内容へ

目次へ

 92章

重い皮膚病を癒やされた1人の人が感謝を示す

重い皮膚病を癒やされた1人の人が感謝を示す

ルカ 17:11-19

  • イエスは10にんおもびょうひとやす

イエスはぶんころそうとするサンヘドリンのけいかくり,エルサレムのほくとうほうにあるエフライムというまちのがれます。そして,てきからはなれたそのしょたちといっしょごします。(ヨハネ 11:54)でも,西せいれき33ねんしがちかづいているのでまたどうはじめ,サマリアをとおってきたのガリラヤにかいます。イエスがくなるまえにそのいきおとずれるのは,これがさいです。

イエスがたびはじめ,むらからむらどうしていると,おもびょうだんせい10にんいます。このびょうにかかると,あしゆびや,みみなどのかんじょじょうしなわれるあいがあります。(みんすう 12:10-12りっぽうでは,おもびょうひとは,「けがれている,けがれている!」とさけばなければならず,ほかのひとからはなれてせいかつしなければなりませんでした。(レビ 13:45,46

それで10にんだんせいはなれたところからイエスにかっておおごえでこういます。「イエス,せんせいあわれみをおけください!」 するとイエスはそのひとたちをて,「ぶんさいせにきなさい」といます。(ルカ 17:13,14)イエスはそうすることによってりっぽうへのけいあらわしました。りっぽうでは,さいたちがおもびょうなおったかどうかはんだんし,そのひときよいとせんげんすることになっていたからです。そうなれば,けんこうひとたちといっしょらせるようになります。(レビ 13:9-17

10にんだんせいせきおこなうイエスのちからかくしんいだいています。それで,やされるまえに,さいいにきます。そのちゅうかれらのイエスにたいするしんこうしゅくふくされます。からだけんこうになっていくのをぶん,またかんじたのです。

きよくなった9にんだんせいはそのままってしまいます。でも1人ひとりちがいました。このひとはサマリアじんでしたが,かえしてイエスをさがします。イエスにふかかんしゃしていたのです。そして,これがかみによるせきであることをみとめ,「おおごえかみをたたえ」ました。(ルカ 17:15)イエスをつけると,だんせいあしもとにひれしてかんしゃします。

イエスはぶんいっしょにいるひとたちにこういます。「10にんぜんいんやされたのではありませんか。では,ほかの9にんはどこにいるのですか。かみをたたえるためにもどってきたのは,このこくひとだけなのですか」。それからイエスはサマリアじんだんせいいます。「って,きなさい。あなたがくなったのはしんこうがあったからです」。(ルカ 17:17-19

イエスは10にんだんせいやし,エホバかみからちからあたえられていることをしめしました。そして,10にんのうちの1人ひとりはイエスにやされただけでなく,いのちみちあゆはじめました。いまだいかみがイエスをとおしてそうしたやしをおこなうことはありません。しかし,イエスにしんこういだくなら,えいえんいのちへのみちあゆむことができます。ではわたしたちは,サマリアじんだんせいのように,そのみちあゆかいあたえられていることにかんしゃあらわすでしょうか。