内容へ

目次へ

 3章

道を整える者が生まれる

道を整える者が生まれる

ルカ 1:57-79

  • バプテストのヨハネがまれ,まえけられる

  • ゼカリヤはヨハネがしょうらいたすやくわりについてこくする

エリサベツのしゅっさんちかづいています。これまで3カげつあいだ,マリアはエリサベツのところごしていました。しかし,わかれのときがやってます。マリアはながたびをして,きたにあるナザレのいえかえらなければなりません。あとはんとしほどで,マリアにも息子むすこまれるていです。

マリアがしゅっぱつしてからもなく,エリサベツにどもまれます。うれしいことにしゅっさんわり,ははおやあかちゃんもけんこうです。エリサベツがまれたばかりの息子むすこきんじょひとしんぞくせると,みないっしょよろこんでくれます。

かみがイスラエルにあたえたりっぽうによると,おとこまれたなら,8かつれいけさせるひつようがありました。それからまえけました。(レビ 12:2,3)あるひとびとは,ゼカリヤの息子むすこなのだからゼカリヤというまえにするべきだ,といます。しかし,エリサベツは,「いいえ! このはヨハネとばれるのです」といます。(ルカ 1:60まれてくるをヨハネとけるようてん使ガブリエルからめいじられていたからです。

きんじょひとしんぞくはんたいし,「しんぞくなかに,そうばれているひと一人ひとりもいません」といます。(ルカ 1:61)そして,そのにどんなまえけたいか,ぶりでゼカリヤにたずねます。するとゼカリヤはいたもとめ,「まえはヨハネ」ときます。(ルカ 1:63

そのときせききます。ゼカリヤがふたたはなせるようになったのです。ゼカリヤは,エリサベツにどもまれるというてん使ガブリエルのことしんじなかったので,はなのうりょくうしなっていました。ですから,きんじょひとたちはたいへんおどろきます。そして,「このはどんなひとになるのだろうか」とかんがえます。(ルカ 1:66ひとびとは,ヨハネというまえけられたことにかみみちびきをかんじます。

ゼカリヤはせいれいたされてこういます。「イスラエルのかみエホバがさんされますように。ごぶんたみ ちゅうけ,きゅうしゅつされたからです。そして,ごぶんつかえたダビデのいえすくいのつのあらわれるようにしてくださいました」。(ルカ 1:68,69)「すくいのつの」とったとき,ゼカリヤはこれからまれるしゅイエスのことをべていました。そしてさらに,「かみは[そのかたによって]わたしたちをてきからすくしたのちおそれずにしんせいほうおこなえるようにしてくださいます。わたしたちはいつのかみまえちゅうせつただしくあるのです」とつづけます。(ルカ 1:74,75

ゼカリヤはぶん息子むすこについてつぎのようなこくをします。「わがよ,おまえはこうしゃげんしゃばれる。みちととのえるためにエホバのまえくからだ。そして,つみゆるしによるすくいについてたみらせる。それはかみあたたかいおもいやりによるのであり,このおもいやりによって,たかところからわたしたちにけがおとずれ,やみかげにいるひとたちにひかりあたえ,わたしたちをへいみちみちびく」。(ルカ 1:76-79ぼうあたえるなんらしいげんでしょう。

このころには,マリアはナザレのたくとうちゃくしています。でも,まだけっこんはしていません。もしにんしんしていることがみなられたら,マリアはいったいどうなってしまうのでしょうか。