内容へ

目次へ

 8章

邪悪な支配者から逃げる

邪悪な支配者から逃げる

マタイ 2:13-23

  • イエスのぞくはエジプトにげる

  • ヨセフはぞくとナザレに

きんきゅうたいです。ヨセフはいそいでマリアをこします。たったいまエホバのてん使ゆめでヨセフにあらわれてこうったのです。「きて,どもとそのははおやれてエジプトにげ,わたしらせるまでとどまりなさい。ヘロデがこのさがしてころそうとしています」。(マタイ 2:13

すぐそのよるのうちに,ヨセフとマリアはイエスをれてげます。ほんとうあぶないところでした。ヘロデがせんせいじゅつたちにたいうらられたことにいたからです。ヘロデはかれらに,イエスをつけたならもどってきてほうこくするようにとめいじていました。ところが,せんせいじゅつたちはそうせずにぶんたちのくにかえってしまったのです。そこでヘロデはげきします。なんとかしてイエスをころそうとします。そしてベツレヘムとそのしゅうへんにいる2さいおとこぜんいんころせ,とめいじます。そのねんれいは,ひがしほうからせんせいじゅつたちのはなしもとしたものです。

ぞっとするようなごとです。なんにんおとこころされたのかはかりませんが,どもうばわれたははおやたちはつうごえげます。こうして,かみげんしゃエレミヤがかたったせいしょげんじつげんします。(エレミヤ 31:15

いっぽう,ヨセフとそのぞくはエジプトにげ,そこでしばらくらすことにします。あるばん,エホバのてん使ふたたゆめなかあらわれ,ヨセフにこうげます。「きて,どもとそのははおやれてイスラエルにきなさい。どもいのちねらっていたものたちはにました」。(マタイ 2:20)そこでヨセフは,やっとぞくきょうかえれるとかんがえます。このようにして,かみがエジプトからされる,というべつせいしょげんじつげんします。(ホセア 11:1

ヨセフは,ぞくとユダヤのベツレヘムのちかくに うとかんがえているようです。ベツレヘムはエジプトにげるまえんでいたしょでした。しかし,いまユダヤのおうとしてはいしているのはヘロデのじゃあく息子むすこアケラオです。それでかみは,ふたたびヨセフにゆめなかけいこくあたえます。そのため,ヨセフとぞくはさらにきたかい,ガリラヤほうのナザレというまちにやってます。ナザレはユダヤじんすうはいちゅうしんであったエルサレムからかなりはなれたところです。イエスはそのまちそだちます。こうして,「かれはナザレじんばれる」というもう1つのげんじつげんします。(マタイ 2:23