「極めて​わずか​な​変化」を​繰り返す​こと​に​より,地上​の​多種​多様​な​生命​体​へ​と​徐々​に​進化​し​て​き​た,と​考え​た​の​です。18

この​考え方​は​筋​が​通っ​て​いる,と​感じる​人​は​少なく​あり​ませ​ん。『一つ​の​種​の​中​で​小さな​変化​が​生じる​の​で​あれ​ば,長い​時間​が​経つ​うち​に​大きな​変化​も​生じる​と​考え​て​よ​い​の​で​は​ない​だろ​う​か』と​いう​わけ​です。 * しかし,進化​論​は​次​の​三つ​の​通説​を​前提​と​し​て​い​ます。

通説​1: 突然​変異​は​新た​な​種​を​作り出す​原動​力​と​なる。大​進化​と​いう​考え​は,突然​変異 ― 動植物​の​遺伝子​の,偶然​に​よる​変化 ― に​より,新しい​種​のみ​なら​ず,全く​新しい​科​の​動植物​が​生じる,と​いう​主張​に​基づい​て​い​ます。19

この​大きな​花​の​よう​に,突然​変異​に​よっ​て​植物​が​変化​する​こと​も​ある​が,あくまで​も​限ら​れ​た​範囲​で​の​こと​で​ある

事実: 動植物​の​様々​な​特徴​は,設計​図​と​も​言う​べき​遺伝​情報​に​よっ​て​決まり,その​情報​は​一つ​一つ​の​細胞​の​核​に​収め​られ​て​い​ます。 * 研究​に​より,突然​変異​は,親​と​は​異なっ​た​特徴​を​持つ​動植物​を​生み出す​と​いう​こと​が​分かっ​て​い​ます。しかし,突然​変異​は​本当​に,全く​新しい​種​を​生み出す​の​でしょ​う​か。過去​100​年​に​わたる​遺伝子​研究​は​何​を​明らか​に​し​て​いる​でしょ​う​か。

1930​年代​後半​に​科学​者​たち​は,ある​新しい​考え​に​飛びつき​まし​た。その​時点​で​すでに​科学​者​たち​の​間​に​は,自然​選択(より​環境​に​適し​た​生物​が,より​高い​確率​で​生存​し​て​子孫​を​残す​こと)が​突然​変異​と​相まって​新種​の​植物​を​生み出す,と​いう​考え​が​あり​まし​た。それ​を​基​に​今度​は,突然​変異​体​を​人為​的​に​選択​すれ​ば,もっと​効果​的​に​新種​を​生み出せる​はず​だ,と​考える​よう​に​なっ​た​の​です。「ほとんど​の​生物​学​者​の​間​に,とりわけ​遺伝​学​者​や​育種​家​たち​の​間​に​高揚​感​が​広がっ​た」と,ドイツ​の​マックス​・​プランク​植物​育種​研究​所​の​科学​者​ウォルフ‐エッケハルト​・​レーニヒ​は​述べ​て​い​ます。 * なぜ​高揚​感​が​広がっ​た​の​でしょ​う​か。植物​の​突然​変異​遺伝​研究​に​30​年​の​経験​を​持つ​レーニヒ​は,こう​言い​ます。「それら​研究​者​たち​は,動植物​の​伝統​的​な​育種​法​に​革命​を​もたらす​時​が​来​た​と​考え​た。望ましい​突然​変異​を​誘発​し​て​選択​する​こと​に​ よっ​て,より​良い​新た​な​動植物​を​生み出せる,と​考え​た​の​で​ある」。20 全く​新しい​種​を​作り出せる,と​期待​し​た​人​も​い​まし​た。

