内容へ

目次へ

だれが最初にデザインしたのか

だれが最初にデザインしたのか

近年,科学​者​や​技術​者​たち​は,まさしく​植物​や​動物​に​教え​られ​て​き​まし​た。(ヨブ 12:7,8)いろいろ​な​生物​の​造り​や​デザイン​を​研究​し​て,それ​を​まね​て​いる​の​です。これ​は​バイオミメティックス(生体​模倣​技術)と​呼ば​れる​分野​で​あり,新​製品​の​開発​や​既存​品​の​改良​を​目指し​て​い​ます。次​に​挙げる​幾つ​か​の​実例​を​見​ながら,『称賛​を​受ける​べき​な​の​は​だれ​だろ​う​か』と​考え​て​み​て​ください。

 クジラ​の​ひれ​から​学ぶ

航空​機​の​設計​者​は​ザトウクジラ​から​大きな​ヒント​を​得​て​いる​よう​です。おとな​の​ザトウクジラ​の​体重​は​30​㌧ ― 荷物​を​積ん​だ​大型​トラック​ほど ― も​あり,体​は​硬く​て,大きな​翼​の​よう​な​ひれ​が​付い​て​い​ます。体長​が​12​㍍​も​ある​の​に,水​の​中​で​は​驚く​ほど​敏捷​です。

研究​者​たち​が​特に​注目​し​た​の​は,硬く​て​大きな​体​に​も​かかわら​ず,小さな​円​を​描き​ながら​旋回​できる​こと​です。その​秘密​は,ひれの​形状​に​あり​まし​た。ひれ​の​前縁​部​は​飛行​機​の​翼​と​は​異​なり,滑らか​で​は​なく​凸凹​し​て​い​ます。結節​と​呼ば​れる​瘤​が​並ん​で​いる​の​です。

クジラ​が​泳ぐ​とき,この​瘤​の​おかげ​で​揚力​が​増し,水​の​抵抗​が​少なく​なり​ます。どう​いう​こと​でしょ​う​か。ナチュラル​・​ヒストリー​誌(英語)の​説明​に​よる​と,その​瘤​は​ひれ​の​上​に​渦​を​発生​さ​せ,水流​を​加速​さ​せ​ます。急​角度​で​上昇​する​とき​も​同じ​です。10

自然​界​の​特許​権​保有​者​は​だれ​か

この​発見​に​は​どんな​実用​化​の​道​が​ある​でしょ​う​か。飛行​機​の​翼​に​この​デザイン​を​応用​すれ​ば,空気​の​流れ​を​変える​フラップ​など​の​装置​を​減らせる​でしょ​う。飛行​機​の​安全​性​は​増し,メンテナンス​も​楽​に​なる​はず​です。生体​力学​の​専門​家​ジョン​・​ロング​は,遠く​ない​将来,「どの​ジェット​旅客​機​に​も,ザトウクジラ​の​ひれ​に​ある​よう​な​瘤​が​付い​て​いる​だろ​う」と​考え​て​い​ます。11

カモメ​の​翼​を​まねる

飛行​機​の​翼​は​もともと,鳥​の​翼​を​まね​た​ものです。技術​者​たち​は​最近,この​模倣​技術​を​さらに​向上​さ​せ​まし​た。ニュー​・​サイエンティスト​誌(英語)は​こう​伝え​て​い​ます。「フロリダ​大学​の​研究​者​たち​は,カモメ​の​よう​に​空中​で​静止​し,また​急​降下​も​急​上昇​も​できる,遠隔​操作​の​無人​機​を​試作​し​た」。12

