内容へ

目次へ

 115章

最後の過ぎ越しが近づく

最後の過ぎ越しが近づく

マタイ 26:1-5,14-19 マルコ 14:1,2,10-16 ルカ 22:1-13

  • ユダ・イスカリオテはイエスをうらるためのかねをもらう

  • 2人ふたり使しのじゅんをする

イエスはオリーブやまうえで4にん使からのしつもんこたえ,ぶんりんざいたいせいしゅうけつのしるしについておおくのことをおしえました。

それにしてもニサン11にちはとてもいそがしいでした。そのよるごすためベタニヤにかっているちゅうでのこととおもわれますが,イエスは使たちにこういます。「ってのとおり,いまから2しがおこなわれます。そして,ひとわたされ,くいけられてにます」。(マタイ 26:2

イエスはよくじつのニサン12にちすいようを,使たちとしずかにごしたようです。ようにはひとびとまえしゅうきょうどうしゃたちをなんし,かれらのしん姿すがたあばきました。かれらからいのちねらわれているので,すいようひとまえません。ニサン14はじまるもくようばん使たちとしをいわうのをだれにもじゃされないためです。

しかし,さいちょうたみちょうろうたちはおだやかでいられません。しのまえに,だいさいカヤファのいえなかにわあつまります。なぜでしょうか。ぶんたちのぜんあばかれたことがゆるせないのです。それで,イエスを「うまくらえてころそうとそうだん」します。いつどのようにじっこうするのでしょうか。かれらは,「まつりのときはやめておこう。たみあいだそうどうきないようにするためだ」といます。(マタイ 26:4,5)イエスがおおぜいひとたちからしたわれているので,ためらっているのです。

そうしているところへ,あるじんぶつがやってます。なんとイエスの使1人ひとりユダ・イスカリオテです。サタンはしゅじんうらるというかんがえをユダにんでいました。ユダはしゅうきょうどうしゃたちに,「イエスをうらってわたしたら,なにをくれますか」とたずねます。(マタイ 26:15かれらはよろこび,「ぎんあたえることでごう」します。(ルカ 22:5 そのだんいくらでしたか。ぎん30まいです。これはおそらく30シェケルにそうとうし,れい1人ひとりたりのだんです。(しゅつエジプト 21:32しゅうきょうどうしゃたちはイエスをけいべつし,ほとんどのないにんげんなしていたのです。このときこう,ユダは「ぐんしゅうがいないときにイエスをうらってわたかいをうかがうように」なります。(ルカ 22:6

すいようにちぼつからニサンの13にちはじまります。イエスがベタニヤでごすさいばんとなりました。けてもくようあさになれば,しのためのさいじゅんをしなければなりません。ひつじれ,ゆうがたにニサン14はじまってからほふり,まるごとひつようがあります。そのしょくはどこでおこなうのでしょうか。だれがそのじゅんをするのでしょうか。イエスがこのことでとくなにさないため,ユダはイエスをうらってさいちょうたちにわたかいをつかめません。

もくようひるすぎとおもわれますが,イエスはペテロとヨハネをベタニヤからおくすことにし,こういます。「って,しのしょくようしなさい」。2人ふたりは,「どこにようしたらいいでしょうか」とたずねます。それでイエスはこうします。「まちはいると,みずがめをはこんでいるおとこいます。いていって,そのひとはいいえはいりなさい。そして,ぬしにこういなさい。『せんせいが,「しのしょくたちとできるきゃくしつはどこでしょうか」とっています』。そのひとととのったおおきなかいじょうせてくれます。そこにようしなさい」。(ルカ 22:8-12

このぬしはイエスのであるにちがいありません。イエスがこのしをいわうためにぶんいえ使つかうことをそうしていたようです。ペテロとヨハネがエルサレムにくと,すべてイエスがはなしたとおりになります。それで2人ふたりひつじじゅんとどけ,イエスと12使たちがしをいわうのにひつようなものがそろうようにします。