ショウジョウバエ​の​突然​変異​体。奇形​で​は​ある​が,ショウジョウバエ​で​ある​こと​に​変わり​は​ない

米国,アジア,ヨーロッパ​の​科学​者​たち​は,豊富​な​資金​に​支え​られ​た​研究​プログラム​を​開始​し,進化​を​促進​する​と​見込ま​れる​様々​な​手法​を​用い​まし​た。そして,40​年​以上​に​わたっ​て​徹底​的​な​研究​が​行なわ​れ​まし​た。結果​は​どう​だっ​た​でしょ​う​か。「莫大​な​資金​が​つぎ込ま​れ​た​が,[突然​変異​誘発​の​ため​の]放射線​照射​に​よっ​て​生産​性​の​高い​品種​を​育てる​試み​は​全く​の​失敗​に​終わっ​た」と,研究​者​の​ペーター​・​フォン​・​ゼングブッシュ​は​述べ​て​い​ます。21 レーニヒ​も​こう​語っ​て​い​ます。「1980​年代​に​は,世界​中​の​科学​者​の​間​の​希望​や​高揚​感​は​しぼん​で​い​た。西洋​諸国​に​おい​て,独立​し​た​研究​分野​と​し​て​の​突然​変異​育種​は​放棄​さ​れ​た。ほとんど​すべて​の​突然​変異​体​が……死ん​で​しまっ​たり,野生​種​より​弱かっ​たり​し​た​の​で​ある」。 *

約​100​年​間​の​突然​変異​研究​全般,とりわけ​70​年​間​の​突然​変異​育種​から​得​られ​た​データ​に​基づき,突然​変異​に​よっ​て​新種​が​生ま​れる​か​どう​か​に​関し​て​結論​を​出す​こと​が​でき​ます。レーニヒ​は​証拠​を​検討​し,こう​結論​づけ​て​い​ます。「突然​変異​に​よっ​て,[植物​あるいは​動物​の]原種​が​全く​新た​な​種​に​変わる​こと​は​あり得​ない。この​結論​は,20​世紀​に​行なわ​れ​た​突然​変異​研究​の​実績​および​結果​の​総体,および​確率​の​法則​と​合致​し​て​いる」。

一つ​の​種​が​突然​変異​に​よっ​て​全く​新しい​種類​の​生物​に​進化​する​こと​は​ある​の​でしょ​う​か。証拠​から​すれ​ば,あり​ませ​ん。レーニヒ​は​研究​の​結果,「遺伝​学​的​に​適切​に​規定​さ​れ​た​種​に​は​確か​に​境界​が​あり,偶発​的​な​変異​が​その​境界​を​取り除く​こと​も​乗り越える​こと​も​あり得​ない」と​述べ​まし​た。22

こう​し​た​事実​が​何​を​意味​する​か,考え​て​み​て​ください。高度​な​訓練​を​受け​た​科学​者​たち​が,望ましい​変異​を​人為​的​に​誘発​・​選択​し​て​も​新種​を​生み出せ​ない​の​に,知性​の​伴わ​ない​過程​に​よっ​て​新種​が​生ま​れる​こと​など​ある​でしょ​う​か。原種​が​突然​変異​に​よっ​て​全く​の​新種​に​変わる​こと​は​ない​の​に,大​進化​など​あり得る​でしょ​う​か。

通説​2: 自然​選択​は​新た​な​種​を​生み出す。ダーウィン​は,環境​に​最も​適し​た​生物​は​栄え,そう​で​ない​生物​は​やがて​滅びる​と​考え,それ​を​自然​選択​と​呼び​まし​た。現代​の​進化​論​者​に​よれ​ば,種​が​散らばっ​て​隔絶​さ​れ​た​状況​に​置か​れる​と,遺伝子​突然​変異​の​結果​と​し​て​新た​な​環境​で​生存​可能​に​なっ​た​もの​が,自然​選択​に​よっ​て​生き残り​ます。そして,それら​隔絶​さ​れ​た​個体​群​が​やがて​全く​新しい​種​に​なる,と​され​て​い​ます。