カモメ​が​見事​な​曲芸​飛行​を​やってのける​の​は,肘​関節​や​肩​関節​で​翼​を​曲げる​こと​が​できる​から​です。この​しなやか​な​翼​を​手本​に​し​た「24​ インチ[約​60​㌢]の​無人​試作​機​は,小型​モーター​で​何​本​も​の​金属​棒​を​操作​し​て​翼​を​動かし​て​いる」と​同誌​は​述べ​て​い​ます。その​精巧​な​翼​に​より,空中​で​静止​し​たり,高層​ビル​の​谷間​を​急​降下​し​たり​する​こと​が​でき​ます。軍​関係​者​の​中​に​は,そう​し​た​機動​性​の​高い​航空​機​を​開発​し​て,大​都市​で​の​化学​・​生物​兵器​の​探索​に​用い​たい,と​考える​人​たち​も​い​ます。

カモメ​の​脚​を​まねる

カモメ​は​氷​の​上​に​立っ​て​い​て​も​凍え​ませ​ん。どう​やっ​て​体温​を​保っ​て​いる​の​でしょ​う​か。秘密​は,寒冷​地​の​動物​に​多く​見​られる​興味深い​造り​に​あり​ます。対向​流​熱​交換​と​呼ば​れる​システム​です。

熱​が​伝わり,体​は​温かく​保た​れる。足​だけ​が​冷たい

対向​流​熱​交換​システム​と​は​何​でしょ​う​か。例えば,ぴったり​並ん​だ​2​本​の​パイプ​が​ある​と​し​ましょ​う。1​本​に​は​温水​を,もう​1​本​に​は​冷水​を​流し​ます。温水​と​冷水​を​同じ​方向​に​流す​と​し​たら,温水​の​熱​は​ほぼ​半分​しか​冷水​に​伝わり​ませ​ん。しかし,逆​方向​に​流せ​ば,熱​は​ほぼ​すべて​伝わり​ます。

同じ​よう​に,氷​の​上​に​立っ​た​カモメ​の​冷たい​足​から​戻っ​て​来る​血液​は,脚​の​熱​交換​システム​に​よっ​て​温め​られ​ます。この​システム​の​おかげ​で,足​から​熱​が​放出​さ​れ​ず​に​すみ,体温​が​正常​に​保た​れる​の​です。機械​航空​工学​の​技術​者​アーサー​・​P​・​フラス​は,この​デザイン​を,「世界​屈指​の​高​効率​の​再生​式​熱​交換​システム」と​評し​て​い​ます。13 技術​者​たち​は​その​精巧​な​デザイン​に​注目​し,それ​を​まね​て​き​まし​た。

 称賛​を​受ける​べき​な​の​は​だれ​か

驚く​ほど​水中​抵抗​が​少なく​安定​性​の​高い​ハコフグ​の​デザイン​を​まね​た​試作​車

現在,米​航空​宇宙​局​は,サソリ​の​よう​な​多足​歩行​ロボット​を​開発​中​です。フィンランド​の​技術​者​たち​は,巨大​な​昆虫​の​よう​に​6​本​足​で​障害​物​を​乗り越える​トラクター​を​開発​し​まし​た。また,松かさ​の​鱗片​の​よう​に​開閉​する​機能​を​持つ​繊維​も​製作​さ​れ​て​い​ます。身​に​着ける​人​の​体温​に​合わせ​て​変化​する​繊維​です。ある​自動​車​メーカー​が​開発​し​て​いる​車​は,ハコフグ​の​驚く​ほど​水中​抵抗​が​少ない​体​を​まね​た​もの​です。アワビ​の​殻​の​衝撃​吸収​性​を​調べ​て,軽く​て​丈夫​な​防護​服​を​作ろ​う​と​し​て​いる​人​も​い​ます。

