内容へ

目次へ

 128章

ピラトもヘロデもイエスが無実であると認める

ピラトもヘロデもイエスが無実であると認める

マタイ 27:12-14,18,19 マルコ 15:2-5 ルカ 23:4-16 ヨハネ 18:36-38

  • イエスはピラトとヘロデから調しらべをける

イエスはぶんおうであることをピラトにかくそうとはしません。しかし,ぶんおうこくがローマにとってけんそんざいではないことを,つぎのようにせつめいします。「わたしおうこくはこののものではありません。もしのものだったら,わたししたがものたちは,わたしをユダヤじんたちにわたさないようにたたかったでしょう。しかしじっさいは,わたしおうこくはこのからのものではありません」。(ヨハネ 18:36)イエスのおうこくじょうのものではないのです。

ピラトはイエスのことから,イエスがおうであることをかいします。しかし,もういち,「それでは,あなたはおうなのだな」としつもんします。イエスはピラトがただしいことをみとめ,こうこたえます。「あなたしんが,わたしおうだとっています。しんについてしょうげんすること,このためにわたしまれ,このためにわたしました。しんがわにいるひとみなわたしこえきます」。(ヨハネ 18:37

ぜんイエスはトマスに,「わたしみちであり,しんであり,いのちです」とかたったことがあります。そしてピラトも,イエスがじょうたのは,「しん」についてしょうげんするためだということをりました。そのしんとは,とくにイエスのおうこくについてのしんです。イエスはいのちうしなうとしても,そのしんちゅうじつであることをけつしています。ピラトは,「しんとはなにか」といます。でも,それじょうせつめいこうとはしません。さばきをくだすのにひつようなことはもうじゅうぶんいたとかんじたのです。(ヨハネ 14:6; 18:38

ピラトはそとっているユダヤじんたちのところもどります。そして,おそらくイエスをぶんよこたせ,さいちょうたちとそのしゃたちに,「このおとこはんざいなどおかしてはいない」といます。するとかれらはおこり,「かれはユダヤぜんおしえてたみをあおっています。ガリラヤからはじめてここまでたのです」とつよります。(ルカ 23:4,5

ユダヤじんたちがくるったようにこうするのをてピラトはあっけにとられたにちがいありません。そこでイエスに,「このひとたちがあなたにしょうげんをこんなにおおおこなっているのが,こえないのか」とたずねます。(マタイ 27:13)でもイエスはなにこたえません。いかくるったひとびとまえにしてもおだやかなイエスをてピラトはおどろきます。

ユダヤじんたちが,イエスは「ガリラヤからはじめ」た,とうのをいてピラトは,イエスがガリラヤじんであるとります。そして,イエスをさばかずにほうほうおもきます。ちょうど,ガリラヤのはいしゃヘロデ・アンテパス(ヘロデだいおう)がしのにエルサレムにていたのです。それでピラトはイエスをヘロデのところおくります。ヘロデ・アンテパスはバプテストのヨハネのくびをはねたじんぶつです。イエスがせきおこなっているといううわさをいたヘロデは,ヨハネがかえったのではないかとあんおもっていました。(ルカ 9:7-9

ヘロデはイエスにえるのでよろこびます。イエスをたすけたいとか,イエスのざいじょうじつかどうかほんりたいとかおもっているわけではありません。ただこうしんがあるだけです。「イエスがおこなうしるしもたいとおもって」います。(ルカ 23:8)しかし,イエスはヘロデのこうしんたすことはなにもしません。ヘロデからしつもんされてもなにこたえません。がっかりしたヘロデは,へいたちといっしょに「イエスをじょく」します。(ルカ 23:11)さらに,イエスにきらびやかなふくせてあざけったあと,ピラトのところにイエスをおくかえします。それまでヘロデとピラトはてきどうでしたが,このときこうしたしくなります。

ピラトはイエスがおくかえされてくると,さいちょうはいしゃたち,またたみあつめ,こういます。「あなたがたまえ調しらべたが,あなたがたうったえているようなつみまったつからなかった。それはヘロデもおなじだ。かれわたしたちにおくかえしてきた。かれあたいすることはなにもしていないのだ。それで,かれらしめてからしゃくほうする」。(ルカ 23:14-16

 ピラトはなんとかイエスをしゃくほうしたいとおもっています。さいちょうたちがねたみゆえにイエスをわたしたことにいたからです。そうしているうちに,イエスをしゃくほうしようというちをつよめるべつごとしょうじます。ピラトがさばきのすわっているあいだに,つまからつぎのようなでんごんとどいたのです。「そのじつひとかかわらないでください。わたし今日きょう,そのひとのことで[かみからのものとおもわれる]ゆめなかでとてもくるしんだのです」。(マタイ 27:19

ピラトはしゃくほうすべきじつひとをどうしたらしゃくほうできるでしょうか。