内容へ

目次へ

 39章

鈍感な世代は悲惨

鈍感な世代は悲惨

マタイ 11:16-30 ルカ 7:31-35

  • イエスはいくつかのまちなんする

  • イエスはあんしんかんさわやかさをあたえる

イエスはバプテストのヨハネにけいはらっていますが,ほかのひとたちはどうなのでしょうか。イエスはこういます。「このだい[は]ひろすわってあそともだちさけおさなどもたちのようです。こううのです。『ふえいてあげたのに,おどってくれなかった。さけんだのに,むねをたたいてかなしんでくれなかった』」。(マタイ 11:16,17

イエスのことにはどんながありますか。イエスはこうせつめいします。「ヨハネがべたりんだりしないと,『かれじゃあくてん使りつかれている』とい,ひとべたりんだりすると,『ろ,おおいで,ぶどうしゅにふけるおとこちょうぜいにんつみびとたちのともだ』といます」。(マタイ 11:18,19)ヨハネはナジルびととしてかんせいかつし,おさけいっさいみませんでしたが,このだいひとびとはヨハネがじゃあくてん使りつかれているといました。(みんすう 6:2,3。ルカ 1:15いっぽう,イエスはほかのひとわらないせいかつをし,しょくもおさけもほどほどにしかたのしまなかったのに,ひとびとぎだぎだとなんしたのです。ひとびとまんぞくさせることはできません。

イエスはこのだいひとびといちにいるどもたちにたとえます。そのどもたちはほかのたちがふえいてもおどりませんし,ほかのたちがさけんでもかなしみません。イエスは,「ただしさは,こうどうによってしめされるのです」とおしえます。(マタイ 11:16,19)イエスとヨハネの「こうどう」は,ひとびとからのなんいつわりであることをしょうめいしています。

イエスはこのだいどんかんさについてはなしたのちぶんきょうりょくおこないをしてきた3つのまち,コラジン,ベツサイダ,カペルナウムをしでなんします。イエスは,もしぶんがフェニキアじんまちティルスとシドンでそうしたおこないをしたなら,それらのまちあらためただろう,といます。さらに,カペルナウムにはイエスのかつどうきょてんがあったにもかかわらず,そこのひとたちはイエスのきょうりょくおこないにはんのうをほとんどしめしませんでした。それでイエスは,「さばきのには,あなたよりソドムのほうえやすいでしょう」といます。(マタイ 11:24

それからイエスはてんちちさんします。かみちょうしんを「かしこしきじんたちから」かくし,おさなどものようなたちひくひとたちにあきらかにしているからです。(マタイ 11:25)イエスはたちひくひとたちにやさしくこうすすめます。「ろうし,っているひとみなわたしところなさい。そうすれば,さわやかにしてあげましょう。わたしともはたらいて,わたしからまなびなさい。わたしおんで,けんそんだからです。あなたたちはさわやかさをかんじるでしょう。わたしともはたらくことはここよく,わたしかるいのです」。(マタイ 11:28-30

イエスはひとびとをどのようにさわやかにするのでしょうか。しゅうきょうどうしゃたちはあんそくかんするげんかくていもうけたりして,ひとびとせいかつでんとうしばっています。しかしイエスは,きびしいでんとうとはいっせんかくしたしんおしえて,ひとびとさわやかにしています。さらに,あっせいくるしんでいるひとや,ぶんおかしたつみのためにらくたんしているひとたすけをあたえます。イエスは,どうすればつみゆるされるのか,どうすればかみまえおだやかなこころてるのかをおしえているのです。

イエスといっしょはたらいてここよさをけいけんするひとは,かみけんしんし,おもいやりとあわれみがあるてんちちつかえるようになるでしょう。それはけっしておもとはなりません。かみわたしたちにむずかぎることをもとめたりはしないからです。(ヨハネだいいち 5:3