内容へ

目次へ

 114章

キリストは王として羊とヤギを裁く

キリストは王として羊とヤギを裁く

マタイ 25:31-46

  • イエスはひつじとヤギのたとばなしかた

イエスは,オリーブやまうえで10にんおととタラントのたとばなしかたったところです。ぶんりんざいたいせいしゅうけつのしるしについてのしつもんこたえていたイエスは,さいひつじとヤギのたとばなしをします。

そのはなしはこうはじまります。「ひとえいこうびてて,すべてのてん使ともると,そのときひとえいこうすわります」。(マタイ 25:31)このたとばなしちゅうしんじんぶつはイエスです。イエスはこれまでなんかいぶんのことを,「ひと」とんでいるからです。(マタイ 8:20; 9:6; 20:18,28

このたとばなしはいつじつげんしますか。イエスがてん使たちといっしょに「えいこうびてて」,「えいこうに」すわときです。イエスはすこまえにも,てん使たちといっしょに「ひとちからおおきなえいこうびててんくもってる」とはなしたことがあります。それはいつのことでしょうか。「かんなんのすぐあと」のことです。(マタイ 24:29-31。マルコ 13:26,27。ルカ 21:27)ですからこのたとばなしは,しょうらいイエスがえいこうびてときじつげんします。そのとき,イエスはなにをするのでしょうか。

イエスはこうせつめいします。「ひとえいこうびて[ると,]すべてのくにひとびとかれまえあつめられ,ひとは,ひつじいがひつじをヤギからけるように,ひとびとけます。そしてひつじぶんみぎに,ヤギをぶんひだりきます」。(マタイ 25:31-33

ひつじはどうなりますか。イエスはこういます。「それからおうは,みぎにいるひとたちにいます。『さあ,わたしちちしゅくふくされたひとたち,はじまってらいあなたたちのためにようされているおうこくけなさい」。(マタイ 25:34ひつじおうからのめぐみをけるのはなぜでしょうか。

おうつぎのようにせつめいします。「わたしえるとものあたえ,のどかわくとものあたえてくれたからです。よそから るとあたたかくむかえ,はだかでいるとふくあたえてくれました。びょうになるとをし,ろうにいるとほうもんしてくれました」。それをいたひつじつまり「ただしいひとたち」は,ぶんたちがいつおうにそのようなことをしたかたずねます。するとおうは,「これらわたしきょうだいのうちもっとたないひと1人ひとりにしたのは,それだけわたしにしたのです」とこたえます。(マタイ 25:35,36,40,46ただしいひとたちは,そうしたいことをてんおこなったのではありません。てんではびょうになったりえたりしないからです。ですからおうは,ひつじじょうにいるキリストのきょうだいたちにしたことをっているのです。

ではひだりかれたヤギはどうなりますか。イエスのせつめいはこうです。「それからおうは,ひだりにいるひとたちにいます。『わざわいをせんこくされたひとたち,わたしからはなれ,あくじゃあくてん使たちのためにようされたえいえんはいりなさい。わたしえてもものあたえず,のどかわいてもものあたえてくれなかったからです。よそからてもあたたかくむかえず,はだかでいてもふくあたえず,びょうであったりろうにいたりしてもをしてくれませんでした』」。(マタイ 25:41-43)ヤギはじょうにいるキリストのきょうだいたちにしんせつであるべきでしたが,そうしなかったので,このようなさばきをけるのもとうぜんです。

使たちは,しょうらいおこなわれるこのさばきが1かいかぎりで,そのけっえいえんつづくものであることをります。イエスはかれらにつぎのようにはなします。「そのときおうは[い]ます。『じつのところ,これらもっとたないひと1人ひとりにしなかったのは,それだけわたしにしなかったのです』。このひとたちはえいえんむかえ,ただしいひとたちはえいえんいのちけます」。(マタイ 25:45,46

使たちのしつもんたいするイエスのこたえから,イエスのであるすべてのひとおおくのことをまなべます。そして,ぶんたいこうどうがどのようなものかかんがえさせられます。