内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年5月9日
韓国

韓国は良心の自由を守るか

韓国は良心の自由を守るか

夫​で​あり​父親​で​も​ある​28​歳​の​キム​・​ソンヒョク​は,非常​に​厳しい​試練​に​直面​し​て​い​ます。2015​年​の​初め,キム​は​出廷​し​まし​た。良心​的​兵役​拒否​の​立場​を​取っ​た​ため​に,兵役​忌避​の​罪​で​起訴​さ​れ​た​の​です。光州(クァンジュ)地方​法院​は​国際​基準​に​調和​し​た​判決​を​下し,無罪​を​言い渡し​まし​た。韓国​に​おい​て​この​判決​は​異例​の​もの​です。これ​まで​何十​年​に​も​わたり,幾千​人​も​の​良心​的​兵役​拒否​者​が​有罪​と​され​投獄​さ​れ​て​き​た​から​です。しかし,控訴​審​で​キム​は​有罪​と​され,1​年​半​の​刑​を​宣告​さ​れ​まし​た。現在,キム​は​韓国​の​大法院​に​上告​し​て​い​ます。

ここ​数​年,韓国​内​で​は,政府​が​良心​的​兵役​拒否​を​認め​よう​と​し​ない​こと​に​つい​て​非難​の​声​が​高まっ​て​い​ます。良心​的​兵役​拒否​に​関し​て,勇気​ある​判事​たち​が​国際​基準​に​のっとっ​て​下し​た​判決は,控訴​審​で​覆さ​れ​て​き​まし​た。

第​一​審​は​良心​の​自由​を​認める

2015​年​5​月​12​日,光州​地方​法院​の​チェ​・​チャンソク​判事​は,兵役​忌避​の​罪​で​起訴​さ​れ​て​い​た​キム​が​国防​の​義務​を​無視​し​た​わけ​で​は​ない​と​判断​し,無罪​を​言い渡し​まし​た。同​判事​は,エホバ​の​証人​で​ある​キム​が​強い​信仰​心​を​持っ​て​おり,兵役​を​拒否​し​た​の​は​道徳​上​の​信念​ゆえ​で​ある​こと​を​認め​まし​た。さらに,キム​に​は,軍​の​管轄​下​に​ない​代替​の​市民​的​奉仕​活動​を​喜ん​で​行なう​意欲​が​ある​こと​に​注目​し​まし​た。 *

チェ​判事​は​判決​の​中​で,キム​は​良心​の​自由​を​行使​し​て​兵役​を​拒否​し​た​の​で​あり,「良心​の​自由​は​何​と​し​て​も​守る​べき​もの​で​ある」と​述べ​まし​た。同​判事​は​勇敢​に​も,キム​本人​の​道徳​的​判断​を​尊重​し​まし​た。今回​の​判決​は​韓国​に​おける​確立​し​た​判例​と​は​異なっ​て​い​ます​が,良心​的​兵役​拒否​者​に​関する​国際​基準​と​調和​し​て​い​ます。

「良心​の​自由​は​何​と​し​て​も​守る​べき​もの​で​ある。それ​は,国防​の​義務​を​基本​的​に​は​軽視​する​こと​なく,比較​的​簡単​に​実現​できる​もの​で​ある」。チェ​・​チャンソク​判事,光州​地方​法院

国連​の​規約​人権​委員​会​は,500​人​余り​から​の​申し立て​に​関連​し​た​5​つ​の​判断​に​おい​て,韓国​が​良心​的​兵役​拒否​者​を​罰し​て​いる​こと​を​非難​し​て​い​ます。同​委員​会​は​直近​の​判断​に​おい​て,韓国​に​おける​良心​的​兵役​拒否​者​の​投獄​が「市民​的​及び​政治​的​権利​に​関する​国際​規約(ICCPR)」の​第​9​条​で​述べ​られ​て​いる​恣意​的​拘禁​に​該当​する​と​し​まし​た。 * 同​委員​会​及び​他​の​国際​機関​は,良心​的​兵役​拒否​者​が​代替​の​市民​的​奉仕​活動を​行なえる​よう​な​法的​制度​を​設ける​よう​韓国​に​強く​促し​て​い​ます。韓国​は​1990​年​に​ICCPR​の​締約​国​に​なり,第​1​選択​議定​書​を​批准​し​た​に​も​かかわら​ず,規約​人権​委員​会​の​判断​を​実行​する​ため​の​さらなる​段階​に​進む​こと​を​拒否​し​て​き​まし​た。

