内容へ

目次へ

 127章

サンヘドリンでの裁判の後,ピラトの所へ連れていかれる

サンヘドリンでの裁判の後,ピラトの所へ連れていかれる

マタイ 27:1-11 マルコ 15:1 ルカ 22:66–23:3 ヨハネ 18:28-35

  • あさおこなわれたサンヘドリンでのさいばん

  • ユダ・イスカリオテはくびをつってのうとする

  • イエスはピラトのところれていかれ,うったえられる

ペテロがイエスをらないと3ったのは,けごろでした。サンヘドリンはかたちだけのさいばんえ,かいさんしています。しかしきんようあさかれらはふたたあつまります。それは,さくばんほうさいばんごうほうてきけるためなのでしょう。イエスはサンヘドリンのまえされます。

かれらはもういち,「もしあなたがキリストなら,そういなさい」とめいじます。それにたいしイエスは,「たとえっても,あなたがたまったしんじないでしょう。また,しつもんしても,あなたがたこたえないでしょう」といます。しかしイエスはゆうかんにも,ぶんダニエル 7しょう13せつこくされていたじんぶつだとめいげんします。「こんひときょうりょくかみみぎすわります」。(ルカ 22:67-69。マタイ 26:63

するとかれらは,「では,あなたはかみなのか」とねんします。イエスは,「あなたがたしんわたしのことをそうっています」とこたえます。これをこんきょにしてイエスをぼうとくつみけいにできそうです。そこでかれらは,「どうしてこれじょうしょうげんひつようでしょうか」といます。(ルカ 22:70,71。マルコ 14:64)それからイエスをしばり,ローマそうとくポンテオ・ピラトのところいていきます。

ユダ・イスカリオテはイエスがピラトのところれていかれるのをたのでしょう。イエスがゆうざいとされたのをり,こうかいぜつぼうちにおそわれます。しかし,こころからあらためてかみゆるしをもとめることはせず,ぎん30まいかえすためさいちょうたちのところきます。そして,「わたしじつひとうらってつみおかした」といます。するとかれらはれいこくたいで,「わたしたちのったことではない。あなたがまつすべきことだ!」とこたえます。(マタイ 27:4

それでユダはぎん30まいしん殿でんみます。そしてさつはかあやまちをかさねます。くびをつろうとしますが,なわむすんだえだれたようです。ユダはいわうえち,からだけてしまいます。(使 1:17,18

 イエスはあさはやくポンテオ・ピラトのていたくれていかれます。しかし,イエスをれてきたユダヤじんたちはなかはいろうとしません。ほうじんせっするならけがしてしまうとかんがえているからです。けがすなら,こうパンのまつりのしょにちであるニサン15にちしょくができなくなるのです。そのしのかんとされていました。

それでピラトはてきて,「どんなゆうでこのひとうったえるのか」とたずねます。ユダヤじんたちは,「このおとこあくをしていなければ,あなたにわたしたりはしません」といます。ピラトはあつりょくかんじたようで,こういます。「かれれていき,ぶんたちのりっぽうしたがってさばきなさい」。するとかれらは,「わたしたちがひところすことはゆるされていません」といます。かれらがイエスをころしたいとおもっていることはあきらかです。(ヨハネ 18:29-31

もしまつりのかんに,そんけいされているイエスをころせば,おおさわぎになるでしょう。それで,ユダヤじんたちはせきにんまぬがれようとして,ローマじんかれらのけんげんでイエスをせいはんとしてしょけいさせようとかんがえます。

しゅうきょうどうしゃたちは,ぶんたちがイエスをぼうとくつみゆうざいにしたことははなしません。べつざいじょうをでっちげ,こういます。「このおとこは[1]わたしたちのたみまどわし,[2]カエサルにぜいはらうことをきんじ,[3]ぶんおうキリストだとっていました」。(ルカ 23:2

ローマをだいひょうするそうとくとしてピラトがりたいのは,イエスがぶんおうだとったというざいじょうです。ピラトはていたくはいってイエスをび,「あなたはユダヤじんおうなのか」とたずねます。つまり,あなたはカエサルにはんこうしてぶんおうであるとることでローマていこくほうやぶったのか,ということです。ピラトがどのていのことをみみにしているのかるために,イエスは,「ぶんかんがえでそうたずねているのですか。それとも,ほかのひとわたしについてげたのですか」としつもんします。(ヨハネ 18:33,34

ピラトはイエスについてなにらないことをみとめつつ,りたいというちをあらわし,こういます。「わたしがユダヤじんだとでもうのか。あなたのくにひとびとさいちょうたちがあなたをわたしわたしたのだ。あなたはなにをしたのか」。(ヨハネ 18:35

イエスはぶんおうなのかどうかというもんだいをはぐらかそうとはせず,ピラトがとてもおどろくようなこたえをします。