内容へ

目次へ

 96章

若くて裕福な支配者の質問に答える

若くて裕福な支配者の質問に答える

マタイ 19:16-30 マルコ 10:17-31 ルカ 18:18-30

  • ゆうふくだんせいえいえんいのちについてしつもんする

イエスはエルサレムをしてペレアをたびしています。するとわかくてゆうふくはいしゃがイエスのところはしってきてひざまずきます。このひとは「あるはいしゃ」とわれていますが,かいどうしゅさいやくいんかサンヘドリンのせいいんなのでしょう。こうしつもんします。「せんせいえいえんいのちけるにはなにをしなければなりませんか」。(ルカ 8:41; 18:18; 24:20

イエスは,「なぜわたしのことをいとぶのですか。かみがいものだれもいません」とこたえます。(ルカ 18:19)このわかはいしゃはラビたちがしているように,「い」ということしょうごうとして使つかっているようです。イエスはすぐれたきょうです。それでもイエスは,「い」というしょうごうにふさわしいのはかみだけであるとおしえます。

イエスはそのひとに,「いのちけたいなら,おきてをえずまもりなさい」とすすめます。だんせいは,「どのおきてですか」とたずねます。イエスはじっかいから,さつじんかんいんぬすみ,いつわりのしょうげんおやうやまうことについてのめいれいいんようします。それから,もっとじゅうようめいれい,「りんじんぶんしんのようにあいさなければならない」をくわえます。(マタイ 19:17-19

だんせいは,「そのすべてをまもってきました。まだなにりないのですか」といます。(マタイ 19:20えいえんいのちるにはさらになにはなばなしいことをしなければならないとかんがえていたのかもしれません。イエスはあいのひたむきさをかんり,そのひとに「あいいだ」きます。(マルコ 10:21)しかし,そのひとには1つ,しょうがいとなるものがありました。

しょゆうぶつつよあいちゃくがあったのです。それでイエスはこういます。「あなたには1つのことがけています。って,っているものすべり,まずしいひとたちにあたえなさい。そうすれば,てんたからつようになります。それ からて,わたしになりなさい」。そのひとは,なんのおかえしもできないまずしいひとたちにおかねあたえて,イエスのになることができたはずです。しかしそのひとかなしげに,そのります。イエスはそれをあわれみをかんじたことでしょう。そのひとは「おおくのさん」にあいちゃくいだいていたので,ほんものたからえなくなっていたのです。(マルコ 10:21,22)イエスはこういます。「おかねひとびとかみおうこくはいっていくのはなんむずかしいのでしょう」。(ルカ 18:24

イエスはたちをおどろかせることをさらにかたります。「じっさいゆうふくひとかみおうこくはいるよりは,ラクダがばりあなとおほうかんたんです」。それでたちは,「いったいだれすくわれるのでしょうか」とたずねます。すくわれるのはむずかぎることなのでしょうか。イエスはたちをじっとてこうこたえます。「ひとにはのうなこともかみにはのうです」。(ルカ 18:25-27

ペテロはそのゆうふくだんせいとはちがかたをしてきたことをしめし,「てください! わたしたちはすべてのものをあとにして,あなたにしたがってきました。わたしたちはなにけるのでしょうか」としつもんします。イエスはそれにこたえて,ただしいかたがどんなけっになるかをおしえます。「さいそうぞうさいひとえいこうすわときに,わたししたがってきたあなたたちも12のすわり,イスラエルの12ぞくさばきます」。(マタイ 19:27,28

イエスは,エデンのそのられたじょうたいじょうさいそうぞうされるときのことをっていました。しょうらいペテロやたちはむくいをけ,イエスとともじょうらくえんはいするのです。そのむくいはどんなせいでもはらがあるらしいものです。

むくいはしょうらいだけでなく,いまでもけいけんできます。イエスはこういます。「かみおうこくのために,いえつまきょうだいおや,あるいはどもあとにしたひとみな,このなんばいて,あたらしいたいせいえいえんいのちます」。(ルカ 18:29,30

たちはどこへっても,なかすうはいしゃたちとのらしいゆうじょうたのしめます。それはぞくよりもつよくてちょうきずなです。ざんねんながら,さきほどのわかくてゆうふくはいしゃは,そうしたしゅくふくかみてんおうこくでのいのちそこなってしまったとえるでしょう。

イエスはさらにこうはなします。「しかし,おおくのさいしょひとたちがさいに,さいひとたちがさいしょになります」。(マタイ 19:30)これはどういうでしょうか。

そのわかはいしゃは,ユダヤじんどうしゃたちとおなじ「さいしょひとたち」にぞくしていました。かみめいれいまもひとであり,イエスのとなっておおくのいことをおこなえるみがありました。しかし,おかねしょゆうぶつだいいちにしていたのです。たいしょうてきに,たみとされるいっぱんひとたちはイエスのおしえがしんであり,いのちみちびくものであることをかいするようになりました。いわば「さいひとたち」が「さいしょ」になったのです。かれらには,イエスとともてんおうし,じょうのパラダイスをはいするぼうがあります。