内容へ

目次へ

 113章

タラントの例え話から学ぶ

タラントの例え話から学ぶ

マタイ 25:14-30

  • イエスはタラントのたとばなしをする

イエスはオリーブやまうえで4にん使たちからぶんりんざいたいせいしゅうけつのしるしについてしつもんされ,そのこたえとして,もう1つのたとばなしかたります。すうじつまえにエリコにいたとき,イエスはミナのたとばなしをして,おうこくせつりつされるのはまだとおしょうらいであるとせつめいしました。この2つのたとばなしにはているてんがたくさんあります。このしょうかんがえるたとばなしは,使たちはイエスからゆだねられたものあつかさいきんべんでなければならないということをおしえています。

イエスはこうはなはじめます。「それはちょうど,がいこくりょこうさいに,れいたちをせて,ぶんものゆだねただんせいのようです」。(マタイ 25:14)イエスはぶんを「おうけんかくりつ」するためにりょこうだんせいたとえたことがあるので,使たちはこんかいたとばなしてくる「だんせい」もイエスであるとすぐにかります。(ルカ 19:12

そのひとがいこくりょこうまえに,れいたちにぶんちょうものゆだねます。イエスは3ねんはんでんどうかんちゅうかみおうこくらせをつたえることにぜんりょくかたむけ,たちがでんどうかつどうおこなえるようくんれんしました。ぶんもなくっていきますが,くんれんしたとおりにたちがでんどうかつどうをしていくとかくしんしています。(マタイ 10:7。ルカ 10:1,8,9。ヨハネ 4:38; 14:12かく。)

たとばなしだんせいぶんものをどのようにゆだねたでしょうか。イエスはこうはなします。「そのだんせいは,あるひとには5タラント,べつひとには2タラント,さらにべつひとには1タラントと,かくのうりょくおうじてあたえてから,がいこくきました」。(マタイ 25:15)では,れいたちはゆだねられたものでなにをしますか。しゅじんたい沿ってゆだねられたものをきんべんもちいるでしょうか。イエスはこうつづけます。

「5タラントをったひとはすぐにけ,それでしょうばいをして,さらに5タラントをれました。2タラントをったひとおなじように,さらに2タラントをれました。しかし,ただ1タラントをったれいは,けていってめんり,しゅじんのおかねかくしておきました」。(マタイ 25:16-18)さて,しゅじんもどってきたときにどうなりますか。

イエスはこうはなします。「ながときがたち,しゅじんて,れいたちとせいさんをしました」。(マタイ 25:19さいしょ2人ふたりれいは「かくのうりょくおうじて」ベストをくしました。ゆだねられたものを使つかってきんべんねっしんはたらき,えきしました。5タラントをったひとも2タラントをったひとも,ゆだねられたものを2ばいにしたのです。(とう,1タラントをかせぐには19ねんほどかかりました。)しゅじんはその2人ふたりれいおなことけます。「よくがんりました,あなたはちゅうじつれいです! わずかなものにちゅうじつでした。おおくのものをかんさせる ためにあなたをにんめいしましょう。しゅじんであるわたしともよろこびなさい」。(マタイ 25:21

しかし,1タラントをったれいはこういます。「ごしゅじんさま,あなたがきびしいかたで,まかなかったところり,だっこくしなかったところあつめることをっていました。それでこわくなり,って,あなたの1タラントをちゅうかくしておきました。さあ,おかえしいたします」。(マタイ 25:24,25)このれいはおかねぎんこうあずけることもしませんでした。そうしていれば,すくなくともいくらかのそくいたでしょう。このれいしゅじんたいうらったのです。

とうぜんのこととして,しゅじんはそのれいを「たいわるれい」とび,ゆだねていたものをげ,よろこんできんべんはたらひとにそれをあたえます。そしてこういます。「っているひとみな,さらにあたえられてちあふれます。しかし,っていないひとは,っているものまでげられます」。(マタイ 25:26,29

イエスのたちはこのたとばなしいて,さまざまなことをかんがえさせられたでしょう。かれらはイエスからなにゆだねられたかっています。それはひとびととするというたいへんのあるりっごとです。イエスは,たちすべてがおなかたでそのごとをし,おなせいげるようたいしているわけではありません。たちは「かくのうりょくおうじて」はたらくべきなのです。「たい」になり,しゅじんものやすためにベストをくさないなら,イエスがよろこぶことはけっしてありません。

っているひとみな,さらにあたえられ[る]」とイエスがやくそくしたとき使たちはとてもうれしかったにちがいありません。