内容へ

目次へ

 第10章

「あなたたちは生き返る」

「あなたたちは生き返る」

エゼキエル 37:5

ポイント: かわいたほね」がかえるというまぼろしが,だいげんだいにどのようにじつげんしたか

1-3. バビロンにいるユダヤじんたちががくぜんとしたのはなぜですか。(ぼうとうさしさんしょう。)

バビロンにいるユダヤじんたちはがくぜんとしました。それまでエゼキエルはやく5ねんにわたり,エルサレムがほろびることをつたつづけていましたが,ちがったぼうしゅうちゃくしていたひとびとみみちませんでした。エゼキエルがどんなしるしをえんじてみせても,どんなたとえをかたっても,どんなメッセージをつたえても,しゅうにされていたひとびとは,エルサレムがほろぼされることなどエホバがゆるすはずはないとおもっていました。エルサレムがバビロニアぐんほうされたことをいても,じゅうみんしんじてうたがいませんでした。

2 ところが,ほうはじまって2ねんがたったいま,エルサレムからげてきたひとがバビロンにたどりき,「かんらくしました!」とほうこくしたのです。しゅうにされていたひとびとちのめされます。しんじられないことに,あいするせいなるしん殿でんたいせつすべうしなわれました。ながあいだすがっていたぼうが,しつぼうへとわります。(エゼ 21:7; 33:21

3 しかし,ぜつぼうかんただよなか,エホバはぼういだかせるいんしょうてきまぼろし エゼキエルにせます。そのまぼろしは,らくたんしているユダヤじんたちにどんなメッセージをつたえるでしょうか。げんだいかみたみとどういうかんけいがありますか。わたしたち一人ひとり一人ひとりにどんなはげみをあたえるでしょうか。エホバがエゼキエルにあきらかにしたことがらかんがえましょう。

「これらのほねについて……げんし」,「かぜかってげんしなさい」

4. エゼキエルはまぼろしのどんなてんちゅうもくしましたか。

4 エゼキエル 37:1-10む。まぼろしなかで,エゼキエルはほねおおわれたたにあいのへいげんれていかれます。エホバはエゼキエルにめいじて,こうはんさんらんしたほねの「まわりをまわらせ」ます。このしょうげきてきまぼろしじゅうぶんたいかんさせたいのでしょう。たにあいのへいげんあるいたエゼキエルは,とくに2つのてんちゅうもくします。ほねおおさと,そのじょうたいです。「じょうにたくさんほねがあり,どれもかわっていた」とべています。

5. エホバはエゼキエルにどんな2つのめいれいあたえましたか。エゼキエルがめいれいどおりにすると,なにきましたか。

5 いでエホバはエゼキエルに2つのめいれいあたえ,それがじっこうされることによってかいふくしんこうしていきます。さいしょめいれいは,「これらのほねについて……げんし」,「かえる」ようほねいなさい,というものでした。(エゼ 37:4-6)エゼキエルがげんするとすぐに,「カタカタというおとがして,ほねほねがって」いき,「すじにく」がき,「おおわれ」ます。(エゼ 37:7,8)2つめいれいは,「かぜかってげんし」,まだいきをしていないからだに「け」るようにいなさい,というものでした。エゼキエルがげんすると,「いきまれ,かれらはかえって,が」り,「じょうおおきなぐんぜい」になります。(エゼ 37:9,10

わたしたちのほねかわいていて,ぼううしなわれた」

6. エゼキエルがまぼろしかいできるよう,エホバはなんいましたか。

6 つぎにエホバは,まぼろしをどうかいしたらよいかをエゼキエルにあきらかにし,「これらのほねはイスラエルこくみんぜんたいである」といます。じっさいしゅうにされていたひとびとはエルサレムのほろびについていたあとぶんたちはんだもどうぜんだとかんじ,こうなげいていました。「わたしたちのほねかわいていて,ぼううしなわれた。わたしたちはかんぜんりつしている」。(エゼ 37:11。エレ 34:20)それにたいしエホバは,ほねかんするこのくらまぼろしが,じつはイスラエルにあかるいぼうつたえている,ということをしめします。

7. エホバはエゼキエル 37しょう12-14せつでどんなことをしょうしましたか。しゅうにされていたひとびとはどうかんじたにちがいありませんか。

7 エゼキエル 37:12-14む。エホバはこのまぼろしとおして,しゅうにされているひとびとをいわばかえらせ,こくもどしてそこにまわせる,ということをしょうしました。それだけでなく,ぜんのように「わたしたみよ」とけました。らくたんしていたユダヤじんたちはじょうちからづけられたにちがいありません。かいふくかんするこのやくそくじつげんすることを,ひとびとかくしんできたのはなぜでしょうか。それがほかならないエホバのやくそくだったからです。エホバは,「わたしエホバがかたり,これをおこなった」とせんげんしました。

8. (ア)「イスラエルこくみんぜんたい」はどういうけいんだようなじょうたいになりましたか。(イ)エゼキエル 37しょう9せつから,イスラエルのしょうちょうてきげんいんについてなにかりますか。(きゃくちゅうさんしょう。)

