内容へ

目次へ

 51章

誕生パーティーの裏で行われた殺人

誕生パーティーの裏で行われた殺人

マタイ 14:1-12 マルコ 6:14-29 ルカ 9:7-9

  • ヘロデはバプテストのヨハネをざんしゅけいにする

イエスと使たちがガリラヤででんどうおこなっているあいだも,イエスをかみひつじとしてしょうかいしたバプテストのヨハネはしゃくほうされていません。ろうれられてから2ねんがたとうとしています。

ヨハネは,おうヘロデ・アンテパスがきょうだいフィリポのつまヘロデアをうばってけっこんしたことはちがいである,とだいたんなんしました。ヘロデはヘロデアとけっこんするためにさいしょつまこんしたのです。ヘロデがしたがうとしゅちょうしているモーセのりっぽうでは,そうしたけっこんかんいんとされており,きんじられています。ヨハネのなんいたヘロデはかれろうれます。ヘロデアがそうようきゅうしたのでしょう。

ひとびとがヨハネをげんしゃなして」いるため,ヘロデはヨハネをどうしたらよいものかとかんがえています。(マタイ 14:5)しかし,ヘロデアはためらいません。「うらみをいだき」,なんとかヨハネをころしたいとおもっています。(マルコ 6:19)そしてついに,かいおとずれます。

西せいれき32ねんしのちょくぜん,ヘロデはぶんせいだいたんじょうパーティーをひらきます。ヘロデにつかえるこうかんかんたちすべて,またガリラヤみんなかゆうりょくしゃたちがしょうたいされます。えんかいすすんだところで,ヘロデアとそのぜんおっとフィリポのあいだまれたわかむすめサロメが,きゃくのためにおどります。おとこたちはそのおどりにちゅうです。

ヘロデもサロメのおどりにとてもよろこび,「なんでもしいものをいなさい。それをあげよう」とやくそくします。しかも,「しいものがなんであっても,おうこくはんぶんでも,あげよう」とまでちかったのです。サロメはまずははおやところき,「なにもとめたらいいでしょうか」ときます。(マルコ 6:22-24

ヘロデアがちにったチャンスがやってました。そくに,「バプテスマをほどこものヨハネのくびを」とこたえます。サロメはすぐヘロデのところもどり,「バプテストのヨハネのくびおおざらせていますぐおあたえくださいますように」とねがます。(マルコ 6:24,25

ヘロデはかなりうろたえます。しかし,きゃくみなぶんちかったのをいています。たとえじつだんせいころすことであったとしても,サロメのねがいをかないのはきまりがわるいことです。それでえいにぞっとするようなめいれいあたえ,ろうつかわします。もなくえいはヨハネのくびおおざらせてってきます。ヘロデはそれをサロメにあたえ,サロメはヘロデアにおおざらわたします。

これをいたヨハネのたちは,やってたいり,ほうむります。それからイエスにほうこくします。

のちに,イエスがひとびとやしたりじゃあくてん使したりしていることをいたヘロデは,あんになります。バプテストのヨハネが「かえ」り,そうしたことをおこなっているのではないかとおもったのです。(ルカ 9:7)それでイエスにってみたいとかんがえます。イエスのメッセージをきたいとおもったのではありません。ぶんしんぱいしていることがほんとうかどうかたしかめたかったのです。