内容へ

目次へ

 74章

もてなしと祈りについての教え

もてなしと祈りについての教え

ルカ 10:38–11:13

  • イエスはマルタとマリアのいえおとずれる

  • ねばつよいのることはたいせつ

エルサレムから3㌔ほどはなれたオリーブやまひがししゃめんに,ベタニヤというむらがあります。(ヨハネ 11:18)イエスはそのむらゆうじん,マルタとマリアという2人ふたりまいまたそのきょうだいラザロをたずね,あたたかくかんげいされます。

メシアをきゃくとしてむかえるのはたいへんめいなことです。マルタはイエスをもてなすため,んだしょくじゅんしています。いっぽう,マリアはイエスのあしもとすわり,はなしいています。やがて,マルタがイエスにこういます。「しゅよ,マリアがわたしだけにようをさせていることをなんともおもわないのですか。つだうようってください」。(ルカ 10:40

イエスはマリアをしからず,しょくじゅんちゅううばわれているマルタにこういます。「マルタ,マルタ,あなたはおおくのことにつかってかきみだされています。でも,ひつようなのはわずかなもの,というより1つだけです。マリアはいものをえらびました。それがかのじょからげられることはありません」。(ルカ 10:41,42)イエスは,たくさんのりょうすためにおおくのかんをかけるひつようはないとおしえていました。かんたんしょくじゅうぶんでした。

マルタのどういものです。イエスをもてなしたかったのです。でも,しょくのことにられぎて,かみからちょうおしえをまなぶチャンスをのがしています。イエスはマリアがかしこせんたくをしたときょう調ちょうしました。そのせんたくはマリアのじんせいにとっておおきなしゅくふくとなります。わたしたちもマリアからたいせつきょうくんまなべます。

べつときにもイエスは,たちにじゅうようなことをおしえます。あるが,「しゅよ,わたしたちにいのかたおしえてください。ヨハネもたちにおしえました」とたのんだときのことです。(ルカ 11:1)イエスはやく1ねんはんまえさんじょうすいくんいのかたおしえました。(マタイ 6:9-13)このはそのにいなかったのかもしれません。それでイエスはおなないようをもういちおしえます。そしてたとえを使つかい,ねばつよいのらなければならないということをきょう調ちょうします。

「あなたたちの1人ひとりなかゆうじんところって,こうったとしましょう。『ともよ,パンを3つしてください。ゆうじんたびちゅういまうちにたのですが,ものなにもありません』。しかし,そのひとなかからこうこたえます。『なことをわないでください。もうにはかぎけ,おさなどもたちがわたしいっしょています。きてってなにかをあげることはできません』。あなたたちにいますが,そのひとは,ゆうじんだというゆうきてなにかをあたえることはないとしても,しつようたのむなら,かならきてなんでもひつようとするものあたえてくれます」。(ルカ 11:5-8

エホバはわたしたちのねがいになかなかおうじないかたではありません。ゆうじんが,すすまないとしてもねばつよたのまれたときねがいをくのであれば,あいあるてんちちはなおのことちゅうじつひとせいじつねがいをいてこうどうしてくださるのです。イエスはさらにこういます。「もとつづけなさい。そうすればあたえられます。さがつづけなさい。そうすればつかります。たたきつづけなさい。そうすればひらかれます。もとめているひとけ,さがしているひとつけ,たたいているひとにはひらかれるのです」。(ルカ 11:9,10

イエスはにんげんちちおやかみかくすることでようてんきょう調ちょうします。「あなたたちのうちどのちちおやが,ぶんからさかなもとめられて,さかなではなくへびわたすでしょうか。また,たまごもとめられて,サソリをわたすでしょうか。それで,あなたたちがじゃあくにんげんでありながら,どもおくものあたえることをこころているのであれば,ましててんちちは,ごぶんもとめているひとせいれいあたえてくださるのです」。(ルカ 11:11-13)ですからわたしたちは,かみねがいをよろこんでき,わたしたちのためにこうどうしてくださることをかくしんできます。