内容へ

目次へ

 19章

サマリア人の女性を教える

サマリア人の女性を教える

ヨハネ 4:3-43

  • イエスはサマリアじんじょせいひとたちをおしえる

  • かみよろこすうはい

ユダヤからきたのガリラヤにかうちゅう,イエスとたちはサマリアほうとおります。みなたびつかれています。それでしょうごろ,スカルというまちのそばにあるところきゅうけいします。そのは,なんせいまえにヤコブがったか,おかねはらってらせたようです。げんざいでも,そのはナブルスというちかくにのこっています。

イエスがのそばできゅうけいしているあいだたちはちかくのまちものいにきます。たちがけたのち,サマリアじんじょせいみずをくみにやってます。イエスはそのじょせいに,「みずませてください」といます。(ヨハネ 4:7

ユダヤじんとサマリアじんあいだにはぶかへんけんがあるので,つうかかわりをちません。それで,じょせいはびっくりし,「ユダヤじんのあなたが,サマリアじんじょせいわたしに,みずませてほしいとうのはどうしてですか」とたずねます。イエスはこうこたえます。「もしあなたがかみしょうおくものについてっていて,『みずませてください』とったのがだれなのかかっていたなら,あなたはそのひともとめ,そのひときたみずあたえたことでしょう」。すると,じょせいいます。「だんさま,あなたはみずをくむものっていませんし,このふかいです。そのきたみずをどこからってくるのですか。あなたはわたしたちのヤコブよりえらかたではありませんよね。ヤコブはこのわたしたちにあたえ,息子むすこちくたちといっしょにここからみました」。(ヨハネ 4:9-12

それにたいしイエスは,「このみずひとみなふたたのどかわきます。しかし,わたしあたえるみずひとけっしてのどかわくことがなく,わたしあたえるみずはそのひとなかいずみとなって,えいえんいのちあたえるみずがらせます」とはなします。(ヨハネ 4:13,14)イエスはつかれています。それでも,いのちあたえるしんことよろこんでかたります。

じょせいが,「だんさま,そのみずください。もうのどかわかないように,ここまでみずをくみになくてもいいようにしてください」とたのむと,イエスはだいえ,「って,おっとんできなさい」といます。じょせいは,「おっとはいません」とこたえます。つぎにイエスがべたことに,このじょせいしょうげきけたにちがいありません。イエスはこうったのです。「『おっとはいません』とあなたはただしくこたえました。5にんおっとがいましたが,いまいるのはおっとではないからです」。(ヨハネ 4:15-18

そのことからイエスがどんなひとかをかいしたじょせいはすっかりおどろき,「だんさま,あなたはげんしゃですね」といます。そして,かみへのすうはいかんしんがあることをしめし,こうつづけます。「わたしたち[サマリアじん]のはこのやま[ちかくにあるゲリジムさん]ですうはいしましたが,あなたがた[ユダヤじん]は,エルサレムですうはいしなければならないといます」。(ヨハネ 4:19,20

しかしイエスは,どこですうはいおこなうかはじゅうようでないことをしめし,「あなたがたがこのやまでもエルサレムでもないところてんちちすうはいするときます」とはなします。そして,さらにこういます。「しんすうはいしゃせいれいしんみちびかれてちちすうはいするときます。いまがそのときです。 じっさいちちは,ぶんをそのようにすうはいするひとたちをもとめています」。(ヨハネ 4:21,23,24

かみしんすうはいじゅうようしているのは,どこですうはいするかではなく,どのようにすうはいするかです。じょせいかんげきしています。「わたしは,メシアがることをっています。キリストとばれるかたです。そのかたたら,すべてのことをはっきりらせてくださいます」。(ヨハネ 4:25

ここでイエスはたいせつしんあきらかにし,「あなたとはなしているわたしがそうです」とげます。(ヨハネ 4:26かんがえてみてください。このじょせいひるみずをくみにて,イエスがメシアだということをおしえられたのです。これはほんとうとくべつなことです。イエスがまだひとびとまえではっきりとおしえていないことだからです。

おおくのサマリアじんしんじる

イエスのたちがものってスカルからかえってきます。すると,ヤコブのところで,イエスがサマリアじんじょせいはなしています。そのじょせいたちがもどってくると,みずがめをのこしたまままちきます。

じょせいはスカルにくと,イエスからいたことをひとびとくわしくはなします。そして,「てください。わたしがしたことすべてたひとがいます」とつよすすめます。そして,こうしんげきして,「もしかしたら,このひとがキリストではないでしょうか」といます。(ヨハネ 4:29)このしつもんじゅうようなテーマにれていました。モーセのだいから,このテーマはかんしんまとだったからです。(しんめい 18:18まちひとたちはイエスにいにきます。

たちはってきたものをイエスにすすめます。しかしイエスが,「わたしにはあなたたちがらないものがあります」とったため,たちはたがいに,「だれべるものわたしていないはずだが」といます。そこでイエスはそのことしんせつせつめいします。イエスのすべてにおおきなえいきょうあたえるせつめいです。「わたしものとは,わたしつかわしたかたおこない,あたえられたごとげることです」。(ヨハネ 4:32-34

 イエスのしようとしていたごとは,こくもつしゅうかくのことではありません。それは4カげつさきのことだからです。イエスはてきしゅうかくについてはなしていたのです。こうせつめいしています。「げてはたけなさい。もういろづいてしゅうかくできます。すでに,ひとほうしゅうって,えいえんいのちいたあつめています。こうして,まくひとひとともよろこびます」。(ヨハネ 4:35,36

イエスは,サマリアじんじょせいったことがむすびつつあることにいているようです。スカルのおおぜいひとたちはイエスにしんこうはじめます。そのじょせいが,イエスは「わたしがしたことすべてました」としょうげんしたからです。(ヨハネ 4:39)それで,スカルのひとたちはのそばにやってとき,もっとながくいてはなしをしてほしい,とイエスにたのみます。イエスはそのもうれ,さらに2サマリアにとどまります。

イエスのはなしき,さらにおおくのサマリアじんがイエスにしんこうちます。ひとびとれいじょせいに,「もう,あなたがったからしんじているのではない。ぶんいて,このひとたしかにじんるいすくぬしだということがかったのだ」といます。(ヨハネ 4:42)サマリアじんじょせいりっはんから,キリストについてどのようにしょうげんすればよいかをまなべます。もっとはなしきたいとおもってもらえるように,ひとびとこうしんげきするのです。

おおむぎしゅうかくまでは,まだ4カげつあります。このいきではおおむぎしゅうかくはるおこなわれるので,いまは11がつか12がつくらいでしょう。ですから,イエスとたちは西せいれき30ねんしののち,ユダヤでおしえたりバプテスマをほどこしたりしながら8カげつほどごしたことがかります。これから,かれらはもとであるきたのガリラヤにかいます。そこではどんなことがけているでしょうか。