内容へ

目次へ

 97章

ブドウ園の労働者の例え話

ブドウ園の労働者の例え話

マタイ 20:1-16

  • ブドウえんろうどうしゃの「さいひとたち」が「さいしょ」になる

イエスはペレアで,「おおくのさいしょひとたちがさいに,さいひとたちがさいしょになります」とおしえました。(マタイ 19:30)それから,そのてんうらけるため,ブドウえんろうどうしゃたとばなしはじめます。

てんおうこくは,あるいえしゅじんのよう……です。しゅじんは,ブドウえんろうどうしゃやとうためにあさはやけました。ろうどうしゃたちと1にち1デナリでごうし,ブドウえんかせました。ぜん9ごろにもけると,ごとがなくてひろっているひとたちがいました。そこで,『あなたたちもブドウえんきなさい。そうおうちんぎんはらいます』といました。それでそのひとたちはきました。しゅじんひるの12ごろと3ごろにもけて,おなじようにしました。さいに,5ごろにけて,ほかにもっているひとたちをつけ,いました。『なぜごとをしないでいちにちじゅうここにっていたのですか』。そのひとたちはいました。『だれやとってくれなかったからです』。しゅじんいました。『あなたたちもブドウえんきなさい』」。(マタイ 20:1-7

このはなしいていたひとびとは,「てんおうこく」や「いえしゅじん」ということいてエホバかみについてかんがえたことでしょう。せいしょではブドウえんしょゆうしゃはエホバをあらわしているからです。ブドウえんとはイスラエルこくみんのことでした。(へん 80:8,9。イザヤ 5:3,4)イエスのはなしでは,りっぽうけいやくはいっているひとたちがブドウえんろうどうしゃたとえられています。しかしイエスがかたっているのは,ではなく,そのとうじょうきょうです。

こんもんだいについてイエスをためそうとしたパリサイのようなしゅうきょうどうしゃたちは,かみへのすうはいのためにはたらつづけているとなされています。ですから,まる1にちはたらいて1デナリのちんぎんたいしているろうどうしゃのようです。

そのようなしゅうきょうどうしゃたちはいっぱんのユダヤじんを,ブドウえんたんかんだけはたらろうどうしゃのように,かみにそれほどほうしていないひとたちとています。イエスのたとばなしではそれらのひとたちはあさの9ごろ,ひるの12ごろ,3ごろ,5ごろにやとわれたひとたちです。

イエスにしたがひとびとは,「かみはなされている」となされています。(ヨハネ 7:49りょうなどのごとをしてきたひとたちです。しかし,西せいれき29ねんあきに「ブドウえんしゅじん」はイエスをつかわし,そのようなたちひくひとたちに,となってかみのためにはたらくようけました。かれらはイエスがべた「さいひとたち」であり,5ごろブドウえんやとわれたひとたります。

イエスはこのたとばなしさいで,1にちわりごろのことをせつめいします。「ゆうがたになったとき,ブドウえんしゅじんせきにんしゃいました。『ろうどうしゃたちをんで,ちんぎんはらいなさい。さいひとからじゅんさいしょひとまでです』。5ひとたちがて,それぞれ1デナリをりました。それで,さいしょひとたちはとき,もっとれるとかんがえましたが,やはり1デナリずつでした。それをると,いえしゅじんもんはじめ,『このさいひとたちは1かんはたらいただけです。それなのに,あつさのなかいちにちじゅうはたらいたわたしたちとおなあつかいなのですか!』といました。しかししゅじんはその1人ひとりいました。『あなたにとうなことはなにもしていません。1デナリでごうしたではありませんか。ぶんぶんって,きなさい。このさいひとにもあなたとおなじようにあたえたいのです。わたしぶんのものでのぞむことをしてもいいのではありませんか。それとも,わたしぜんりょうなので,あなたはねたむのですか』。このように,さいひとたちがさいしょに,さいしょひとたちがさいになります」。(マタイ 20:8-16

たちはそのことりたいとおもったこと でしょう。ぶんのことを「さいしょひとたち」とかんがえていたユダヤじんしゅうきょうどうしゃたちは,どのようにして「さい」になるのでしょうか。イエスのたちは,どのようにして「さいしょ」になるのでしょうか。

イエスのたちはしゅうきょうどうしゃたちから「さいひとたち」とられていましたが,1にちぶんちんぎんることにより「さいしょ」になります。かみはイエスのとともにイスラエルこくみんて,あたらしいこくみんとして「かみのイスラエル」をえらびます。それはおおきなへんでした。(ガラテア 6:16。マタイ 23:38)バプテストのヨハネも,せいれいによるバプテスマについてべたときに,あたらしい「かみのイスラエル」となるひとたちのことにれました。「さいひとたち」がさいしょになったのは,かれらがせいれいによるバプテスマをけ,「じょうもっととおところにまで」イエスのしょうにんになるというとくべつごとあたえられたときです。(使 1:5,8。マタイ 3:11)イエスがべたおおきなへんかいしたたちは,「さい」になったしゅうきょうどうしゃたちからのはげしいはんたいしたことでしょう。