有罪​か​無罪​か

検察​側​は​キム​の​無罪​判決​を​覆そ​う​と​し​て​控訴​し,キム​の​良心​的​兵役​拒否​は​国家​の​安全​を​脅かす​と​主張​し​まし​た。 * 2015​年​11​月​26​日,控訴​審​は​キム​を​無罪​と​し​た​第​一​審​を​覆し,兵役​を​忌避​し​た​と​し​て​1​年​半​の​刑​を​宣告​し​まし​た。

控訴​審​は​国連​の​規約​人権​委員​会​に​よる​裁定​を​認め​ながら​も,この​件​に​おい​て​は,韓国​の​裁判​所​の​権威​が​国際​法​より​も​優先​さ​れる​と​し​まし​た。キム​は​直ちに​大法院​に​上告​し,国連​の「恣意​的​拘禁​に​関する​作業​部会」に​緊急​な​申し立て​を​提出​し​まし​た。 * 現在,それら​双方​が​下す​判断​を​待っ​て​い​ます。

これ​まで​大法院​と​憲法​裁判​所​は,良心​的​兵役​拒否​者​の​権利​を​認める​こと​を​一貫​し​て​拒ん​で​き​まし​た。憲法​裁判​所​は​2004​年​と​2011​年​に,兵役​法​は​憲法​違反​で​は​ない​と​し​て​い​ます。現在,同​裁判​所​は​兵役​法​の​合憲​性​の​3​度​目​の​検討​を​行なっ​て​おり,間​も​なく​判決​が​下さ​れる​見込み​です。

1953​年​以来,韓国​の​裁判​所​は​1万8000​人​を​超える​エホバ​の​証人​を​兵役​拒否​の​罪​で​投獄​し​て​き​た。

韓国​は​ついに​国際​基準​を​認める​か

大法院​が​キム​の​上告​を​退ける​なら,当人​は​直ちに​投獄​さ​れ​ます。キム​は,1​年​半​の​投獄​に​よっ​て​家族​が​感情​的​また​経済​的​に​打撃​を​受ける​こと​を​憂慮​し​て​い​ます。妻​は​2​人​の​幼い​子ども​を​1​人​で​養育​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。服役​後​は​前科​が​付く​ため,就職​先​を​見つける​の​が​かなり​困難​に​なる​でしょ​う。

エホバ​の​証人​は,世界​各国​の​政府​が​国際​基準​を​受け入れ,良心​的​兵役​拒否​者​の​権利​を​認め​て​いる​こと​に​深く​感謝​し​て​い​ます。韓国​の​エホバ​の​証人​は​キム​・​ソンヒョク​と​同様,関係​する​裁判​所​が​この​問題​の​解決​に​あたる​こと​を​期待​し​て​い​ます。大法院​と​憲法​裁判​所​は,韓国​が​批准​し​た​国際​基準​を​遵守​する​でしょ​う​か。韓国​政府​は​良心​的​兵役​拒否​を​国民​の​基本​権​と​し​て​尊重​する​でしょ​う​か。

^ 5節 2015​年,光州​地方​法院​は​他​の​3​人​の​エホバ​の​証人​に​も「無罪」を​言い渡し​まし​た。水原(スウォン)地方​法院​も,兵役​忌避​の​罪​に​問わ​れ​て​い​た​2​人​の​エホバ​の​証人​を​無罪​と​し​まし​た。

^ 7節 Communication No. 2179/2012, U.N. Doc. CCPR/C/112/D/2179/2012, January 14,2015

^ 9節 検察​側​は,良心​的​兵役​拒否​者​は​国家​の​安全​を​脅かす​存在​で​ある​と​主張​し​て​い​ます。と​は​いえ,他​の​法律​専門​家​たち​は​そう​考え​て​い​ませ​ん。一例​と​し​て,昌原(チャンウォン)地方​法院​馬山(マサン)支院​の​キム​・​グァング​判事​は​こう​述べ​て​い​ます。「代替​奉仕​の​制度​の​採用​が​国家​の​安全​保障​を​脅かし​たり……する,と​いう​こと​を​はっきり​示す​十分​な​証拠​や​データ​は​存在​し​ない」。

^ 10節 「恣意​的​拘禁​に​関する​作業​部会」は,国際​人権​法​で​保障​さ​れ​て​いる​基本​権​や​自由​を​行使​し​た​ため​に​逮捕​さ​れ​たり,引き続い​て​拘束​を​受け​たり​し​た​場合​に,そう​し​た​事態​に​介入​する​こと​を​求める​仕組み​を​設け​て​い​ます。