内容へ

目次へ

 52章

少しのパンと魚で非常に大勢の人に食事をさせる

少しのパンと魚で非常に大勢の人に食事をさせる

マタイ 14:13-21 マルコ 6:30-44 ルカ 9:10-17 ヨハネ 6:1-13

  • イエスは5000にんだんせいしょくをさせる

12使はガリラヤじゅうでんどうりょこうたのしみ,その,「おこなったことおしえたことすべて」イエスにはなします。使たちはとうぜんつかれています。しかし,りするひとおおくて,しょくをするひまさえありません。それでイエスは,「さあ,いっしょしずかなしょって,すこやすみましょう」といます。(マルコ 6:30,31

それで,おそらくカペルナウムあたりからふねり,ヨルダンがわひがしにあるベツサイダにちかひとざとはなれたしょかいます。しかし,かれらのしゅっぱつをたくさんのひとていたため,そのことがわたります。それでみなきしづたいにはしっていき,さきまわりしてふねとうちゃくちます。

ふねりたイエスはおおぜいひとて,かわいそうにおもいます。ひつじいのいないひつじのようだったからです。それで,かみおうこくについて「おおくのことをおしはじめ」ます。(マルコ 6:34)また,「りょうひつようひとたち」をやします。(ルカ 9:11ゆうがたになると,たちはイエスにこういます。「ここはへんぴなしょで,もうおそかんです。ぐんしゅうかいさんさせ,むらむらってぶんしょくもつえるようにしてあげてください」。(マタイ 14:15

するとイエスは,「そのひつようはありません。あなたたちがものあたえなさい」とこたえます。(マタイ 14:16)イエスはこれからなにをするかめていますが,フィリポに,「このひとびとべるパンをどこでいましょうか」とたずねます。フィリポをためしたのです。かれがベツサイダちかくのしゅっしんだったからです。しかし,パンをってきてももんだいかいけつしません。やく5000にんだんせいがいたのです。じょせいどもふくめると1まんにんえたでしょう。それでフィリポはこうへんします。「200デナリぶん[1デナリはとうにっきゅうたる]のパンでもりません。わたるとしても,1人ひとりぶんはごくわずかでしょう」。(ヨハネ 6:5-7

アンデレも,ぜんいんしょくをさせるのはだとおもったらしく,こういます。「ここにおおむぎのパン5つとちいさなさかな2ひきっているしょうねんがいます。でも,これほどおおぜいではなんになるでしょうか」。(ヨハネ 6:9

いま西せいれき32ねんしのちょくぜんです。はるなのでおかちゅうふくにはあおくさがたくさんえています。イエスはたちにめいじてひとびとを50にんから100にんのグループにけてすわらせます。それから5つのパンと2ひきさかなり,かみかんしゃいのりをささげます。そしてそれらをってたちにわたし,たちがひとびとくばります。そしてなんと,すべてのひとがおなかいっぱいべたのです。

その,イエスはたちに,「あまったかけらをあつめ,なににならないようにしなさい」とめいじます。(ヨハネ 6:12のこったものをあつめると,12のかごがいっぱいになりました。