内容へ

目次へ

 83章

食事に招く

食事に招く

ルカ 14:7-24

  • けんそんさについてのおし

  • しょうたいきゃくわけをする

イエスはすいしゅわずらだんせいやしたあとも,パリサイひといえにいます。イエスはきゃくたちがしょすわろうとしているのをて,けんそんさについておしえます。

けっこんろうえんまねかれたとき,もっとしょってはなりません。もしかすると,あなたよりじゅうようひとまねかれているかもしれません。そのあいまねいたひとから,『このかたしょゆずってください』とわれます。そのときずかしいおもいをしながらもっとくないしょうつることになります」。(ルカ 14:8,9

イエスはさらにはなします。「まねかれたときは,って,もっとくないしょきなさい。そうすると,まねいたひとから,『ともよ,もっとしょってください』とわれます。そのときいっしょにいるすべてのきゃくまえほまれをけます」。これはたんに,いマナーをしめすようにというおしえではありません。イエスはこうせつめいします。「こうまんになるひとみなひくひょうされ,けんそんになるひとたかひょうされるのです」。(ルカ 14:10,11)イエスは,けんそんさをけるようにとおしえていたのです。

つぎにイエスは,ぶんまねいたパリサイひとに,かみめぐみをるにはどんなひとたちをしょくまねけばよいかについておしえます。「ちゅうしょくかいゆうしょくかいもうけるときには,ゆうじんきょうだいしんぞくゆうふくりんじんなどをんではなりません。そのひとたちをぶと,おかえしにまねかれてむくわれるでしょう。むしろ,えんかいもうけるときには,まずしいひとからだゆうひとあしゆうひともうもくひとなどをまねきなさい。そうするならしあわせです。そのひとたちにはあなたにむくいるものがなにもないからです」。(ルカ 14:12-14

ともだちしんぞくきんじょひとしょくぶのはつうのことです。イエスはそれがちがっているとっているのではありません。まずしいひとからだゆうひともうもくひとといったよわたちひとしょくまねくならおおきなしゅくふくけるということをきょう調ちょうしていたのです。イエスはぶんまねいたパリサイひとに,「あなたは,ただしいひとたちがふっかつするときむくいをけます」といます。するときゃく1人ひとりが,「かみおうこくしょくをするひとしあわせです」といます。(ルカ 14:15)このだんせいは,それがほんとうこうえいなことだとかんがえていたのです。とはいえ,みながそのひとおなかたをしているわけではありません。イエスはそのことについてあるたとえをはなします。

「あるだんせいせいだいゆうしょくかいもうけて,おおぜいひとまねきました。そして……れいつかわして,まねいておいたひとたちにいました。『おいでください。すべようができました』。ところが,みないちようわけをしはじめました。さいしょひといました。『はたけったので,かなければなりません。すみませんが,うかがえません』。べつひといました。『うしを5ついったので,調しらべにくところです。すみませんが,うかがえません』。またべつひといました。『けっこんしたばかりなので,しゅっせきできません』」。(ルカ 14:16-20

なんとひどいわけでしょう。はたけちくまえ調しらべるのがつうです。ったあといそいでひつようはありません。また3ばんひとけっこんじゅんをしていたのではなく,すでにけっこんしていました。たいせつしょうたいことわゆうはなかったはずです。しゅじんはこうしたわけくとおこり,れいにこうめいじます。

いそいでまちおおどおりやき,まずしいひとからだゆうひともうもくひとあしゆうひとをここにれてきなさい」。れいめいじられたとおりにしますが,まだきがあります。それでしゅじんれいにこういます。「どうみちていき,にでもひとびとさせ,いえをいっぱいにしなさい。まねかれていたあのひとたちはだれわたし ゆうしょくかいべることはできないのだ」。(ルカ 14:21-24

このたとえは,エホバかみがイエス・キリストをつかわしててんおうこくはいるようひとびとしょうたいするようをよくあらわしています。さいしょおもにユダヤじんしゅうきょうどうしゃたちがしょうたいされました。しかし,イエスがでんどうしたかんちゅうかれらのたいはんはそのしょうたいことわりました。とはいえ,しょうたいされたのはかれらだけではありません。イエスは,しょうらいたちひくいユダヤじんたちやかいしゅうしゃしょうたいされることをはっきりしめしています。そしてさいに,ユダヤじんかみすうはいにふさわしくないとなしていたひとびとしょうたいされます。(使 10:28-48

イエスのおしえたことがらは,きゃく1人ひとりったことしんじつであることをうらけています。「かみおうこくしょくをするひとしあわせです」。