 8 だいのイスラエルこくみんにとって,このげんてきまぼろしくらめんはどのようにじつげんしたでしょうか。イスラエルのしょうちょうてきは,げんぜん740ねんに10ぞくおうこくほろびてひとびとしゅうにされたときにすでにはじまっていました。やく130ねんにユダのひとびとくにわれたとき,「イスラエルこくみんぜんたい」がらわれました。(エゼ 37:11しゅうたみぜんたいが,しょうちょうてきで,エゼキエルがまぼろしてきたほねのようにんだじょうたいになったのです。 * エゼキエルがほねかわっていた」こともおもこしてください。それは,たみんだようなじょうたいながつづいていたことをしめしていました。じっさい,イスラエルとユダをわせると,げんぜん740ねんから537ねんまでの200ねんほどつづいたことになります。(エレ 50:33

9. かみのイスラエル」はだいのイスラエルとたどんなけいけんをしましたか。

9 イスラエルのかいふくかんするげんは,エゼキエルがかたったものをふくめ,のちだいにもっとだいじつげんすることになっていました。(使 3:21だいのイスラエルこくみんが「ころされ」,ながあいだしょうちょうてきんだじょうたいだったように,「かみのイスラエル」,すなわちてんくようえらばれたクリスチャンのかいしゅうも,しょうちょうてきころされ,ながあいだらわれてんだようなじょうたいけいけんしました。(ガラ 6:16)そのかいしゅうぜんたいとしてじょうながかんにわたってらわれていたため,クリスチャンとしてのじょうたいはあたかも「かわっていた」ほねのようでした。(エゼ 37:2まえしょうせつめいされたように,そのかん西せいれき2せいはじまり,ながねんげつにわたりまし た。イエスがおうこくかんするむぎざっそうたとえのなかしめしていたとおりです。(マタ 13:24-30

エゼキエルがまぼろしなかた「かわっていた」ほねは,てんくようエホバからえらばれたひとたちがながかんにわたってけいけんする,らわれてんだようなじょうたいあらわしていた。(8,9せつさんしょう

ほねほねがっていった」

10. (ア)エゼキエル 37しょう7,8せつには,かみたみかんしてどんなことがこくされていましたか。(イ)かみおそれるユダヤじんたちがしんこうじょじょもどしたゆうとしてどんなことがかんがえられますか。

10 だいにおいてエホバは,ごぶんたみじょじょかいふくしてかえることをこくしました。(エゼ 37:7,8)では,かみおそれるユダヤじんたちが,しんこうじょじょもどし,イスラエルにかんするというぼうじつげんかくしんできるようになったのはなぜでしょうか。そのゆうの1つとして,げんしゃたちがべたげんぼうみなもとになったことでしょう。たとえばイザヤは,のこっている「せいなるそん」がこくもどることをこくしていました。(イザ 6:13。ヨブ 14:7-9)また,エゼキエルがしるした,かいふくかんするおおくのげんも,ぼうつづけるたすけになったにちがいありません。さらに,バビロンにげんしゃダニエルといったちゅうじつひとたちがいたことや,げんぜん539ねんにバビロンがとつじょとしてかんらくしたことも,かんするというぼうをいっそうつよいだけるゆうになったでしょう。

11,12. (ア)「かみのイスラエル」がじょじょかいふくしたことをしめすどんなしんてんがありましたか。(「きよすうはい じょじょかいふくされる」というかこみもさんしょう。)(イ)エゼキエル 37しょう10せつことから,どんなもんしょうじますか。

11 おなじように,「かみのイスラエル」,つまりてんくクリスチャンのかいしゅうじょじょかいふくしていきました。どんなことがきたのでしょうか。らわれてんだようなじょうたいながねんげつにわたってつづいたあと,いわば「カタカタというおと」がこえ,かみおそれるひとたちがただしいすうはいのためにこうどうこしました。たとえば16せいには,ウィリアム・ティンダルがせいしょえい ほんやくしました。いっぱんひとびとせいしょめるようになったことで,ローマ・カトリックのせいしょくしゃたちはげきし,ティンダルはころされてしまいます。しかしそのも,ゆうかんひとたちによってせいしょいくつものげんほんやくされ,くらやみのようなかいかみからのひかりじょじょんでいきました。

12 のちに,チャールズ・T・ラッセルとなかたちがねっしんはたらはじめ,せいしょしんふたたあきらかになるようにしたとき,いわばほねに「すじにく」がいたかのようでした。「シオンのものみのとうえい)などのしゅっぱんぶつにより,せいじつひとたちはしんいだすようたすけられ,かみからえらばれててんひとたちにくわわりました。かみつかえるそのひとたちは,1900ねんだいはじめごろに,「そうぞうしゃしんげき」や,「しゅうりょうした」(えい)というほんによっていっそうかっづけられました。ほどなくして,かみがごぶんたみを「が」らせるときます。(エゼ 37:10)それはいつのことで,なにがあったのでしょうか。こたえをるために,だいバビロンでしょうじたごとについてかんがえてみましょう。

