内容へ

目次へ

 90章

「私は復活であり,命です」

「私は復活であり,命です」

ヨハネ 11:17-37

  • イエスはラザロがくなってからとうちゃくする

  • わたしふっかつであり,いのちです」

イエスはペレアをはなれ,エルサレムからひがしに3㌔ほどのところにあるベタニヤのむらはずれにます。マリアとマルタはきょうだいラザロをくしたばかりでかなしみにれています。おおぜいひと2人ふたりづかうためにやってます。

マルタはイエスがているとると,イエスのところいそぎ,「しゅよ,もしここにいてくださったなら,わたしきょうだいななかったでしょう」といます。マルタもマリアも,ラザロの4かんずっとそのことをかんがえていたのでしょう。しかし,マルタはぼうてず,「あなたがもとめるどんなこともかみがかなえてくださるといまでもしんじています」といます。(ヨハネ 11:21,22)イエスがラザロをたすけてくれるとおもっているのです。

イエスは,「あなたのきょうだいかえります」とこたえます。マルタは,アブラハムやひとたちがいだいていたぼう,つまりしょうらいじょうでのふっかつについてイエスがはなしているのだとかんがえます。そして,ぶんがそれをしんじていることをあらわし,「かれわりのふっかつさいかえることはっています」といます。(ヨハネ 11:23,24

とはいえ,イエスならすぐにたすけることができるのではないでしょうか。イエスはかみからせいするちからあたえられていることをマルタにおもさせ,こういます。「わたししんこういだひとんでもかえります。そして,きていてわたししんこういだひとみなけっしてぬことがありません」。(ヨハネ 11:25,26

これは,そのとききているたちがけっしてなないというではありません。イエスがはなしてきたとおり,イエスしんにます。(マタイ 16:21; 17:22,23)しかし,イエスにしんこういだくならえいえんいのちられるのです。おおくのひとふっかつにそのいのちますが,このたいせいわりにきているちゅうじつひとたちのなかには,けっしてけいけんしないひとがいます。いずれにせよ,イエスにしんこういだひとみなえいえんけいけんしないのです。

イエスは,「わたしふっかつであり,いのちです」といましたが,4たつラザロをたすけられるでしょうか。イエスがマルタに,「このことをしんじますか」としつもんすると,マルタは,「はい,しゅよ。あなたがキリストで,かみで,ることになっていたかただとしんじています」とこたえます。マルタは,イエスがこれからなにかしてくださるにちがいないとおもい,いそいでいえもどってマリアに,「せんせいていて,あなたをんでいます」といます。(ヨハネ 11:25-28)それをいてマリアはいえます。ひとびとかのじょがラザロのはかくのだろうとおもい,いていきます。

ところがマリアはイエスのところきます。そして,あしもとにひれしてき,マルタとおなじように,「しゅよ,もしここにいてくださったなら,わたしきょうだいななかったでしょう」といます。マリアやおおぜいひといているのをると,イエスはふかくうめいてのうし,なみだながします。それをひとたちは,イエスがラザロをふかあいしていたことをります。しかしあるひとたちは,まれつきえないだんせいやしたイエスが,ラザロのふせげなかったのだろうか,といます。(ヨハネ 11:32,37