内容へ

目次へ

 66章

エルサレムでの幕屋の祭り

エルサレムでの幕屋の祭り

ヨハネ 7:11-32

  • イエスはしん殿でんおしえる

バプテスマ,イエスはゆうめいになります。おおくのユダヤじんがイエスのせき,イエスのかつどうについてのはなしこうはんつたわっています。いままく(またはかり)のまつりのさいちゅうで,おおぜいひとがイエスをさがしています。

イエスについてのけんはさまざまです。「かれひとだ」とひともいれば,「いや,ぐんしゅうまどわしている」とひともいます。(ヨハネ 7:12ひとびとまつりのはじめのかんに,こうしたひそひそばなしをよくしていました。でもだれもイエスをするはなしおおきなこえでするゆうはありません。ユダヤじんどうしゃはんのうおそれていたのです。

イエスはまつりがはんぶんぎたころにしん殿でんきます。ひとびとおおくはイエスのおしえるのうりょくらしさにおどろきます。イエスがラビのがっこうったことはないとっているのでおもい,「どうしてこのひとは,がっこうまなんだこともないのにこんなにせいしょしきがあるのだろう」といます。(ヨハネ 7:15

イエスはこうせつめいします。「わたしおしえはわたしのものではなく,わたしつかわしたかみのものです。このかたおこないたいとねがひとなら,このおしえがかみからのものか,それともわたしどくかんがえではなしているのかがかります」。(ヨハネ 7:16,17)イエスのおしえはかみりっぽう沿ったものです。ですから,あきらかにイエスはぶんではなくかみしょうさんされるようねがっています。

さらにイエスはこういます。「モーセがりっぽうあたえたのではありませんか。それなのに,あなたがただれりっぽうしたがっていません。なぜわたしころそうとするのですか」。そのにいたあるひとたちはエルサレムがいからているとおもわれますが,そうしたわるだくみについてりません。イエスのようなすぐれたきょうころそうとするひとがいるとはしんじられないのです。それで,そんなことをかんがえるイエスはどこかおかしいのではないかとおもい,「あなたはじゃあくてん使りつかれています。だれころそうとしているのですか」といます。(ヨハネ 7:19,20

1ねんはんまえにイエスがあんそくだんせいやしたとき,ユダヤじんどうしゃたちはイエスをころそうとしました。それでイエスはここで,どうしゃたちのふんべつのなさをごとあばきます。まず,りっぽうていについてかんがえさせます。ていによると,おとこせい8かつれいほどこさなければならず,そのあんそくでもそれはわりません。それからイエスはこういます。「モーセのりっぽうやぶらないようにあんそくかつれいほどこすのに,わたしあんそくひとをすっかりけんこうにすると,はげしくおこるのですか。けでさばくのをやめ,ただしいさばきをしなさい」。(ヨハネ 7:23,24

すると,いきさつをっているエルサレムのじゅうみんはこういだします。「これは,はいしゃたちがころそうとしているひとではないか。それなのに,こうぜんはなしており,はいしゃたちはなにわない。このひとがキリストだとはっきりかったのだろうか」。では,イエスがキリストであるとエルサレムのじゅうみんしんじないのはなぜでしょうか。かれらはこういます。「わたしたちは,このひとがどこからたのかをっている。キリストがときには,どこからたのかをだれらないはずだ」。(ヨハネ 7:25-27

そこでイエスはこうこたえます。「あなたがたは,わたしだれでどこからたのかをっています。わたしぶんかんがえでたのではなく,わたしつかわしたかたがいます。あなたがたはそのかたりません。わたしはそのかたっています。わたしだいとしてそのかたつかわされたからです」。(ヨハネ 7:28,29)イエスがぶんたちをはっきりしめしたため,あるひとたちはイエスをつかまえて,ろうれるかころすかしようとします。しかし,イエスがときはまだていなかったため,しっぱいわります。

とはいえ,イエスのきょうりょくおこないにより,おおぜいひとがイエスにしんこうちます。みずうえあるき,かぜしずめ,すこ のパンとさかなおおぜいひとしょくをさせました。びょうやし,あしゆうひとあるけるようにし,もうじんりょくかいふくさせ,おもびょうひとやしました。んだひとふっかつさせることまでしたのです。ひとびとがこうったのもとうぜんです。「キリストがても,このひとおこなったほどおおくのしるしはおこなわないのではないか」。(ヨハネ 7:31

ひとびとはなしいたパリサイひとたちはさいちょうたちとともに,イエスをたいさせるためしたやくたちをけんします。