内容へ

目次へ

 12章

バプテスマを受ける

バプテスマを受ける

マタイ 3:13-17 マルコ 1:9-11 ルカ 3:21,22 ヨハネ 1:32-34

  • イエスはバプテスマをけ,あぶらそそがれる

  • エホバはイエスをぶんであるとせんげんする

バプテストのヨハネがでんどうはじめてからやくはんとしがたちました。イエスはおよそ30さいになっています。そして,ヨルダンがわにいるヨハネのところへやってます。なんのためでしょうか。ただヨハネのところったのでも,そのかつどうすすあいたのでもありません。バプテスマをけようとしてたのです。

とうぜんのことながらヨハネは,「わたしこそあなたからバプテスマをけるひつようがあるのに,あなたがわたしところられるのですか」とって,イエスをめます。(マタイ 3:14)ヨハネはイエスがかみであることをっています。ははおやエリサベツのおなかのなかにいたヨハネは,イエスをにんしんしたマリアがたずねてときよろこんでびはねました。ヨハネは,そのことをエリサベツからおしえてもらったにちがいありません。また,ガブリエルがマリアにイエスのたんじょうこくしたことや,イエスがまれたばんてん使たちがひつじいにあらわれたこともいたでしょう。

ヨハネはぶんのバプテスマがつみあらためたひとのためのものであり,イエスにつみがないことをっています。それでヨハネがめても,イエスはゆずらず,「このたびはそうさせてください。このようにして,ただしいことをすべたすのは,わたしたちにとってふさわしいことです」といます。(マタイ 3:15

イエスがバプテスマをけるのはなぜただしいことですか。イエスのバプテスマは,つみあらためたことではなく,エホバのおこなうためにぶんすことをあらわしています。(ヘブライ 10:5-7)イエスはこれまでだいでした。しかし,でんどうはじめるときたのです。それは,てんちちがイエスをじょうつかわしたほんらいもくてきです。ヨハネは,イエスにバプテスマをほどこさいなにとくべつなことがきるのではないか,とたいしています。なぜでしょうか。

ヨハネはのちつぎのようにかたりました。「みずでバプテスマをほどこすようにわたしつかわしたかみいました。『せいれいくだってだれかのうえにとどまるのをたら,それこそせいれいでバプテスマをほどこものである』」。(ヨハネ 1:33)つまりヨハネは,ぶんがバプテスマをほどこだれかにせいれいくだることをそうしていたのです。ですから,イエスがみずからがったときに「かみせいれいがハトのようにくだってイエスのうえ のを」ても,おどろかなかったでしょう。(マタイ 3:16

しかしこのときべつのこともしょうじます。「てんひら[いた]」のです。これは,イエスがバプテスマのときに,てんでのおくもどしたことをしているようです。イエスは,じょうまえかみからおしえられたしんや,てんでどんなせいかつおくっていたかをおもしました。

さらに,てんから,「これはわたしあいするわたしはこののことをよろこんでいる」とせんげんするこえこえました。(マタイ 3:17)イエスはヨハネのまえにいたので,イエスのこえではありません。それはかみこえでした。ですからイエスがかみであり,かみでないことはあきらかです。

じょうにいたときのイエスは,アダムとおなじで,かみであってもにんげんでした。ルカは,イエスのバプテスマについていたのち,こうしるしています。「イエスはかつどうかいしたとき,およそ30さいで,ひとびとけんでは,ヨセフのであった。ヨセフのちちはヘリで,さかのぼると,……ダビデ……アブラハム……ノア……アダムにいたる。そしてアダムはかみであった」。(ルカ 3:23-38

イエスはアダムとおなじく,「かみ」でありにんげんでもありました。しかし,バプテスマをけたときに,かみとのあたらしいかんけいはいり,せいれいによってされたかみになりました。そのようなわけで,イエスはかみしんおしえ,いのちへのみちしめすのにふさわしいかたです。こののちイエスは,つみぶかじんるいのために,ぶんにんげんとしてのいのちせいとしてみちあゆはじめます。