内容へ

目次へ

 2章

イエスは生まれる前から敬意を払われる

イエスは生まれる前から敬意を払われる

ルカ 1:34-56

  • マリアはしんぞくのエリサベツをたずねる

てん使ガブリエルはわかじょせいマリアに,あなたはイエスというまえおとこみ,そのえいえんおうとしてはいする,とはなします。すると,マリアはこうたずねます。「どうしてそのようなことがあるでしょうか。わたしおとこひとかんけいったことがありませんのに」。(ルカ 1:34

ガブリエルはつぎのようにこたえます。「せいれいがあなたにくだり,こうしゃちからがあなたをおおいます。それで,まれるせいなるものかみばれます」。(ルカ 1:35

このらせをれやすくするためだとおもわれますが,ガブリエルはこうつづけます。「なんと,しんぞくのエリサベツもあのとしにんしんし,どもができないといわれていたのがいまでは6カげつになります。かみにとっては,どんなせんげんのうではないのです」。(ルカ 1:36,37

マリアはガブリエルのらせをれます。それは,マリアのへんからかります。「ごらんください,わたしはエホバのれいでございます! あなたのせんげんどおりのことがわたしきますように」。(ルカ 1:38

ガブリエルがると,マリアはエリサベツをたずねるじゅんはじめます。エリサベツはおっとのゼカリヤと,エルサレムにちかいユダヤのさんんでいます。マリアのいえがあるナザレからは3から4かかります。

ゼカリヤのいえとうちゃくしたマリアは,なかはいってエリサベツにあいさつをします。するとエリサベツはせいれいたされ,マリアにこういます。「あなたはじょせいなかしゅくふくされたもの,あなたのおなかのしゅくふくされています! わたししゅははおやていただけるとはなんこうえいなことでしょう。わたしがあなたのあいさつをくと,わたしのおなかのよろこんでおどがりました」。(ルカ 1:42-44

マリアはそれをき,こころからかんしゃしています。「わたしはエホバをあがめ,わたしこころすくぬしであるかみのおかげでよろこびにあふれます。かみひくたちにあるれいわたしめてくださったからです。こん,あらゆるだいひとびとわたししあわせなひといます。きょうりょくかみらしいことをしてくださったからで[す]」。おおきなしゅくふくけたマリアが,かみをたたえたことにちゅうもくしてください。こうったのです。「そのかたせいなるものです。いつのだいも,かみあわれみがそのかたおそれるひとびとしめされます」。(ルカ 1:46-50

せいれいみちびきをけたマリアは,げんてきことでエホバをさんつづけます。「かみちからづようでものごとおこない,ごうまんこころものたちをらされました。けんりょくひとたちをそのからろし,ぶんひくひとたちをたかくされました。えたひとたちをいものでじゅうぶんたし,ゆうふくひとたちをぶらでらせました。かみはごぶんつかえるイスラエルをたすけにられました。あわれみをおわすれになりません。たちにおげになったとおり,アブラハムとそのそんあわれみをえいきゅうしめされるのです」。(ルカ 1:51-55

マリアはやく3カげつたいざいします。そのかんしゅっさんぢかいエリサベツをささえたことでしょう。かみちからによってにんしんしている2人ふたりちゅうじつじょせいが,このいっしょごせるのはらしいことです。

イエスがまれるまえからけいはらわれたことにちゅうもくしてください。エリサベツはイエスを「わたししゅ」とびました。また,マリアがはじめてほうもんしてきたとき,エリサベツのおなかのは「よろこんでおどがりました」。しかしおおくのひとは,マリアとまれてくるたいしてまったちがたいります。そのことはのちしょうげます。