内容へ

目次へ

 38章

ヨハネはイエスに質問する

ヨハネはイエスに質問する

マタイ 11:2-15 ルカ 7:18-30

  • バプテストのヨハネはイエスのやくわりについてしつもんする

  • イエスはヨハネをめる

バプテストのヨハネがろうれられてから1ねんになります。ヨハネも,イエスのらしいおこないについてきます。ヨハネはぶんたちから,イエスがナインでやもめの息子むすこふっかつさせたことをらされてかんどうしたはずです。しかしヨハネは,イエスしんからイエスがメシアなのかどうかをきたいとおもっています。それで2人ふたりび,イエスにこうたずねるようたのみます。「あなたが,ることになっているかたですか。それとも,ほかのかたつべきでしょうか」。(ルカ 7:19

このしつもんおもえるかもしれません。ヨハネはつよしんこうひとです。2ねんちかまえ,イエスにバプテスマをほどこしたときには,せいれいがイエスにくだるのを,イエスのことをよろこんでいるというかみからのこときました。ヨハネのしんこうよわくなっているとはかんがえられません。イエスはヨハネからのこのしつもんいたのち,ヨハネをめています。もしヨハネのしんこうよわくなっていたのであれば,そのようなことはしないはずです。では,なぜヨハネはイエスにこんなしつもんをしたのでしょうか。

ヨハネはイエスがメシアであるとのしょうをイエスしんからたいだけなのかもしれません。それをられるなら,ろうですっかりやつれたヨハネにとっておおきなはげましとなるでしょう。ヨハネのしつもんにはべつもあるようです。ヨハネは,かみあぶらそそがれたものおうまたきゅうしゅつしゃになるというせいしょげんをよくっています。しかし,イエスがバプテスマをけてからなんげつもたっているのに,ヨハネはまだろうからられません。そのため,メシアにかんするげんすべてをじつげんするべつかた,いわばイエスのこうけいしゃがいるのかどうかたずねているのです。

イエスはヨハネのたちに,わたしこそることになっているものです,とはいません。むしろ,ぶんがメシアであるしょうとして,あらゆるびょうひとなおしていることをげ,こういます。「って,きしていることがらをヨハネにほうこくしなさい。もうじんあしゆうだったひとあるき,おもびょうひとなおり,みみこえなかったひとき,にんかえり,まずしいひとにはらせがげられています」。(マタイ 11:4,5

ヨハネのしつもんには,イエスがぶんかいほうしてくれるのではないか,というたいめられているのかもしれません。でもイエスは,いまぶんおこなっているじょうせきたいしないようにとヨハネにっているのです。

ヨハネのたちがると,イエスはひとびとにヨハネがただのげんしゃではないとおしえます。そして,ヨハネがマラキ 3しょう1せつげんされているエホバの「使しゃ」であり,マラキ 4しょう5,6せつこくされているげんしゃエリヤである,とせつめいします。また,こうべます。「はっきりいます。これまでにまれたひとで,バプテストのヨハネよりだいひとあらわれていません。しかし,てんおうこくちいさなほうものかれよりだいです」。(マタイ 11:11

イエスはてんおうこくちいさなほうものもヨハネよりだいであるとべて,ヨハネがてんおうこくはいらないことをしめしました。ヨハネはイエスのためにみちととのえますが,イエスがてんへのみちひらまえくなりました。(ヘブライ 10:19,20)ヨハネはかみちゅうじつげんしゃであり,しょうらいじょうかみおうこくはいたのしみます。