かれらはかえって,がった」

13. (ア)エゼキエル 37しょう10,14せつことは,げんぜん537ねんからじつげんはじめました。なにきましたか。(イ)10ぞくおうこくひとたちもイスラエルにもどったことは,どんなせいからかりますか。

13 バビロンにいたユダヤじんたちは,げんぜん537ねんからまぼろしじつげんはじめるのをました。なにきましたか。エホバはかれらをらわれからかいほう し,イスラエルにかんさせることによって,かえらせて「が」らせました。ユダヤじん4まん2360にんと,ユダヤじんではないやく7000にんひとたちがバビロンをりました。エルサレムとしん殿でんさいけんし,イスラエルのていじゅうするためです。(エズ 1:1-4; 2:64,65。エゼ 37:14)およそ70ねんに,エズラがエルサレムにもどさいには,まだバビロンにいた1750にんあまりのひとたちがいっしょきました。(エズ 8:1-20)ですから,すくなくとも4まん4000にんえるユダヤじんかんしたことになります。まさに「おおきなぐんぜい」です。(エゼ 37:10くわえて,せいしょによると10ぞくおうこくひとたち(げんぜん8せいたちがアッシリアによってくにわれていた)も,イスラエルにもどってしん殿でんさいけんつだいました。(だいいち 9:3。エズ 6:17。エレ 33:7。エゼ 36:10

14. (ア)エゼキエル 37しょう24せつことは,このげんおもじつげんするときがいつであることをしめしていますか。(イ)1919ねんにどんなことがきましたか。(「かわいたほね』と『2人ふたりしょうにん』 どうかんけいしているか」というかこみもさんしょう。)

14 エゼキエルのげんのこのぶんは,どのようにもっとだいじつげんしたでしょうか。かいふくかんするこのげんおもに,かんれんしたげんなかでエホバがエゼキエルにあきらかにしたように,おおいなるダビデであるイエス・キリストがおうとしてとうはじめてもなくじつげんすることになっていました。 *エゼ 37:24じっさい,1919ねんに,エホバはごぶんせいなるちからをごぶんたみうち宿やどらせました。そのけっかれらはいわばかえり,おおいなる バビロンにらわれたじょうたいからかいほうされました。(イザ 66:8)そのエホバは,かれらをぶんたちの「」つまりてきなパラダイスにまわせました。では,エホバのげんだいたみはどのように「おおきなぐんぜい」になってきたのでしょうか。

15,16. (ア)エホバのげんだいたみはどのように「おおきなぐんぜい」となってきましたか。(イ)エゼキエルのこのげんは,さまざまなもんだいれんかううえでどのようにはげみになりますか。(「ふたたがるためのたす」というかこみをさんしょう。)

15 キリストが1919ねんちゅうじつれいにんめいしてからもなく,かみつかえるひとたちはげんしゃゼカリヤがこくしていたことをけいけんはじめました。かんしたユダヤじんたちのなかほうしていたゼカリヤは,「おおくのひとびとつよくにぐにが……エホバにつかえるため……やってる」とべました。「あらゆるげんくにぐにからた10にんひと」が,エホバにつかえるためにやってるのです。そのひとたちは,「かみのイスラエル」をあらわす「1人ひとりのユダヤじん」のふくをしっかりつかんでこういます。「あなたたちといっしょかせてほしい。かみがあなたたちとともにいる,といたからだ」。(ゼカ 8:20-23。ガラ 6:16

16 げんざい,「かみのイスラエル」をこうせいするひとたち(てんくクリスチャンのうちじょうのこっているひとたち)に「10にんひと」(ほかのひつじ)がくわわり,「じょうおおきなぐんぜい」にはひろいくひゃくまんというひとびとふくまれるようになっています。(エゼ 37:10わたしたちは,にんずうつづけるこのぐんぜいなかでキリストのへいとして,おうイエスにしっかりとしたがい,ぜんにあるしゅくふくかってすすんでいきます。( 37:29。エゼ 37:24。フィリ 2:25。テサいち 4:16,17

17. つぎしょうではどんなことをかんがえますか。

17 きよすうはいかいふくされたことにより,かみたみじゅうようせきにんになうことになりました。どんなせきにんでしょうか。こたえをるには,ときをさかのぼって,エルサレムがほろぼされるまえにエゼキエルがエホバからあたえられたにんについて調しらべるひつようがあります。つぎしょうでそのてんげます。

^ 8節 エゼキエルがまぼろしなかほねは,ぜんんだひとたちのものではなく,「ころされたひとたち」のものでした。(エゼ 37:9)イスラエルの10ぞくおうこくがアッシリアによって,いでユダの2ぞくおうこくがバビロニアによって,せいふくされ,らわれてくにわれたとき,「イスラエルこくみんぜんたい」がしょうちょうてきころされました。

^ 14節 メシアにかんするそのげんは,このほんだい8しょうげています。