内容へ

目次へ

 28章

イエスの弟子たちが断食をしない理由

イエスの弟子たちが断食をしない理由

マタイ 9:14-17 マルコ 2:18-22 ルカ 5:33-39

  • ヨハネのたちがだんじきについてイエスにしつもんする

イエスが西せいれき30ねんしにしゅっせきしてからしばらくして,バプテストのヨハネはろうれられます。ヨハネはぶんたちすべてがイエスのになってほしいとたいしています。しかし,ヨハネがとうごくされてすうげつたってもそうなっていません。

西せいれき31ねんしがちかづいたころ,ヨハネのなんにんかイエスにちかづき,「わたしたちとパリサイひとたちはだんじきおこなうのに,あなたのはどうしてだんじきをしないのですか」としつもんします。(マタイ 9:14)パリサイひとたちはしゅうきょうじょうしきとしてだんじきをします。のちにイエスはそのてんを,あるパリサイひといのりをだいざいにしたたとえでげました。そのひとぶんこそただしいとかんがえ,「かみよ,わたしがほかのひとびとのよう……[で]ないことをかんしゃします。わたししゅうに2かいだんじきをし……ています」といのりました。(ルカ 18:11,12)ヨハネのたちはしゅうかんとして,あるいはヨハネのとうごくかなしんでだんじきしているのかもしれません。かれらは,イエスのたちがだんじきをしてかなしまないのはなぜか,おもっています。

イエスはヨハネのたちにこうこたえます。「はな婿むこゆうじんたちは,はな婿むこいっしょにいるかぎり,なげかなしむゆうがありません。しかし,はな婿むこられるときます。そうなれば,だんじきをします」。(マタイ 9:15

はな婿むことは,ぜんヨハネがべたようにイエスのことです。(ヨハネ 3:28,29)ですから,イエスのたちは,イエスがいるあいだだんじきをすることはありません。そのイエスがくなると,そのかなしみ,しょくよくをなくします。しかしイエスがふっかつすると,かなしんでだんじきをするひつようがもうなくなり,おおきなよろこびがしょうじます。

イエスはつぎに2つのたとえをはなします。「ふるがいつくろうために,ちぢんでいないぬのれを使つかひとはいません。がいあたらしいぬのれにられ,もっとひどくやぶれてしまうからです。またひとは,あたらしいぶどうしゅふるかわぶくろれません。もしそうしたら,かわぶくろけ,ぶどうしゅはこぼれて,かわぶくろになってしまいます。やはり,あたらしいぶどうしゅあたらしいかわぶくろれます」。(マタイ 9:16,17)イエスはなにおしえているのでしょうか。

だれもイエスのたちにたいし,しきてきだんじきなどユダヤきょうふるかんこうしたがうことをたいしてはならないということです。イエスは,ふるくなってれたすうはいつくろってながちさせるためにたのではありませんでした。ふるすうはいみはもなくてられることになっています。イエスがすいしんしているすうはいは,にんげんでんとうじったとうのユダヤきょうしたがったものではありません。ふるるいあたらしいぬのれをてたり,ふるかわぶくろあたらしいぶどうしゅれたりするようなものではないのです。