内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015年​7​月​9​日,韓国​憲法​裁判​所​で​の​審理

2016年12月20日
韓国

韓国の憲法裁判所の重要な判決が近づく

韓国の憲法裁判所の重要な判決が近づく

韓国の​憲法​裁判​所​で​は,兵役​法​に​基づい​て​良心​的​兵役​拒否​者​を​罰する​こと​の​合憲​性​を​再​検討​する​歴史​的​な​判決​が​下さ​れ​よう​と​し​て​い​ます。公開​の​弁論​が​2015​年​7​月​に​開か​れ​て​以来,同​裁判​所​が​下す​判決​に​対する​関心​が​高まっ​て​い​ます。最近,パク​・​ハンチョル​所長​は,自身​の​任期​が​満了​する​2017​年​1​月​30​日​まで​に​は​判決​が​下さ​れる​こと​を​明言​し​まし​た。

大勢に​影響​を​及ぼす​判決

韓国の​憲法​裁判​所​は​法律​の​合憲​性​を​判断​する,国内​で​最高​の​権威​を​持つ​裁判​所​です。同​裁判​所​は,宗教​的​信念​に​基づく​良心​ゆえに​兵役​を​拒否​する​人​を​投獄​する​兵役​法​の​条項​を​再​検討​する​よう​求め​られ​て​い​ます。この​刑罰​が​韓国​の​憲法​と​そこで​保障​さ​れ​て​いる​良心​と​宗教​の​自由​に​違反​し​ない​か​を​判断​する​見通し​です。

良心的​兵役​拒否​者​を​投獄​する​と​いう,政府​が​これ​まで​何十​年​に​も​わたっ​て​行なっ​て​き​た​慣行​が​違憲​で​ある​と​の​結論​が​出れ​ば,韓国​は​良心​的​兵役​拒否​者​の​扱い​を​見直さ​ざる​を​得​なく​なり​ます。そして,政府​は​良心​上​の​理由​で​兵役​に​就く​こと​を​拒否​する​若者​たち​を​起訴​し,有罪​と​し,投獄​する​の​を​やめる​よう​動かさ​れる​こと​に​なる​でしょ​う。

訴訟手続き​に​おける​混乱

憲法裁判​所​は​以前​に​も​2004​年​と​2011​年​に​この​問題​を​考慮​し​まし​た。どちら​の​時​も,良心​的​兵役​拒否​者​を​罰する​法律​は​合憲​で​ある​と​の​判決​を​下し​まし​た。同様​に,韓国​の​最高​の​上訴​裁判​所​で​あり​終審​裁判​所​で​も​ある​大法院​は,2004​年​に,さらに​2007​年​に​も,良心​的​兵役​拒否​は​徴兵​を​拒否​する​正当​な​理由​に​は​なら​ない​と​の​結論​を​出し​まし​た。これら​2​つ​の​権威​ある​裁判​所​が​判決​を​下し​た​に​も​かかわら​ず,裁判​所​内​で​さえ,この​法律​の​施行​は​依然​と​し​て​未​解決​の​問題​と​され​て​い​ます。

韓国の​あらゆる​審級​の​裁判​所​が,良心​的​兵役​拒否​者​を​投獄​する​判決​を​下す​こと​に​懸念​を​示し​て​き​まし​た。この件​に​関し​て​憲法​裁判​所​が​2011​年​に​判決​を​下し​て​以来,憲法​裁判​所​は​地方​法院​から​付託​さ​れ​た​7​件​と​個人​から​提訴​さ​れ​た​他​の​22​件​を​審理​する​こと​を​認め​て​き​まし​た。また,これ​まで​大法院​の​判決​も​争わ​れ​て​おり,40​件​以上​の​良心​的​拒否​に​関する​裁判​が​大法院​で​係争​中​です。2015​年​5​月​以来,韓国​の​地方​法院​は​良心​的​兵役​拒否​者​に​対し​て​9​つ​の​無罪​判決​を​出し​て​き​まし​た。

2016年​10​月,ある​控訴​審​で​は​下級​審​と​上級​審​に​おける​係争​に​注目​し,こう​述べ​て​い​ます。「1​つ​の​条項​の​解釈​と​適用​を​巡っ​て​この​よう​な​混乱​が​見​られる​と​いう​の​は​前例​の​ない​こと​で​ある」。そして,控訴​審​と​し​て​は​初めて​の​こと​と​し​て,3​人​の​良心​的​兵役​拒否​者​を​無罪​と​し​まし​た。ソウル​地方​弁護​士​会​は​その​無罪​判決​を​好意​的​に​受け止め,「意義深い」こと​で​ある​と​述べ​て​い​ます。その​弁護​士​会​の​会長​で​ある​キム​・​ハンギュ​氏​は,今,最終​決定​権​を​持っ​て​いる​の​は​憲法​裁判​所​で​ある​と​説明​し​て​い​ます。

「1つ​の​条項​の​解釈​と​適用​を​巡っ​て​この​よう​な​混乱​が​見​られる​と​いう​の​は​前例​の​ない​こと​で​ある」。光州​(クァンジュ)地方法院,刑事​第​三​部,チョー​・​ラクフン​に​関する​判決,2016​年​10​月​18​日

長年に​わたる​問題​の​解決​が​迫る

キム氏​は​さらに​こう​述べ​て​い​ます。「国民​は​この​件​に​関し​て​(憲法​裁判​所​が)前向きな​判決​を​出す​こと​を​待ち望ん​で​い​ます。良心​的​兵役​拒否​者​は​今​で​も,代替​奉仕​を​考慮​する​余地​すら​与え​られる​こと​なく,刑罰​を​耐え忍ん​で​いる​の​です。憲法​裁判​所​は,人権​保護​の​最後​の​砦​(とりで)とし​て​できる​だけ​早く​判決​を​下す​こと​を​期待​さ​れ​て​い​ます」。

過去60​年​以上​に​わたっ​て,韓国​の​ほぼ​すべて​の​エホバ​の​証人​の​家族​は​この​問題​の​影響​を​受け​て​き​まし​た。兵役​を​拒否​し​た​ため​に,父親,息子,兄弟​が​投獄​さ​れ​て​き​た​の​です。良心​的​兵役​拒否​者​に​対し​て​好意​的​な​判決​が​出さ​れる​なら,多く​の​若者​が​非​生産​的​な​投獄​に​追いやら​れ​有罪​宣告​を​与え​られる​有害​な​状況​が​なくなり,すべて​の​市民​の​良心​と​宗教​の​自由​の​権利​は​強固​な​もの​と​なる​でしょ​う。

憲法裁判​所​が​ま​も​なく​下す​歴史​的​な​判決​に​注目​が​集まっ​て​い​ます。

 

もっと調べる

よくある質問

エホバの証人が戦争に行かないのはなぜですか

エホバの証人は世界中で,戦争に行かない人たちとして知られています。なぜそのような立場を取るのか,お読みください。