内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015年7月7日
韓国

韓国の判事たちは良心的兵役拒否者に関する国際基準を受け入れるか

韓国の判事たちは良心的兵役拒否者に関する国際基準を受け入れるか

韓国​の​憲法​裁判​所​は,政府​が​良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​認め​よう​と​し​ない​の​は​合憲​か​どう​か​に​つい​て​再び​審理​する​こと​に​なっ​て​い​ます。 *4​年​前​の​2011​年,同​裁判​所​は,韓国​の​兵役​法​の​もと​で​良心​的​兵役​拒否​者​を​罰し​て​も​憲法​違反​に​は​なら​ない,と​の​判決​を​下し​て​い​ます。2004​年​に​も​それ​と​同じ​判決​が​出さ​れ​て​い​ます。

今回,同​裁判​所​は​2015​年​7​月​9​日​に,3​人​の​良心​的​兵役​拒否​者​が​関係​する​訴訟​を​まとめ​て​審理​する​こと​で​この​問題​を​再​検討​する​と​いう​異例​の​手順​を​踏む​こと​に​なっ​て​い​ます。様々​な​組織​が​良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​支持​する​法廷​助言​書​を​憲法​裁判​所​に​提出​し​て​い​ます。良心​的​兵役​拒否​を​認める​こと​は​国際​法​上​の​基準​と​なっ​て​いる​ため,変化​を​拒む​韓国​の​姿勢​に​国際​的​な​注目​が​集まっ​て​い​ます。

国際​的​な​非難​が​高まる

国連​の​規約​人権​委員​会​は​韓国​に​変化​を​求め​て​き​まし​た。同​委員​会​は​2006​年​以降,500​人​を​超える​良心​的​兵役​拒否​者​ *に​かかわる​5​つ​の​判断​を​下し,韓国​は​良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​保障​する​立法​措置​を​講じ​なけれ​ば​なら​ない​と​し​て​い​ます。

ロンドン​に​拠点​を​置く​人権​団体​アムネスティ​・​インターナショナル​は,2015​年​5​月​15​日​付​の​記事​の​中​で​良心​的​兵役​拒否​の​国際​デー​を​宣伝​し,良心​的​兵役​拒否​者​に​対する​韓国​の​扱い​に​注意​を​引き​まし​た。その​記事​は,徴兵​年齢​に​達し​て​いる​若い​エホバ​の​証人​たち​と,韓国​の​現行​法​の​下​で​の​彼ら​の​窮状​に​つい​て​特集​し​て​い​ます。その​同じ​週​に,CNN(英語)や​ワシントン​・​ポスト(英語)など​の​幾つ​か​の​国際​メディア​も,良心​的​兵役​拒否​と​その​立場​を​取る​若い​エホバ​の​証人​に​つい​て​の​記事​を​掲載​し​まし​た。

判事​たち​が​直面​し​て​いる​問題

韓国​で​エホバ​の​証人​が​兵役​を​拒否​する​と,判事​は​通常,兵役​忌避​の​罪​で​有罪​と​し​ます。しかし,誠実​に​宗教​的​信念​を​守っ​た​と​いう​だけ​の“犯罪”を​犯し​た​非​暴力​的​な​若い​男性​に​刑​を​宣告​する​こと​に,判事​たち​は​次第​に​心苦しさ​を​感じる​よう​に​なっ​て​い​ます。 *一例​を​挙げる​と,水原(スウォン)地方​法院​の​女性​裁判​長​は,ある​エホバ​の​証人​に​有罪​判決​を​言い渡し​ながら​涙​を​流し​まし​た。それ​以外​の​法的​選択​肢​が​なかっ​た​から​です。

2015​年​5​月​12​日,光州(クァンジュ)地方​法院​の​判事​は「無罪」判決​を​言い渡し​まし​た。この​判事​は,3​人​の​エホバ​の​証人​の​裁判​で​道徳​上​の​ジレンマ​を​感じ​て​い​た​ため,判例​と​は​異なる​判断​を​下し​まし​た。それ​が​変化​の​追い風​と​なる​こと​を​期待​し​つつ,判事​は​こう​述べ​まし​た。「皆さん​の​ため​に​わたし​が​できる​こと​と​言え​ば,小さな​マッチ​の​火​を​つける​こと​ぐらい​です​が,そこ​から​大きな​炎​を​燃え上がら​せ​て​くれる​こと​を​願っ​て​い​ます」。検察​側​は​判決​に​対し​控訴​し​て​い​ます。

