内容へ

目次へ

 54章

イエスは「命のパン」

イエスは「命のパン」

ヨハネ 6:25-48

  • イエスは「てんからのパン」

イエスはガリラヤのうみひがしがわいきで,おおぜいひとしょくをさせました。そののちひとびとぶんおうにしようとしたため,そこをります。そのばんには,れるうみうえあるきます。ペテロもみずうえあるきますが,しんこうよわくなりしずはじめたので,イエスはすぐにたすけます。そしてぼうふうしずめ,たちのふねしずまないようにしました。

それから,イエスはガリラヤのうみ西にしがわにあるカペルナウムにもどってきました。せきによってしょくをしたひとたちはイエスをつけ,「いつここにたのですか」としつもんします。するとイエスはかれらをなんします。そのひとたちは,もういちしょくをさせてもらいたくてイエスをさがしていたからです。イエスは,「くさしょくもつのためではなく,なくならないでえいえんいのちをもたらすしょくもつのためにはたらきなさい」とつよすすめます。そこでひとびとは,「なにをしなければなりませんか」とたずねます。(ヨハネ 6:25-28

ひとびとは,「はたらきなさい」とわれたときりっぽうしたがってはたらくことをそうぞうしたかもしれません。しかしイエスは,さいじゅうようなことがなにかをしめし,「かみつかわしたひとしんこういだくことがひつようです」といます。でも,ひとびとはイエスにしんこういだきません。イエスがおおくのことをおこなってきたのに,さらにおおくのしるしをせてほしいとようきゅうします。そしてイエスに,「どんなことをするのですか」とたずねます。さらに,「わたしたちのこうでマナをべました。『かみてんからパンをあたえてべさせた』といてあるとおりです」といます。(ヨハネ 6:29-31。へん 78:24

それにたいしてイエスは,ひつようなものをせきによってあたえるのはだれかを,こうせつめいします。「はっきりっておきます。モーセはてんからのパンをあたえませんでした。しかし,わたしちちは,てんからのしんのパンをみなさんにあたえています。てんからくだってきてじんるいいのちあたえるひとかみのパンだからです」。でも,ひとびとようてんかいせず,「しゅよ,いつもそのパンをください」といます。(ヨハネ 6:32-34)では,イエスがっていた「パン」とはなんなのでしょうか。

イエスはこうせつめいします。「わたしいのちのパンです。わたしもとひとまったえず,わたししんこういだひとけっしてのどかわきません。しかしわたしったように,みなさんはたしかにわたしたのにしんじません。……わたしてんからくだってきたのは,ぶんではなく,わたしつかわしたかたおこなうためだからです。わたしつかわしたかたは,わたしが,たくされたすべてのひと一人ひとりうしなうことなくわりのふっかつさせることです。わたしちちは,みとめてしんこういだひとみなえいえんいのちけることなのです」。(ヨハネ 6:35-40

このせつめいいてユダヤじんたちはさわぎだし,まんはじめます。いったいなぜイエスはぶんのことを「てんからくだってきたパン」だとえるのでしょうか。(ヨハネ 6:41ひとびとにとってイエスは,ガリラヤのまちナザレしゅっしんおやからまれたにんげんにすぎないのです。それで,「これはヨセフのイエスではないか。わたしたちはかれちちおやははおやっている。いまになって,『わたしてんからくだってきた』とうのはどうしてか」といます。(ヨハネ 6:42

そこでイエスはいます。「まんくちにするのはやめなさい。わたしつかわしたちちせてくださらないかぎり,だれわたしもとることはできません。わたしはそのひとわりのふっかつさせます。げんしゃしょに,『かれらはみなエホバにおしえられる』といてあります。ちちからいてまなんだひとみなわたしもとます。だれかがちちたというのではありません。かみところからひとだけがちちました。はっきりっておきますが,しんじるひとえいえんいのちけます」。(ヨハネ 6:43-47。イザヤ 54:13

ぜんイエスはニコデモにえいえんいのちについてはなしました。そして,そのいのちひといだしんこうかんれんけて, 「[かみひと]にしんこういだひとみなほろぼされないでえいえんいのちけ」る,といました。(ヨハネ 3:15,16こんかいはもっとおおぜいひとたちに,ぶんにはひとびとえいえんいのちるためにたすべきやくわりがあるとせつめいします。このえいえんいのちは,マナをべてもガリラヤでいっぱんられていたパンをべてもはいりません。では,どうすればえいえんいのちられますか。イエスはもういち,「わたしいのちのパンです」といます。(ヨハネ 6:48

てんからのパンについてのはなしつづきます。そのはなしはイエスがカペルナウムのかいどうおしえたときやまむかえます。