内容へ

個人情報の使用: ハンガリー

個人情報の使用: ハンガリー

この情報プライバシーに関する通知は,エホバの証人が伝道者の個人情報を収集し使用する目的および方法や,伝道者が自分の個人情報に関して持つ権利について説明しています。この通知において「あなた」とは,エホバの証人の会衆のバプテスマを受けていない伝道者またはバプテスマを受けた伝道者 aを指しており,エホバの証人がエホバの証人の宗教および宗教活動を管理し運営するために,当人の個人情報を処理するものを言います。

エホバの証人は世界的に活動しています。この通知において「当宗教組織」または「当組織」とは,エホバの証人の世界的な宗教組織,またはエホバの証人が利用する団体を指します。こうした団体には,各地にある会衆や支部事務所,およびエホバの証人が利用するその他の団体が含まれます。あなたが当組織と行うやりとりの性質によっては,こうした団体の1つまたは複数があなたの個人情報の管理者となります。ハンガリーにある会衆の伝道者の情報管理者は,ハンガリーのエホバの証人教会です。

「エホバの望まれることを行う組織」の本で説明されている通り,あなたが自分の崇拝に関連した宗教活動に参加できるよう,また信仰を強めるための支援を受けられるよう,伝道者になる際に当組織はあなたの個人情報をあなたから直接,または公開されている情報源や他の情報源から収集します。(ペテロ第一 5:2

個人情報の使用に関する質問や,お住まいの地域の情報保護担当者に対する問い合わせは,以下のEメールアドレスを使用して行ってください。

DataProtectionOfficer.HU@jw.org

個人情報の使用に関する詳しい情報は,下記をご覧ください。

収集される個人情報

当組織がエホバの証人の宗教および宗教活動を維持し管理するために収集して使用する個人情報の大半は,あなたが自分の意思で提供するものです。そのため,大抵はどのような個人情報を当組織が収集し使用するかが明示されています。この情報には以下が含まれます。

  • 基本情報。氏名,生年月日,性別などが含まれます。

  • 連絡先情報。住所,Eメールアドレス,電話番号,緊急連絡先情報などが含まれます。

  • クリスチャンとしての情報。バプテスマの日付,「天に行く者」と「ほかの羊」のどちらであるか,地元の会衆や当宗教組織における役割や割り当て,野外宣教の活動,クリスチャンとしての立場やそれに関係した日付,信仰面の状態に関するその他の情報などが含まれます。

当組織が収集する個人情報には,特別な種類の個人情報(特殊カテゴリーデータ)も含まれる場合があります。特別な種類には,民族的な出自や宗教的な信条などが含まれます。

当組織が個人情報を使用する目的と法的根拠

当組織は,当組織の目的に必要な個人情報のみを収集し,有効な法的根拠に従って合法的に処理することを方針としています。

伝道者になると,当組織はエホバの証人の宗教を維持管理するという正当な権益と調和した仕方で,合法的にあなたの個人情報を収集し使用します。あなたが自分の崇拝に関連した宗教活動に参加し,信仰を強めるための支援を受けられるようにするためです。当組織が処理する情報によって,あなたの宗教的な信条などの特別な種類の個人情報が明らかになる場合,当組織はその情報を処理する際に適切な保護措置を講じ,あなたの同意を得ずに当宗教組織外に開示することはしません。当組織の正当な権益のためにあなたの個人情報を処理する前に,あなたとあなたの権利に及びかねない影響について平衡を取って考慮します。

当組織は,法的義務を順守するために個人情報を使用する場合もあります。また緊急時には,あなたや他の人の命に関わる権益のために,個人情報を処理する場合があります。

通常,当組織は同意に基づいて個人情報を処理するわけではありません。大抵は別の法的根拠が存在するためです。ただし,あなたが個人情報の処理について明示的に同意している場合は,その同意に依拠します。未成年者の情報は,親または法的な保護者の同意に基づいて処理されます。

以下の表は,当組織が個人情報を使用する方法と,使用する際の法的根拠を示しています。さらに情報が必要な場合は,連絡先情報を使って,お住まいの地域の情報保護担当者にお問い合わせください。

