内容へ

目次へ

 98章

使徒たちは再び目立った立場を求める

使徒たちは再び目立った立場を求める

マタイ 20:17-28 マルコ 10:32-45 ルカ 18:31-34

  • イエスはふたたぶんこくする

  • ったたちもとめる使たちをおしえる

イエスとたちはみなみのエルサレムをしてペレアをたびしてきました。そのたびわりごろ,エリコきんぺんのヨルダンがわわたります。西せいれき33ねんしをいわうためかれらといっしょりょこうするひとたちもいます。

イエスはしのまでにエルサレムにけるよう,しっかりしたあしりでたちのせんとうあるいています。しかし,たちはあんです。すこまえ,ラザロがんでイエスがペレアからユダヤにはいろうとしたとき,トマスはなかたちに,「わたしたちもこう。ともぬのだ」といました。(ヨハネ 11:16,47-53)エルサレムにくのはけんです。たちのちはよくかります。

イエスはこれからこることがらそなえさせるため,使たちをわきれていき,こういます。「わたしたちはエルサレムにのぼっていきます。ひとさいちょうりっぽうがくしゃたちにわたされ,あたいするとだんざいされてこくひとびとわたされます。ひとはあざけられ,むちたれ,くいけられてにます。そして3かえります」。(マタイ 20:18,19

イエスがぶんふっかつについてたちにかたるのはこれが3です。(マタイ 16:21; 17:22,23)でもこのときイエスは,ぶんくいけられてぬ,といました。たちはいてもかりません。おそらく,イスラエルのおうこくじょうかいふくされるのをたいしていたのでしょう。キリストとともじょうおうこくえいこうえいけたいのです。

使であるヤコブとヨハネのははおや(サロメとおもわれる)もいっしょりょこうしていました。イエスはそれら2人ふたり使たちに「かみなりたち」をするまえあたえました。2人ふたりしょうはげしかったからでしょう。(マルコ 3:17。ルカ 9:54)この使たちはぜんから,キリストのおうこくったたちたいというしんいだいていまし た。ははおやはそのことをり,息子むすこたちのわりにイエスにちかづき,をかがめてイエスにたのごとをします。イエスが「ねがいはなんですか」とくと,ははおやは,「この息子むすこたちがあなたのおうこく1人ひとりはあなたのみぎに,1人ひとりひだりすわれるようにしてください」とこたえます。(マタイ 20:20,21

じっさいのところ,これはヤコブとヨハネのねがいでした。イエスはすでに,ぶんがこれからはじをかかされつらいけいけんをするとかたっていました。それで2人ふたりに,「あなたたちは,ぶんなにもとめているかかっていません。わたしもうとしているさかずきからむことができますか」としつもんします。2人ふたりは,「できます」とこたえます。(マタイ 20:22)まだぶんっていることのかっていないようです。

それでも,イエスはこういます。「たしかに,あなたたちはわたしさかずきからむでしょう。しかし,わたしみぎまたひだりすわることは,わたしめることではありません。そのしょは,そこにすわものたちのために,てんにいるわたしちちによってようされています」。(マタイ 20:23

ヤコブとヨハネのねがいをいて,の10にん使たちはおこります。ぜん使たちのあいだだれいちばんえらいのかというこうろんがあったときおもったことをずばずばったのはヤコブとヨハネだったのかもしれません。(ルカ 9:46-48)それはともかく,このごとから,よりちいさなものとしてこうどうするようにというイエスのおしえを12使てはめていなかったことがあきらかになりました。ったたちたいというよっきゅうぶかいものでした。

イエスはたちのこうろんとそのけっしょうじたけんあくふんかいけつするためにこうどうします。12にんあつめ,あいめてこうじょげんします。「あなたたちは,しょこくはいしゃなされているひとたちがり,えらひとたちがけんるうことをっています。あなたたちのあいだではそうであってはなりません。えらくなりたいひとほうしゃでなければならず,1ばんでありたいひとみなれいでなければなりません」。(マルコ 10:42-44

イエスはらしいほんのこしました。それでこういます。「ちょうどひとが,つかえてもらうためではなく,つかえるため,またぶんいのちを,おおくのひとえるあがないとしてあたえるためにたのとおなじです」。(マタイ 20:28)3ねんじょうにわたり,イエスはひとつかえてきました。そしてじんるいぜんたいのためにぬことまでするのです。たちもキリストにならい,つかえてもらうよりもつかえたい,ったたちもとめるのではなく,よりちいさなものになりたいというちをたなければならないのです。