事実: すでに​述べ​た​とおり,研究​結果​から​すれ​ば,全く​新しい​種類​の​動植物​が​突然​変異​に​よっ​て​生ま​れる​こと​は​あり​ませ​ん。では,進化​論​者​は​何​を​根拠​に,自然​選択​に​よっ​て​有利​な​突然​変異​体​が​生き残り,新種​が​生ま​れる,と​主張​する​の​でしょ​う​か。全米​科学​アカデミー(NAS)が​1999​年​に​発行​し​た​パンフレット​は,「ガラパゴス​諸島​で​ダーウィン​が​研究​し​た​13​種​の​フィンチ(ダーウィンフィンチ)」を​取り上げ​て​い​ます。23

1970​年代​に,プリンストン​大学​の​ピーター​・​R​・​グラント​と​B​・​ローズマリー​・​グラント​の​率いる​ 研究​チーム​が​これら​の​フィンチ​の​研究​を​始め​まし​た。そして,ガラパゴス​で​干ばつ​が​1​年​間​続い​た​後​に,大きめ​の​くちばし​を​持つ​フィンチ​の​ほう​が,そう​で​ない​もの​より​生存​率​が​高い​こと​を​発見​し​まし​た。くちばし​の​大きさ​と​形​は​13​種​の​フィンチ​を​見分ける​主要​な​特徴​な​の​で,これ​は​大​発見​で​ある​と​みなさ​れ​まし​た。NAS​の​パンフレット​に​は​こう​あり​ます。「グラント​夫妻​は,ガラパゴス​で​干ばつ​が​10​年​に​一度​起きる​と​すれ​ば,わずか​200​年​ほど​で​新種​の​フィンチ​が​生ま​れる​だろ​う,と​推測​し​た」。24

と​は​いえ​NAS​の​パンフレット​は,ある​事実​に​つい​て​は​述べ​て​い​ませ​ん。それ​は,干ばつ​の​後​やがて,くちばし​の​小さい​フィンチ​の​ほう​が​再び​多く​なっ​た​と​いう​事実​です。研究​者​たち​は,ガラパゴス​の​気象​の​変化​に​よっ​て​1​年​間​は​くちばし​の​長い​ほう​が​多く​なっ​た​が,その​後​は​小さな​ほう​が​多く​なっ​た,と​いう​こと​に​気づき​まし​た。また,“種”の​違う​フィンチ​が​交配​する​こと,そして​生ま​れ​た​子​は​親​より​生存​率​が​高い​こと​が​分かり,そう​し​た​交配​が​続く​なら​二つ​の“種”が​一つ​に​融合​する​か​も​しれ​ない,と​結論​し​まし​た。25

ダーウィンフィンチ​から​分かる​の​は,気象​の​変化​に​適応​できる​種​が​ある​と​いう​程度​の​こと​に​すぎ​ない

では,自然​選択​に​よっ​て​全く​新しい​種​が​本当​に​できる​の​でしょ​う​か。進化​生物​学​者​の​ジョージ​・​クリストファー​・​ウィリアムズ​は​数十​年​前​に,自然​選択​に​その​よう​な​力​が​ある​か​どう​か​疑わしい,と​考える​よう​に​なり​まし​た。26 1999​年​に​進化​論​者​の​ジェフリー​・​H​・​シュワルツ​は,自然​選択​に​よっ​て​生存​条件​の​変化​に​種​が​適応​する​こと​は​あっ​て​も,新しい​もの​が​生み出さ​れる​こと​は​ない,と​書き​まし​た。27

実際,ダーウィンフィンチ​は“新しい​もの”に​なっ​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。フィンチ​の​まま​です。そして,“種”の​違う​フィンチ​が​交配​し​て​いる​と​いう​事実​から​する​と,一部​の​進化​論​者​に​よる​種​の​定義​方法​に​つい​て​疑問​が​生じ​ます。また,フィンチ​を​めぐる​この​事例​は,一流​の​学術​団体​が​挙げる​証拠​も​偏っ​て​いる​こと​が​ある,と​いう​事実​を​明らか​に​し​て​い​ます。