イルカ​の​ソナー​は,人間​が​それ​を​まね​て​作っ​た​音波​探知​機​より​優れ​て​いる

自然​界​から​多く​の​良い​アイデア​が​得​られる​ため,研究​者​たち​は​生物​に​見​られる​数々​の​仕組み​を​データベース​化​し,すでに​何千​も​の​情報​を​そこ​に​登録​し​て​い​ます。科学​者​は​この​データベース​を​検索​し​て,「物​造り​の​デザイン​で​ぶつかる​難問​に​対する​自然​から​の​解決​策」を​見つける​こと​が​できる,と​エコノミスト​誌(英語)は​述べ​て​い​ます。この​データベース​に​収め​られ​た​自然​界​の​種々​の​仕組み​は,生物​学​的​特許​と​し​て​知ら​れ​て​い​ます。特許​権​の​保有​者​と​なる​の​は​普通,新しい​アイデア​や​装置​を​正式​に​登録​し​た​個人​や​企業​です。エコノミスト​誌​は​生物​学​的​特許​の​データベース​に​つい​て​論じ,こう​述べ​て​い​ます。「バイオミメティックス​の​各種​の​技術​を“生物​学​的​特許”と​呼ぶ​こと​に​より,研究​者​たち​は,自然​が​実際​に​は​特許​権​の​保有​者​で​ある​と​いう​こと​を​強調​し​て​いる」。14

科学​者​たち​は,アワビ​の​殻​の​衝撃​吸収​性​を​研究​し​て​いる

自然​が​この​よう​に​見事​な​アイデア​の​宝庫​で​ある​の​は,なぜ​でしょ​う​か。研究​者​の​多く​は,自然​界​に​見​られる​精巧​な​デザイン​を,幾億​年​も​の​試行​錯誤​を​経て​進化​し​て​き​た​結果​で​ある,と​する​でしょ​う。しかし,それ​と​は​別​の​結論​に​至っ​た​研究​者​も​い​ます。微生物​学​者​の​マイケル​・​J​・​ビヒー​は​2005​年​2​月​7​日​付​の​ニューヨーク​・​タイムズ​紙(英語)に​こう​書き​まし​た。「[自然​界​の]デザイン​が​歴然​と​し​て​いる​の​で,次​の​よう​な​単純​明快​な​論理​が​成り立つ。もし​何​か​が​アヒル​ の​よう​に​見え,歩き,鳴く​なら,強力​な​反証​が​ない​かぎり,当然​それ​は​アヒル​だ​と​結論​できる」。そして,こう​述べ​て​い​ます。「デザイン​され​た​こと​は​明白​な​の​だ​から,それ​を​無視​す​べき​で​は​ない」。15

ヤモリ​は​分子​間​力​に​より,つるつる​し​た​面​に​も,へばりつく​こと​が​できる

より​安全​で​優れ​た​翼​を​設計​し​た​技術​者​は,その​設計​ゆえに​称賛​を​受ける​に​値し​ます。より​快適​な​衣服​の​素材​や,より​優れ​た​乗り物​を​発明​し​た​人​も,同じ​理由​で​称賛​に​値する​でしょ​う。実際​の​ところ,人​の​デザイン​を​無断​で​使用​する​こと​は,犯罪​と​みなさ​れる​場合​が​あり​ます。

では​考え​て​み​て​ください。高度​な​訓練​を​受け​た​研究​者​が,自然​界​の​システム​を​曲がりなり​に​も​まね​て​技術​上​の​難問​を​解決​し​た​と​し​ます。しかし,そう​し​た​自然​界​の​システム​を​造り出し​た​の​は,理知​で​は​なく​進化​で​ある,と​考え​ます。それ​は​筋​の​通っ​た​こと​だ​と​思わ​れ​ます​か。模倣​し​て​でき​た​物​に​理知​ある​設計​者​が​いる​なら,元​と​なっ​た​もの​に​つい​て​は​どう​でしょ​う​か。最高​の​技術​者​と,その​もと​で​技術​を​まね​よう​と​する​人​と​で​は,どちら​が​本当​に​称賛​に​値する​でしょ​う​か。

結論​と​し​て

多く​の​人​たち​は,自然​界​に​見​られる​デザイン​を​見​て,聖書​筆者​パウロ​と​同じ​よう​に​感じ​て​い​ます。パウロ​は​こう​述べ​た​の​です。『神​の​見え​ない​特質,すなわち,その​とこしえ​の​力​と​神性​と​は,造ら​れ​た​物​を​通し​て​認め​られる​の​で,世界​の​創造​以来​明らか​に​見え​ます』。―ローマ 1:19,20