内容へ

目次へ

 105章

イチジクの木を使って信仰について教える

イチジクの木を使って信仰について教える

マタイ 21:19-27 マルコ 11:19-33 ルカ 20:1-8

  • れたイチジクのからしんこうについておしえる

  • イエスのけんはんされる

イエスはげつようにエルサレムをて,オリーブやまひがししゃめんにあるベタニヤにもどります。ゆうじんのラザロとマリアとマルタのいえまるようです。

ニサン11にちあさむかえました。イエスとたちはふたたびエルサレムにかいます。イエスがしん殿でんごすのはこんかいさいです。また,ひとびとでんどうするのもこのさいです。そのしばらくして,しをいわい,ぶんねんしきせいていし,さいばんけてしょけいされることになっています。

ベタニヤからオリーブやまとおってエルサレムにかうちゅう,ペテロがあのイチジクのきます。昨日きのうあさイエスからわざわいをせんこくされたです。それで,「ラビ,てください! あなたがわざわいをせんこくしたイチジクのれています」とおおごえいます。(マルコ 11:21

それにしても,どうしてイエスはこのらしたのでしょうか。そのゆうは,つぎのイエスのことからかります。「はっきりいます。しんこうってうたがわないなら,わたしがイチジクのにしたようなことができるだけでなく,このやまに,『がってうみはいれ』とっても,そうなります。しんこうっていのもとめるものすべてをけるのです」。(マタイ 21:21,22)ここでイエスは,しんこうやまをもうごかせるというきょうくんをもういちげているのです。(マタイ 17:20

イエスはイチジクのじっさいらすことにより,かみしんこうことのひつようせいおしえました。こうっています。「いのってもとめることはみなすでにあたえられたというしんこうちなさい。そうすれば,それをけることになります」。(マルコ 11:24)イエスのたちすべてにとってたいせつおしえですが,使たちにとってはまさにタイムリーなものでした。もなくれんちょくめんするからです。さらに,れたイチジクのしんこうしつについてべつのこともおしえています。

イスラエルこくみんはこのイチジクののように,けとなかちがっていました。かれらはかみけいやくむすんでおり,りっぽうまもっているようにえましたが,こくみんぜんたいとしてはしんこうけ,むすんでいませんでした。さらにかみ退しりぞけることまでしました。ですからイエスは,むすばないイチジクのらすことにより,むすばないしんこうけたこくみんさいはどうなるかをしめしたのです。

しばらくして,イエスとたちはエルサレムにはいります。イエスはこれまでとおなじようにしん殿でんき,ひとびとおしはじめます。すると,さいちょうちょうろうたちがやってます。おそらく,ぜんじつイエスがりょうがえたいしておこなったことをもんだいしているのでしょう。こうります。「どんなけんでこうしたことをするのか。こうしたことをするけんだれがあなたにあたえたのか」。(マルコ 11:28

イエスはこたえます。「1つしつもんします。それにこたえるなら,わたしもどんなけんでこれらのことをおこなうかをいましょう。ヨハネによるバプテスマはてんからのものでしたか,それともひとからのものでしたか。こたえてください」。こんはんたいしゃたちがこたえるばんです。さいちょうちょうろうたちはどうこたえればよいかはないます。「『てんから』とえば,『では,なぜかれしんじなかったのか』とうだろう。かといって,『ひとから』とえるだろうか」。かれらはぐんしゅうおそれていました。ぐんしゅうは,「ヨハネはたしかにげんしゃだったとおもっていた」からです。(マルコ 11:29-32

はんたいしゃたちはこたえがおもかず,「わたしたちはらない」といます。それでイエスは,「わたしも,どんなけんでこれらのことをおこなうかをいません」とこたえます。(マルコ 11:33