目的と活動

情報の種類

処理の法的根拠

保持期間

  • 「会衆の伝道者記録」(教会記録)の維持

  • 基本情報

  • クリスチャンとしての情報

  • 特別な種類の個人情報: 宗教的な信条

  • 正当な権益: エホバの証人の宗教活動の維持管理

  • 活発な伝道者: 現在の奉仕年度および前奉仕年度

  • 不活発な伝道者: 活発だった最後の奉仕年度

  • エホバの証人でなくなった人については保持されない

  • 注: 奉仕年度は9月から翌年の8月までの期間

  • エホバの証人の集会,ボランティア活動,プロジェクトへの参加

  • 基本情報

  • 一部の活動やプロジェクト: 連絡先情報,およびクリスチャンとしての情報のごく一部

  • 特別な種類の個人情報: 宗教的な信条

  • 正当な権益: エホバの証人の宗教活動の維持管理

  • 集会への参加については保持されない

  • ボランティア活動やプロジェクトへの参加に必要な期間保持される

  • 会衆での役割や割り当てを果たす(会衆内,またはごく限られた場合に当宗教組織内で,もしくは掲示板や情報保護に準拠する電子的手段を使って,あなたの氏名,割り当て,役割が情報共有されることが含まれる場合がある)

  • 基本情報

  • クリスチャンとしての情報のごく一部: 会衆やエホバの証人内での役割や割り当て

  • 特別な種類の個人情報: 宗教的な信条

  • 正当な権益: エホバの証人の宗教活動の維持管理

  • 会衆の集会の予定は,新しい予定に差し替えられるまで保持される

  • 会衆は野外奉仕グループの割り当てに関する最新の情報を保持する

  • 目的および役割や割り当てに必要な期間

  • エホバの証人の長老による信仰面でのケアや牧羊

  • 基本情報

  • 連絡先情報

  • クリスチャンとしての情報

  • 特別な種類の個人情報: 宗教的な信条

  • 紹介状は保持に関する地元の方針に沿って保持される

  • 目的のために必要とされる期間

  • 緊急連絡先情報の処理

  • 基本情報

  • 連絡先情報

  • 伝道者の命に関わる権益。伝道者は,緊急連絡先に必要な情報を知らせる。

  • 伝道者が会衆にとどまっている期間

  • エホバの証人の宗教や宗教活動を維持管理するために当組織が必要と見なすその他の活動,または法律で求められる場合(このような場合,個人情報が処理される前にあなたに通知される)

  • 基本情報

  • 連絡先情報

  • クリスチャンとしての情報

  • 特別な種類の個人情報: 宗教的な信条

  • 正当な権益: エホバの証人の宗教や宗教活動の維持管理

  • 法的義務

  • 同意

  • 目的のために必要とされる期間,または法律で求められる期間

保持

当組織は,上記の「当組織が個人情報を使用する目的と法的根拠」の項にある目的のために必要な期間のみ,個人情報を保持します。

個人情報の適切な保持期間を判断するため,適用される法的要求,個人情報の量,性質,機密性,個人情報の不正な利用や開示によって生じる可能性のあるリスク,当組織が個人情報を処理する目的,そうした目的のために他の方法を利用できるかどうかを考慮します。

保持期間は国や法域によって異なる場合があり,地域の法規制上の保持要件に従って定められます。法令により保持期間の延長が求められる場合,または当組織の法的権利を確立,行使,擁護するために,より長い期間にわたって個人情報が保持されることもあります。

場合によっては,調査や統計のため,あなたと関連付けられないように個人情報を匿名化することがあります。当組織は,あなたに通知することなく,その情報を無期限に使用することができます。

あなたの個人情報に適用される保持期間について詳しく知りたい場合は,上記の連絡先情報を使って,お住まいの地域の情報保護担当者にお問い合わせください。

個人情報の移転

エホバの証人は世界的に活動しています。そのため,団体に提供する情報技術サービスなど,一部の運用を一元化する必要があります。一部の情報は,この通知に記載されている目的に関連して必要な場合,「エホバの望まれることを行う組織」の本で説明されている通り,エホバの証人が利用する複数の団体によってアクセスされます。例えば,あなたが別の会衆に移動する場合,個人情報(基本情報,連絡先情報,クリスチャンとしての情報)は移動先の会衆に移転されます。場合によっては,あなたが移動先の会衆でも宗教活動に十分に参加できるよう,また当組織が記録を最新に保つため,各地にあるエホバの証人の支部事務所があなたの個人情報を処理することがあります。例えば,欧州連合(EU)/欧州経済領域(EEA)の加盟国以外の国や,個人情報を具体的に保護する法律のない国に移転されることがあります。

当宗教組織内で移転される個人情報の安全性と完全性を確保するため,当組織は安全上および法律上の適切な予防措置を講じます。EU/EEA外で個人情報を収集する場合,EU/EEA外への移転は以下の条件に従って行われます。

  • 個人情報について十分なレベルの保護を提供する国に所在する受領者に対して行う。

  • EU/EEA外の情報処理者または情報管理者への個人情報の移転に関するEUの要件を満たす契約(欧州委員会が認める標準契約条項など)に従って行う。

  • あなたの同意の下で行う。

情報の安全性

当組織は,当組織の活動において取得する情報の安全性と機密性を保護します。そのような情報へのアクセスは限定され,情報の喪失,誤用,不適切な開示を防ぐための方針と手順が設けられます。

