内容へ

目次へ

 67章

「あのように話した人はこれまでいませんでした」

「あのように話した人はこれまでいませんでした」

ヨハネ 7:32-52

  • イエスをたいするためにしたやくたちがつかわされる

  • ニコデモはイエスのためにはつげんする

イエスはまく(またはかり)のまつりのためにエルサレムにいます。そして,「ぐんしゅうおおくがイエスにしんこう」ったことをよろこんでいます。しかし,しゅうきょうどうしゃたちはちがいます。イエスをたいするためにしたやくたちをつかわします。(ヨハネ 7:31,32)でもイエスはかくれません。

むしろ,イエスはエルサレムでひとびとどうどうおしつづけます。そして,こういます。「わたしは,ぶんつかわしたかたもとくまで,もうしばらくあなたがたともにいます。あなたがたわたしさがしますが,つけることができず,わたしがいるところることができません」。(ヨハネ 7:33,34)でもユダヤじんたちはかいできず,こうはなします。「このひとはどこへってつからないようにするつもりなのか。ギリシャじんあいださんしているユダヤじんところって,ギリシャじんおしえるつもりなのだろうか。『あなたがたわたしさがしますが,つけることができず,わたしがいるところることができません』というのはどういうなのか」。(ヨハネ 7:35,36)このときイエスがっていたのは,ぶんてんへのふっかつについてでした。てきはイエスをてんまでけることができません。

まつりの7になりました。まつりのかんちゅうまいあささいがシロアムのいけからくんだみずさいだんうえそそし,みずさいだんながちます。イエスはこのしきひとびとおもこさせようとしたようです。それで,おおごえでこういます。「のどかわいているひとがいるなら,わたしところみなさい。わたししんこうひとは,せいしょにあるとおり,『そのひとおくふかくから,きたみずながます』」。(ヨハネ 7:37,38

イエスは,たちがせいれいあぶらそそがれてんでのいのちぼうつようになるときなにきるかについてはなしていました。それがきるのは,よくねんのペンテコステのです。そのに,せいれいあぶらそそがれたたちが ひとしんつたはじめ,いのちあたえるみずながはじめます。

イエスのはなしいたあるひとたちは,「これこそたしかにあのげんしゃだ」といます。こくされていた,モーセよりもだいげんしゃのことをっているようです。また,「これがキリストだ」とひともいます。しかしべつひとたちは,「キリストがガリラヤからるはずがない。せいしょは,キリストがダビデのそんで,ダビデがいたむらベツレヘムからるとっているではないか」としゅちょうします。(ヨハネ 7:40-42

ひとびとあいだにはぶんれつしょうじます。イエスのたいたいしているひともいますが,だれもイエスをつかまえようとしません。したやくたちがイエスをれずにもどると,さいちょうとパリサイひとたちは,「どうしてかれれてこなかったのか」とたずねます。したやくたちは,「あのようにはなしたひとはこれまでいませんでした」とこたえます。するとしゅうきょうどうしゃたちはおこり,あざけってこういます。「あなたたちまでまどわされたというのか。はいしゃやパリサイなかかれしんこうったひとがいるか。りっぽうらないあのぐんしゅうかみはなされているのだ」。(ヨハネ 7:45-49

このとき,パリサイでサンヘドリンのいちいんであるニコデモがイエスのためにはつげんします。ニコデモは2ねんはんほどまえに,ばんにイエスをたずね,イエスにたいするしんこうあらわしました。ニコデモはこういます。「わたしたちのりっぽうでは,まずほんにんはなしいて,おこなっていることかくにんしてから,さばくのではないか」。それをいたひとたちは,「あなたもガリラヤしゅっしんにでもなったのか。げんしゃはガリラヤからはあらわれないことを調しらべてみなさい」とかえします。(ヨハネ 7:51,52

せいしょは,げんしゃがガリラヤからるとはっきりべているわけではありません。とはいえ,キリストがそこからるということはしめしています。なぜなら,「おおきなひかり」が「しょこくひとびとのガリラヤ」でられるようになるとこくしているからです。(イザヤ 9:1,2。マタイ 4:13-17)さらに,イエスはこくどおりベツレヘムでまれ,ダビデのそんでもあります。しかし,パリサイひとたちはそのことにいていながら,イエスについてのかいひろめていたようです。