7​つ​の​地方​法院​は​良心​的​兵役​拒否​者​を​有罪​と​する​の​で​は​なく,この​問題​に​つい​て​の​判決​を​すでに​2004​年​と​2011​年​に​出し​て​いる​憲法​裁判​所​に​事件​を​付託​し​まし​た。それら​判事​たち​は,良心​の​命じる​ところ​に​従っ​た​と​いう​だけ​の​理由​で​若い​男性​に​刑​を​宣告​する​こと​を​拒ん​だ​の​です。例えば,ソウル​北部​地方​法院​に​おける​ある​裁判​で​は,カン​・​ヨンフン​判事​が,良心​的​兵役​拒否​者​を​罰する​こと​は「彼ら​の​権利​と​独自​性​の​否定​に​相当​する。確か​に​それ​は​人間​の​尊厳​の​侵害​で​ある」と​述べ​まし​た。

判事​たち​は「裁判​所​に​圧力​を​かける」よう​強く​促さ​れる

2014​年​12​月,韓国​の​弁護​士​会​は​良心​的​兵役​拒否​を​テーマ​に​会議​を​開催​し​まし​た。元​大​法官(最高​裁判​所​裁判​官)の​チョン​・​スアン​氏​は​その​基調​講演​の​中​で,韓国​に​対し​て​出さ​れ​た​国連​の​規約​人権​委員​会​の​判断​と​国連​の​人権​理事​会​の​決議​を「国家​的​な​恥」と​呼び​まし​た。そして,「何百​人​も​の​若い​男性​を​投獄​する​こと​は​正当​化​でき​ない」と​述べ,国際​基準​に​沿っ​た​判決​を​下す​よう「裁判​所​に​圧力​を​かける」こと​を​判事​や​法律​専門​家​に​強く​促し​まし​た。

チョン​氏​は​次​の​よう​に​述べ​て​講演​を​締めくくり​まし​た。「できる​限り​速やか​に​代替​奉仕​を​採用​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。……それ​は​韓国​の​歴史​に​おける​里程標​と​なり,韓国​初​の​女性​大統領​に​よる​人権​の​分野​で​の​卓越​し​た​業績​と​なる​でしょ​う。そう​し​て​初めて,わたしたち​は​人権​問題​に​おける​後進​国​と​いう​汚名​を​返上​できる​の​です」。

憲法​裁判​所​は​国際​基準​を​遵守​する​か

韓国​の​何千​人​も​の​エホバ​の​証人​は​幾十​年​に​も​わたり,自分​の​信念​を​良心​的​に​守る​ため​に​投獄​さ​れる​こと​を​忍ん​で​き​まし​た。彼ら​は​憲法​裁判​所​の​判断​を​待ち​ながら,こう​問いかけ​ます。憲法​裁判​所​の​裁判​官​たち​は​良心​的​兵役​拒否​者​の​ため​に​行動​を​起こす​でしょ​う​か。韓国​は​国際​的​に​認め​られ​て​いる​人権​の​基準​と​調和​し​た​行動​を​取る​でしょ​う​か。

^ 2節 大韓民国​は​良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​認め​て​い​ませ​ん。過去​60​年​間​に,誠実​な​宗教​的​信念​ゆえに​軍務​に​就く​こと​を​拒ん​だ​1万8000​人​を​超える​エホバ​の​証人​が​投獄​さ​れ​て​き​まし​た。現在​投獄​中​の​人​たち​の​リスト​は,「信仰​ゆえに​投獄​さ​れる 韓国」を​ご覧​ください。

^ 5節 Communications Nos. 1321/2004 and 1322/2004, U.N. Doc. CCPR/C/88/D/1321–1322/2004,3 November 2006; Communications Nos. 1593 to 1603/2007, U.N. Doc. CCPR/C/98/D/1593–1603/2007,23 March 2010; Communications No. 1642–1741/2007, U.N. Doc. CCPR/C/101/D/1642–1741/2007,24 March 2011; Communication No. 1786/2008, U.N. Doc. CCPR/C/106/D/1786/2008,25 October 2012; Communication No. 2179/2012, U.N. Doc. CCPR/C/112/D/2179/2012,15 October 2014.