内容へ

目次へ

 129章

ピラトは「見なさい,この人だ!」と宣言する

ピラトは「見なさい,この人だ!」と宣言する

マタイ 27:15-17,20-30 マルコ 15:6-19 ルカ 23:18-25 ヨハネ 18:39–19:5

  • ピラトはイエスをしゃくほうしようとする

  • ユダヤじんたちはバラバをしゃくほうするようもとめる

  • イエスはばかにされぎゃくたいされる

ピラトはイエスののぞひとびとにこういます。「あなたがたうったえているようなつみまったつからなかった。それはヘロデもおなじだ」。(ルカ 23:14,15)そして,イエスをたすけようとしてべつほうほうこころみ,ひとびとにこうたずねます。「あなたがたしゅうかんしたがって,しのとき1人ひとりしゃくほうすることになっている。ユダヤじんおうしゃくほうしてほしいか」。(ヨハネ 18:39

ピラトは,ごうとうせんどうさつじんはんとしてゆうめいなバラバというしゅうじんっています。それでこうしつもんします。「どちらのひとしゃくほうしてほしいのか。バラバか,それともキリストといわれるイエスか」。さいちょうたちにあおられたひとびとはバラバをしゃくほうするようもとめます。ピラトはもういち,「2人ふたりのうちどちらをしゃくほうしてほしいのか」としつもんします。ひとびとは,「バラバを」とさけびます。(マタイ 27:17,21

ピラトはどうようし,「では,キリストといわれるイエスのほうはどうしたらよいか」ときます。ひとびとは,「くいけろ!」とわめきます。(マタイ 27:22かれらはじつだんせいもとめたのです。ピラトはさらにこううったえます。「このおとこがどんなあくをしたというのか。あたいすることはなにつからなかった。それで,かれらしめてからしゃくほうする」。(ルカ 23:22

ピラトはなんねばりますが,いかくるったぐんしゅうは,「くいけろ!」とさけつづけます。(マタイ 27:23ひとびとしゅうきょうどうしゃによってあおられ,くるったようにイエスをころそうとします。はんざいしゃさつじんはんもとめているのではありません。じつだんせい,しかもたった5まえにはおうとしてエルサレムにむかれられたひところそうとしているのです。もしイエスのたちがそのにいたなら,だまってたないようにしていたでしょう。

ピラトはいくらうったえてもであることにきます。それで,さけごえおおきくなるなか,そばにあったみずひとびとまえあらい,「このひとについてわたしけっぱくだ。あなたがたしんせきにんわなければならない」といます。そのこといても,ひとびとしずまりません。むしろかれらは,「かれはわれわれとわれわれのかってもよい」とまでいます。(マタイ 27:24,25

ピラトはなにただしいかはかっていますが,たみまんぞくさせたいというちにけてしまいます。かれらのこえしたがってバラバをしゃくほうし,イエスのふくいでむちでたせます。

ざんこくなむちちがわると,へいたちはイエスをそうとくていたくれていきます。そしてぜんたいあつまり,イエス にさらにぎゃくたいくわえます。まず,いばらでんだかんむりをイエスのあたまけます。そしてイエスのみぎにアシをたせ,おうるようなむらさきながころもさせます。それからばかにして,「ごあいさつもうげます,ユダヤじんおうよ!」といます。(マタイ 27:28,29)またイエスにつばけ,かおひらちします。イエスがっているじょうなアシをってイエスのあたまをたたきます。イエスをじょくするかんむりするどいとげは,とうやぶってふかさったでしょう。

こうしたぎゃくたいけてもイエスがげんつよさをたもっていることにピラトはとてもかんめいけます。そしてイエスをしょけいするせきにんなんとかまぬがれようとしてべつためし,ユダヤじんたちにこういます。「さあ,かれをあなたがたまえす。なんしつつけられないのだ」。きずだらけでまみれになったイエスをれば,かれらもすこしはおとなしくなるとピラトはおもったのでしょうか。ピラトはイエスをじょうたみまえし,「なさい,このひとだ!」とせんげんします。(ヨハネ 19:4,5

ピラトのそのことにはけいどうじょうしんかんじられます。イエスはいためつけられきずだらけになっても,ピラトがみとめざるをないほど,しずかなげんおだやかさをたもっていたのです。