内容へ

目次へ

 1章

神からの2つの知らせ

神からの2つの知らせ

ルカ 1:5-33

  • てん使ガブリエルはバプテストのヨハネのたんじょうこくする

  • ガブリエルはマリアにイエスのたんじょうについてはな

せいしょぜんたいは,かみからのメッセージです。かみわたしたちをおしえるためにせいしょじゅんしました。これから,2000ねんじょうまえつたえられた2つのとくべつらせについてかんがえましょう。それらのじゅうようらせは,「かみのすぐまえもの」であるガブリエルというてん使によってつたえられました。(ルカ 1:19)そのときじょうきょう調しらべてみましょう。

西せいれきぜん3ねんごろのことです。ガブリエルはさいしょらせをだれつたえるのでしょうか。エルサレムからそれほどとおくないとおもわれるユダヤのさんに,エホバのさいであるゼカリヤというひとんでいます。ゼカリヤもつまエリサベツもこうれいになっていて,どもがいません。ある,ゼカリヤがとうばんのためエルサレムのしん殿でんさいごとをしていると,とつぜん,ガブリエルがこうだんちかくにあらわれます。

ゼカリヤはおそれをかんじます。それもとうぜんでしょう。しかしガブリエルはつぎのようにべてあんしんさせます。「ゼカリヤ,おそれることはありません。あなたのがんれられたからです。つまのエリサベツはおとこみます。そのをヨハネとけなさい」。それだけでなくガブリエルは,ヨハネが「エホバのまえだいひと」となり,「じゅんができたたみをエホバのためにととのえ」ることになるといます。(ルカ 1:13-17

でも,ゼカリヤにはとてもしんじられないことのようにおもえます。ぶんもエリサベツもこうれいだからです。するとガブリエルは,「これらのこときるまで,あなたはくちけなくなり,はなすことができません。わたしことしんじなかったからです」とはなします。(ルカ 1:20

そとっているひとびとは,ゼカリヤがなかなかてこないのでおもっています。やっとてきたとおもったら,ゼカリヤはぶりをするだけで,まったはなすことができません。きっと,しん殿でんなかなにかのせきたのでしょう。

ゼカリヤはしん殿でんでのごとえると,いえかえります。それからもなく,エリサベツはにんしんします。そして,あんせいにするため5カげつあいだいえごします。

ガブリエルはつぎに,だれあらわれましたか。マリアというわかじょせいにです。マリアはまだけっこんしておらず,ほっぽうのガリラヤといういきにあるまちナザレにんでいます。ガブリエルはどんならせをつたえるのでしょうか。こういます。「あなたはかみめぐみをました。あなたはにんしんしておとこみます。イエスとけなさい。そのだいものとなり,こうしゃばれます。……かれおうとしてヤコブのいええいきゅうはいします。そのおうこくわりはありません」。(ルカ 1:30-33

ガブリエルはこれら2つのらせをつたえることをたいせつてだとかんじたにちがいありません。ヨハネとイエスについてもうすこ調しらべていくなら,それらのらせがどれほどじゅうようなものかがかるでしょう。