最新の技術水準,実施費用,処理の性質・範囲・状況・目的,および自然人の権利・自由に対するリスクのさまざまな発生可能性と重大性を考慮しつつ,処理のリスクに応じた適切な度合いの安全性を確保するため,適切な技術的また組織的な方策が講じられます。こうした方策には以下が含まれますが,それらに限定されません。

  • アクセスの制御,機密性,完全性

  • 通信と運用の安全性

  • 個人情報の仮名化,暗号化,匿名化

  • 安全性を確保するための技術的また組織的な方策の効果性に関するテストと評価

当組織は,個人情報に永続的または定期的にアクセスする人や,個人情報の処理に関わる人が,その権利と責任について訓練され,知らされるようにします。

個人情報の開示

当組織は,以下のような場合にあなたの個人情報を情報共有する場合があります。

  • 「当組織が個人情報を使用する目的と法的根拠」の項にある目的に沿っている場合。これには,当宗教組織内での情報共有も含まれます。

  • 適用される法律で求められる場合

  • 当組織の権利,財産,安全を守るために開示が適切だと当組織が判断する場合

  • 訴訟手続き,裁判所命令,その他の法的義務,または規制や政府による要請に従う必要がある場合

  • あなたが同意した場合

個人情報の第三者の受領者には,以下が含まれます。

  • 規制当局

  • 裁判所,警察,法執行機関

  • サービスやサポートの提供者

個人情報に関するあなたの権利

あなたは,お住まいの地域の法律の下で,当組織が保持するあなたの個人情報について特定の権利を持つ場合があります。これには,以下が含まれる場合があります。

  • 個人情報がどのように使用されるかについて知らされる権利。当組織があなたの個人情報をどのように使用し情報共有するかについて知らされる権利があります。

  • 個人情報にアクセスする権利。あなたの個人情報が当組織によって処理されているかどうかを確認する権利や,あなたの個人情報にアクセスする権利があります。

  • 不正確な個人情報の訂正を求める権利。連絡先情報の変更など,不正確または不完全な個人情報の修正を求める権利があります。

  • 特定の状況での個人情報の削除を求める権利。この権利は「忘れられる権利」とも呼ばれます。これは,全ての個人情報の削除を要求する絶対的な権利ではありません。当組織は適用される法律に従って,削除の要求を注意深く評価します。

  • 同意を撤回する権利。当組織が同意に基づいて個人情報を処理する場合,あなたには同意をいつでも撤回する権利があります。大抵,当組織は他の法的根拠に依拠するため,通常は同意に基づいて個人情報を処理しません。

  • 特定の状況での個人情報の処理を制限する権利。あなたが個人情報の正確性を疑う場合,処理について異議を唱える場合,個人情報の処理が違法で,削除ではなく制限を求める場合,当組織には個人情報が不要になったものの,あなたが法的主張を確立,行使,または擁護するために個人情報を保持するよう求める場合に,この権利が関係します。

  • データポータビリティの権利。データポータビリティの権利は,あなたの同意に基づいて処理が行われる場合か,契約履行のために個人情報の処理が必要で,自動的な手段で処理される場合にのみ適用されます。

  • 特定の状況での個人情報の処理に異議を唱える権利。当組織の正当な権益に基づいてあなたの個人情報が処理される場合,その処理に異議を唱える権利があります。

あなたの権利を行使する場合は,上記の連絡先情報を使って情報保護担当者に問い合わせてください。

当組織は,あなたが本人であることや,個人情報にアクセスする権利(またはその他の権利を行使する権利)を確認するため,あなたに特定の情報を求める場合があります。この安全措置により,個人情報を受け取る権利のない人に情報が開示されないようにします。また,あなたから対応を催促された場合に,あなたにさらに情報を求める場合もあります。

情報保護法や,エホバの証人が定めるその他の規制に対する違反が疑われる場合,上記の連絡先情報を使って情報保護担当者に問い合わせてください。お住まいの地域の情報保護担当者がその問い合わせについて調査し,詳細をお知らせします。あなたには,お住まいの国または疑われる侵害が発生した場所において情報保護法の施行を担当する情報保護機関に苦情を申し出たり,管轄裁判所に申し立てたりする権利もあります。

本通知の変更

エホバの証人が情報を扱う方法は,当組織の宗教活動の変化,法律の改正,あるいは技術的な変化のために変更されることがあります。この「個人情報の使用」のページに変更が必要な場合,変更点をこのページに掲載し,当組織が収集する情報および使用方法が常に伝道者に分かるようにします。このページが変更されているかどうか,定期的にご確認ください。

a 伝道者とは,エホバの証人の会衆と協力して伝道を行い,神の王国の良い知らせについて伝える個人を指します。