内容へ

目次へ

 126章

ペテロはイエスのことを知らないと言う

ペテロはイエスのことを知らないと言う

マタイ 26:69-75 マルコ 14:66-72 ルカ 22:54-62 ヨハネ 18:15-18,25-27

  • ペテロはイエスをらないと

ゲッセマネのそのでイエスがたいされると,使たちはイエスをて,おそれのあまりげてしまいます。でも,かれらのうち2人ふたりげるのをちゅうでやめます。ペテロと「もう1人ひとり」,おそらくヨハネとおもわれます。(ヨハネ 18:15; 19:35; 21:242人ふたりはイエスがアンナスのいえれていかれるときいたのでしょう。アンナスがだいさいカヤファのところへイエスをおくときにも,2人ふたりはなれていていきます。かれらはぶんいのちしんぱいするちと,イエスになにきるのかあんおもちのあいだれていたでしょう。

ヨハネはだいさいられていたので,カヤファのいえなかにわはいります。ペテロはそとぐちところっています。すると,ヨハネがもどってきてぐちばんじょせいはなしてくれたため,なかはいることをゆるされます。

さむばんなので,なかにわにいるひとたちはすみをおこします。ペテロはイエスのさいばんの「きをようとして」,そのひとたちといっしょすわり,からだあたためます。(マタイ 26:58)そのとき,ペテロをなかれたぐちばんじょせいらされたペテロのかおて,「あなたもこのひとではないでしょうね」といます。(ヨハネ 18:17まわりのひとたちもペテロにき,あなたはイエスといっしょにいた,といだします。(マタイ 26:69,71-73。マルコ 14:70

ペテロはこのじょうきょうにひどくどうようします。そこでペテロは,「そのひとらないし,あなたがなにはなしているのかもかいできない」といます。(マルコ 14:67,68)それだけでなく,「うそならしんばつけてもいいとちかはじめ」ます。(マタイ 26:74

そのあいだも,イエスのさいばんすすんでいます。さいばんはカヤファのいえなかにわうえにあるかいおこなわれていたようです。したつペテロやひとたちは,さまざまなしょうにんたりはいったりするのをたでしょう。

ペテロのガリラヤなまりをしょうに,ひとびとはペテロのしゅちょうがうそであるとやぶります。さらに,そこにはペテロがみみとしたマルコスのしんぞくもいました。そのひとはペテロにたいしはっきりと,「わたした。ていえんかれいっしょにいたではないか」といます。ペテロがそのことを3ていすると,イエスがかたっていたとおり,おんどりがきます。(ヨハネ 13:38; 18:26,27

このときちょうど,イエスはなかにわろすバルコニーにいたようです。イエスはき,ペテロをっすぐにます。そのせんはペテロのこころさったにちがいありません。ほんのすうかんまえに,イエスがかいじょうったことがよみがえります。ぶんがしてしまったことのじゅうだいさにき,ペテロがどれほどちのめされたかそうぞうできるでしょうか。ペテロはそとはげしくきます。(ルカ 22:61,62

どうしてこうなってしまったのでしょうか。あれほどぶんしんこうちゅうせつしんっていたペテロが,なぜイエスをらないとってしまったのでしょうか。イエスはぶんこときょっかいされ,いやしいはんざいしゃのようになされています。じつのイエスにちゅうじつであるべきときに,「えいえんいのちことって」いる,まさにそのひとけてしまったのです。(ヨハネ 6:68

ペテロのさんけいけんから,どれほどつよしんこうちゅうせつしめしてきたとしても,とつぜんしょうじるれんゆうわくかうじゅんをしていなければ,たおれてしまうけんがあるとまなべます。これはかみつかえるひとすべてにとってたいせつきょうくんです。