内容へ

目次へ

 10章

イエスの家族はエルサレムに旅をする

イエスの家族はエルサレムに旅をする

ルカ 2:40-52

  • 12さいのイエスはきょうたちにしつもんする

  • イエスはエホバを「ちち」と

いまはるです。ヨセフのぞくともだちしんぞくいっしょれいねんどおりエルサレムにたびをするときがやってました。りっぽうどおり,しをいわうためです。(しんめい 16:16)ナザレからエルサレムまではやく120㌔あります。みなじゅんいそがしくしていますが,とてもたのしそうなふんです。12さいになったイエスは,まつりをこころちにしており,ふたたしん殿でんけるのでわくわくしています。

イエスとそのぞくにとって,しは1にちかぎりのイベントではありません。よくじつからこうパンのまつりがはじまり,7かんつづきます。(マルコ 14:1)このまつりはしのかんいちなされています。ですから,ナザレのいえしゅっぱつしてエルサレムへき,そこにたいざいしていえもどるまで,ごうけいやく2しゅうかんひつようになります。でもとしはもうすこながくなりました。エルサレムからかえちゅうで,イエスにかんれんしたあるごとしょうじたのです。

たびかえみち,ヨセフとマリアはイエスがしんぞくゆうじんたちといっしょにいるものとおもっていました。ところが,ちゅうひとばんまるときになっても,イエスはつかりません。いっしょにいるひとたちのなかさがしますが,やはりたりません。どこにもいないのです。それで,ヨセフとマリアはイエスをさがしにエルサレムへもどります。

2人ふたりは1にちじゅうさがまわりますが,つけることができません。2でした。しかし3になって,ついにつけます。しん殿でんにたくさんあるひろの1つにいたのです。イエスはユダヤじんきょうたちのなかすわってはなしいたりいろいろしつもんしたりしています。きょうたちはそのかいりょくにすっかりおどろいています。

マリアはこういます。「どうしてこんなことをしたの。おとうさんもおかあさんもひっさがしたのよ」。(ルカ 2:48

イエスはぶんがどこにいるのかおやからなかったとってびっくりします。そしてこうたずねます。「なぜさがされたのですか。わたしちちいえにいるはずだとおもわれなかったのですか」。(ルカ 2:49

こうしてふたたび3にんそろい,イエスはりょうしんいっしょにナザレにかえり,そのもヨセフとマリアにしたがつづけます。そして,つづせいちょうし,ますますかしこくなっていきます。まだわかくても,かみひとからのめぐみをけます。イエスはどもころから,エホバのすうはいたいするねっしんさとおやへのけいというめんりっほんしめしていたのです。