内容へ

目次へ

 93章

人の子が現れる

人の子が現れる

ルカ 17:20-37

  • おうこくかれらのただなかにある

  • イエスがあらわれるとき,どのようなじょうたいになるか

イエスはサマリアかガリラヤにいます。パリサイひとたちはイエスに,おうこくることについてしつもんします。かれらはおうこくはなばなしくどうどうとうじょうするとたいしているのです。しかしイエスはこういます。「かみおうこくようるのではなく,またひとびとが『ここをなさい!』とか『そこを!』とかうのでもありません。なさい,かみおうこくはあなたがたのただなかにあります」。(ルカ 17:20,21

このイエスのことを,おうこくかみつかえるひとたちのこころなかにある,というひともいるようです。しかし,そうではありません。おうこくはイエスがはなしていたあい,つまりパリサイひとたちのこころなかではなく,かれらのただなかにあるのです。かみおうこくおうとしてえらばれたイエスが,まさにかれらのまえにいたからです。(マタイ 21:5

イエスは,おそらくパリサイひとたちがってから,おうこくることについてたちにくわしくはなします。まず,ぶんおうこくけんをもってりんざいすることについて,ちゅうすべきてんおしえます。「あなたたちがひとときを1にちでもたいとねがときます。しかし,られません」。(ルカ 17:22)イエスは,ひとおうこくはいするのはまださきであるとっています。あるたちはそのときはやてほしいとおもうでしょう。しかし,かみさだめたときるまでずっとたなければなりません。

イエスのはなしつづきます。「ひとびとが『そこをなさい!』とか『ここをなさい!』とかいます。ていったりあとけたりしてはなりません。いなずまてんいっぽうからほうまでひかかがやくように,ひとぶんにそのようになるからです」。(ルカ 17:23,24たちはにせのメシアをけるひつようはありません。イエスは,ほんもののメシアはおおくのしょからえるいなずまのようだ,といました。ですから,イエスがおうこくけんをもってりんざいしていることのしょうは,ちゅうぶかひとたちすべてにはっきりえるのです。

それからイエスはそのときのことをむかしごとかくし,ひとびとがどのようなたいるかをはなします。「ひとときにはちょうどノアのだいのようなことがしょうじます。……おなじく,ちょうどロトのだいのようなことがしょうじます。ひとびとべたり,んだり,ったり,ったり,えたり,てたりしていました。しかし,ロトがソドムからてんからおうってすべてのひとほろぼしました。ひとあらわれるどうようです」。(ルカ 17:26-30

イエスは,ノアのだいとロトのだいひとびとが,べたり,んだり,ったり,ったり,えたり,てたりといっただんどおりのせいかつおくっていたためにほろぼされた,とっているのではありません。ノアもロトもそのぞくも,そういうことはしていました。でも,ほかのひとたちは かみまったにせずにらし,ぶんがどんなだいにいるかをかんがえようとしませんでした。ですからイエスは,かみによくちゅうはらい,それをねっしんおこなうようすすめています。それが,かみほろびをもたらすときされ,つづけるほうほうなのです。

たちはことがららされないようにすべきです。イエスはこういます。「そのおくじょうにいるひとは,いえなかものがあってもりにりてはならず,はたけているひとも,ものりにかえってはなりません。ロトのつまのことをおもしなさい」。(ルカ 17:31,32)ロトのつましおはしらになってしまいました。

イエスは,ひとおうとしてはいするときしょうじるじょうきょうをさらにこうせつめいします。「そのよる2人ふたりが1つのどこにいて,いっぽうれていかれ,ほうてられます」。(ルカ 17:34)あるひとたちはすくわれますが,あるひとたちはてられていのちうしないます。

するとたちは,「しゅよ,どこでですか」としつもんします。それにたいしイエスは,「たいのあるところにはワシもあつまります」とこたえます。(ルカ 17:37たちはするどりょくつワシのように,ほんもののキリスト,つまりひともとあつまります。そのとき,イエスはしんこういだたちをいのちすくしんやしないます。