 通説​3: 化石​記録​は​大​進化​を​裏づけ​て​いる。前述​の​NAS​の​パンフレット​を​読む​と,科学​者​の​発見​し​た​数々​の​化石​は​大​進化​を​十二分​に​裏づけ​て​いる,と​いう​印象​を​受け​ます。こう​書か​れ​て​い​ます。「魚類​と​両生​類​の​間,両生​類​と​爬虫​類​の​間,そして​爬虫​類​と​哺乳​類​の​間​に,さらに​霊長​類​の​系統​に​沿っ​て,中間​的​な​形態​の​もの​が​あまりに​も​数多く​発見​さ​れ​て​いる​の​で,種​から​種​へ​の​移行​の​時期​を​明確​に​見定める​こと​が​しばしば​困難​な​ほど​で​ある」。28

事実: NAS​の​パンフレット​に​ある​この​確信​に​満ち​た​記述​に​は​驚かさ​れ​ます。なぜ​でしょ​う​か。進化​論​を​熱烈​に​擁護​する​ナイルズ​・​エルドリッジ​に​よれ​ば,化石​の​記録​から​分かる​の​は,漸進​的​な​変化​の​蓄積​が​ある​と​いう​こと​で​は​あり​ませ​ん。むしろ,長​期間​に​わたっ​て「大半​の​種​で​進化​的​変化​の​蓄積​が​ほとんど​ない」と​いう​こと​な​の​です。 * 29

化石​記録​に​よる​と,主要​な​動物​グループ​は​いずれ​も​突然​に​出現​し,その​後​は​実質​的​に​変化​し​て​い​ない

世界​の​科学​者​は​これ​まで​に​約​2億​個​の​大型​化石​と,それ​を​はるか​に​超える​数​の​微​化石​を​発掘​し,リスト​を​作っ​て​き​まし​た。この​膨大​かつ​詳細​な​記録​から,大勢​の​研究​者​は,主要​な​動物​グループ​は​いずれ​も​突然​に​出現​し,その​後​は​実質​的​に​変化​せ​ず,幾つ​も​の​種​は​出現​し​た​時​と​同じ​ほど​突然​に​消滅​し​た,と​考え​て​い​ます。

進化​を​受け入れる ― 一​種​の“信仰”

多く​の​著名​な​進化​論​者​が,大​進化​は​事実​で​ある​と​いう​主張​を​曲げ​ない​の​は​なぜ​でしょ​う​か。影響​力​の​ある​進化​論​者​リチャード​・​レウォンティン​は,多く​の​科学​者​が​実証​の​ない​科学​的​主張​を​進ん​で​受け入れる​理由​と​し​て,彼ら​に​は「唯物​論​を​支持​する​と​いう​最初​から​の​固い​決意​が​ある」と​書い​て​い​ます。 * 多く​の​科学​者​は,理知​ある​設計​者​が​存在​する​か​どう​か​を​考える​こと​さえ​嫌い​ます。レウォンティン​の​言葉​を​借りれ​ば,「神​の​侵入​は​一歩​たり​と​も​許せ​ない」から​です。30

サイエンティフィック​・​アメリカン​誌​に​よる​と,この​点​に​関し​て,社会​学​者​の​ロドニー​・​スターク​は,「科学​的​な​人​に​なり​たい​なら​宗教​の​足かせ​から​精神​的​に​解き放た​れ​て​い​なけれ​ば​なら​ない,と​いう​考え​が​200​年​に​わたっ​て​売り込ま​れ​て​き​た」と​述べ​て​い​ます。そして,研究​大学​で​は『宗教​心​の​ある​人​たち​は​口​を​閉ざし​て​いる』と​も​コメント​し​て​い​ます。31

