内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年5月9日
韓国

韓国は良心の自由を守るか

韓国は良心の自由を守るか

あり父親ある28キムソンヒョクは,非常厳しい試練直面ます。2015初め,キム出廷ました。良心兵役拒否立場取っために,兵役忌避起訴です。光州(クァンジュ)地方法院国際基準調和判決下し,無罪言い渡しました。韓国おいこの判決異例ものです。これまで何十わたり,幾千良心兵役拒否有罪され投獄からです。しかし,控訴キム有罪され,1宣告ました。現在,キム韓国大法院上告ます。

ここ年,韓国は,政府良心兵役拒否認めようないことつい非難高まっます。良心兵役拒否関して,勇気ある判事たち国際基準のっとっ下し判決は,控訴覆さました。

良心自由認める

2015512日,光州地方法院チェチャンソク判事は,兵役忌避起訴キム国防義務無視わけない判断し,無罪言い渡しました。同判事は,エホバ証人あるキム強い信仰持っおり,兵役拒否道徳信念ゆえあること認めました。さらに,キムは,軍管轄ない代替市民奉仕活動喜ん行なう意欲あること注目ました。 *

チェ判事判決で,キム良心自由行使兵役拒否あり,「良心自由守るべきものある」と述べました。同判事勇敢も,キム本人道徳判断尊重ました。今回判決韓国おける確立判例異なっますが,良心兵役拒否関する国際基準調和ます。

「良心自由守るべきものある。それは,国防義務基本軽視することなく,比較簡単実現できるものある」。チェチャンソク判事,光州地方法院

国連規約人権委員は,500余りから申し立て関連5判断おいて,韓国良心兵役拒否罰しいること非難ます。同委員直近判断おいて,韓国おける良心兵役拒否投獄が「市民及び政治権利関する国際規約(ICCPR)」の9述べられいる恣意拘禁該当するました。 *委員及び国際機関は,良心兵役拒否代替市民奉仕活動行なえるよう法的制度設けるよう韓国強く促します。韓国1990ICCPR締約なり,第1選択議定批准かかわらず,規約人権委員判断実行するためさらなる段階進むこと拒否ました。

有罪無罪

検察キム無罪判決覆そ控訴し,キム良心兵役拒否国家安全脅かす主張ました。 * 20151126日,控訴キム無罪覆し,兵役忌避1宣告ました。

控訴国連規約人権委員よる裁定認めながらも,このおいは,韓国裁判権威国際より優先れるました。キム直ちに大法院上告し,国連の「恣意拘禁関する作業部会」に緊急申し立て提出ました。 * 現在,それら双方下す判断待っます。

これまで大法院憲法裁判は,良心兵役拒否権利認めること一貫拒んました。憲法裁判20042011に,兵役憲法違反ないます。現在,同裁判兵役合憲3検討行なっおり,間なく判決下される見込みです。

1953以来,韓国裁判1万8000超えるエホバ証人兵役拒否投獄た。

韓国ついに国際基準認める

大法院キム上告退けるなら,当人直ちに投獄ます。キムは,1投獄よっ家族感情また経済打撃受けること憂慮ます。妻2幼い子ども1養育なけれなりません。服役前科付くため,就職見つけるかなり困難なるでしょう。

エホバ証人は,世界各国政府国際基準受け入れ,良心兵役拒否権利認めいること深く感謝ます。韓国エホバ証人キムソンヒョク同様,関係する裁判この問題解決あたること期待ます。大法院憲法裁判は,韓国批准国際基準遵守するでしょか。韓国政府良心兵役拒否国民基本尊重するでしょか。

^ 5節 2015年,光州地方法院3エホバ証人も「無罪」を言い渡しました。水原(スウォン)地方法院も,兵役忌避問わ2エホバ証人無罪ました。

^ 7節 Communication No. 2179/2012, U.N. Doc. CCPR/C/112/D/2179/2012, January 14,2015

^ 9節 検察は,良心兵役拒否国家安全脅かす存在ある主張ます。といえ,他法律専門たちそう考えません。一例て,昌原(チャンウォン)地方法院馬山(マサン)支院キムグァング判事こう述べます。「代替奉仕制度採用国家安全保障脅かしたり……する,ということはっきり示す十分証拠データ存在ない」。

^ 10節 「恣意拘禁関する作業部会」は,国際人権保障いる基本自由行使ため逮捕たり,引き続い拘束受けたり場合に,そう事態介入すること求める仕組み設けます。

 

もっと調べる

よくある質問

エホバの証人が戦争に行かないのはなぜですか

エホバの証人は世界中で,戦争に行かない人たちとして知られています。なぜそのような立場を取るのか,お読みください。