内容へ

目次へ

 125章

まずアンナスの所へ,その後カヤファの所へ

まずアンナスの所へ,その後カヤファの所へ

マタイ 26:57-68 マルコ 14:53-65 ルカ 22:54,63-65 ヨハネ 18:13,14,19-24

  • イエスはもとだいさいアンナスのところれていかれる

  • サンヘドリンによるほうさいばん

イエスはつうはんざいしゃのようにしばられ,アンナスのところれていかれます。アンナスは,しょうねんイエスがしん殿でんきょうたちをおどろかせたときだいさいつとめていたじんぶつです。(ルカ 2:42,47かれ息子むすこたちのなんにんかはだいさいになり,げんざい息子むすこカヤファがだいさいです。

イエスがアンナスのいえにいるあいだに,カヤファはサンヘドリンをしょうしゅうします。サンヘドリンは71にんこうせいされているほうていで,だいさいだいさいしょくいたことのあるひとたちがふくまれています。

アンナスはイエスに「たちやおしえについて」しつもんします。イエスはただこうこたえます。「わたしみなまえはなしてきました。すべてのユダヤじんあつまるしん殿でんかいどうでいつもおしえ,なにもひそかにはなしたりはしませんでした。なぜわたししつもんするのですか。わたしはなしたこといたひとたちにしつもんしなさい」。(ヨハネ 18:19-21

すると,そばにっていたしたやくがイエスのかおひらちし,「さいちょうにそんなこたかたをするのか」といます。しかしイエスは,なにちがったことをしてこなかったので,こうこたえます。「わたしちがったことをったなら,なにちがっているのかをいなさい。しかし,ただしいなら,なぜたたくのですか」。(ヨハネ 18:22,23)それでアンナスはイエスを息子むすこカヤファのいえおくります。

このときまでには,サンヘドリンぜんたい,つまりげんざいだいさいたみちょうろうたちとりっぽうがくしゃたちがしゅうごうしていまし た。カヤファのいえしゅうけつしたのです。しのばんさいばんおこなうのはほうなことです。しかし,じゃあくもくてきげようとするかれらはまったにしません。

かれらはこうせいではありませんでした。イエスがラザロをふっかつさせたあと,イエスをころすことにしました。(ヨハネ 11:47-53)そしてすうじつまえ,イエスをらえてころそうとそうだんしました。(マタイ 26:3,4)ですからさいばんはじまるまえに,イエスのざいかくていしていたのです。

あつまりがほうだっただけではありません。かれらはイエスがになるうそのしょうていしゅつできるしょうにんさがしています。おおぜいしょうにんつけますが,かれらのしょうげんいっしていません。さい2人ふたりしょうにんすすて,こういます。「このものが,『ひとによるこのしん殿でんこわし,ひとによらないべつのものを3てる』とうのをきました」。(マルコ 14:58)しかしこの2人ふたりしょうげんも,かんぜんいっしているわけではありません。

カヤファはイエスにこうしつもんします。「なにこたえないのか。このひとたちがあなたにしょうげんをしているが,どうなのか」。(マルコ 14:60)うそのこくはつをするしょうにんたちのはつげんいても,イエスはだまったままです。そこでカヤファはべつ使つかいます。

カヤファは,ぶんかみだとしゅちょうするじんぶつたいしてユダヤじんびんはんのうしめすことをっています。ぜんイエスがかみのことをちちんださいにも,ユダヤじんたちは「ぶんかみのようなものとしている」としてイエスをころそうとしたことがありました。(ヨハネ 5:17,18; 10:31-39)カヤファはそうしたじょうっていたので,イエスにたくみにこうります。「きているかみけてちかってえ,あなたはかみキリストなのか」。(マタイ 26:63)これまでイエスはぶんかみであるとみとめてきました。(ヨハネ 3:18; 5:25; 11:4)もしいまだまったままでそのことをみとめないなら,ぶんかみまたキリストであることをていしているようないんしょうあたえてしまいます。それでイエスはこういます。「そのとおりです。あなたがたは,ひときょうりょくかたみぎすわり,またてんくもともるのをます」。(マルコ 14:62

これをいたカヤファはおおげさにふく,こうさけびます。「このものぼうとくした! これじょうしょうにんひつようでしょうか。みなさんはいまぼうとくこときました。どうおもいますか」。サンヘドリンは,「このものあたいする」とこたえ,こうせいとはぎゃくはんけつわたします。(マタイ 26:65,66

それからかれらはイエスをばかにし,こぶしでなぐはじめます。イエスをひらちし,かおつばけます。さらに,イエスのかおおおってからなぐり,「げんしてみろ! おまえをったのはだれか」というにくいます。(ルカ 22:64ほうさいばんにかけられたばんかみはこうしたじょくけたのです。