大​進化​を​真実​と​し​て​受け入れる​に​は,次​の​こと​を​信じ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(1)不可知​論​あるいは​無神​論​の​科学​者​たち​が​科学​的​発見​の​解釈​に​個人​的​な​信条​を​持ち込む​こと​は​ない。(2)100​年​に​わたる​研究​に​よれ​ば,適切​に​定義​さ​れ​た​種​が​突然​変異​に​よっ​て​全く​新しい​種​に​変わっ​た​こと​は​ない​が,すべて​の​複雑​な​生命​体​は​突然​変異​と​自然​選択​に​よっ​て​生み出さ​れ​た。(3)化石​記録​の​証拠​から​すれ​ば,主要​な​種類​の​動植物​は​突如​と​し​て​出現​し,長い​時​を​経て​も​他​の​種類​に​進化​し​て​は​い​ない​が,すべて​の​生物​は​共通​の​祖先​から​徐々​に​進化​し​た。では,こう​し​た​こと​を​信じる​なら,事実​を​受け入れ​て​いる​こと​に​なり​ます​か。それとも,通説​を​受け入れ​て​いる​こと​に​なり​ます​か。進化​を​受け入れる​こと​は,実​の​ところ,一​種​の“信仰”な​の​です。

^ 3節 こう​し​た​交配​に​よる​変化​は,遺伝子​の​機能​不良​の​結果​で​ある​場合​が​少なく​あり​ませ​ん。例えば,ダックスフント​の​体​が​小さい​の​は,軟骨​組織​の​発育​不全​に​よる​もの​で,一​種​の​矮小​発育​です。

^ 6節 この​セクション​で​は「種」と​いう​語​が​頻繁​に​出​て​き​ます​が,注目​す​べき​こと​に,聖書​の​創世記​で​用い​られ​て​いる​の​は,この​語​で​は​なく,もっと​広い​意味​を​持つ「種類」と​いう​語​です。多く​の​場合,科学​者​が​新た​な​種​へ​の​進化​と​呼ぶ​もの​は,創世記​に​出​て​くる「種類」の​範囲​内​で​の​変異​に​すぎ​ませ​ん。

^ 8節 生命​体​の​形成​に​は,細胞​質,細胞​膜​その他​の​要素​も​関与​し​て​いる​こと​が,研究​に​よっ​て​明らか​に​なっ​て​い​ます。

^ 9節 レーニヒ​は,生命​は​創造​さ​れ​た​と​信じ​て​い​ます。この​冊子​に​掲載​さ​れ​て​いる​レーニヒ​の​コメント​は​個人​的​な​もの​で​あり,マックス​・​プランク​植物​育種​研究​所​の​見解​を​代表​する​もの​で​は​あり​ませ​ん。

^ 10節 突然​変異​に​関する​実験​で​繰り返し​明らか​に​なっ​た​点​と​し​て,新た​な​突然​変異​体​の​数​が​次第​に​減少​する​一方​で,同じ​タイプ​の​突然​変異​体​が​頻繁​に​出現​し​まし​た。また,植物​の​突然​変異​体​の​うち,さらなる​研究​に​適し​て​い​た​もの​は​1​%​に​も​満た​ず,商業​価値​が​ある​と​みなさ​れ​た​もの​は,その​また​1​%​未満​でし​た。全く​新しい​種​は​一つ​も​作り出さ​れ​ませ​ん​でし​た。動物​の​突然​変異​育種​の​結果​は,植物​の​場合​より​さらに​悪く,この​手法​は​完全​に​放棄​さ​れ​まし​た。

^ 21節 研究​者​たち​が​進化​の​証拠​と​し​て​挙げる​化石​記録​の​わずか​な​例​も​論議​の​的​と​なっ​て​い​ます。エホバ​の​証人​の​発行​し​た「生命​の​起源 ― 5​つ​の​大切​な​質問」と​いう​冊子​の22‐29​ページを​ご覧​ください。

^ 24節 「唯物​論」と​は,生物​を​含む​宇宙​の​すべて​の​もの​が​存在​する​よう​に​なっ​た​過程​に,超​自然​的​な​介入​は​全く​なかっ​た,と​する​考え方​です。