内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年6月16日
韓国

他の人の良心を無視するよう求められ,良心のとがめを感じる裁判官たち

他の人の良心を無視するよう求められ,良心のとがめを感じる裁判官たち

水原(スウォン)地方​法院​の​裁判​長​の​女性​は,良心​的​兵役​拒否​者​で​ある​21​歳​の​任​昌朝(イム​・​チャンジョ)に​対する​判決​文​を​読み上げ​ながら,泣き出し​まし​た。裁判​長​は​その​日,他​の​5​件​の​刑事​裁判​で​は​顔色​を​変える​こと​なく​判決​を​下し​まし​た​が,この​件​で​は​理不尽​さ​を​強く​感じ​て​涙​を​流し​た​の​です。裁判​長​は​やむなく,その​エホバ​の​証人​の​若者​に​1​年​6​か月​の​刑​を​宣告​し​まし​た。

韓国​の​裁判​官​たち​は​毎月,同じ​よう​な​場面​に​直面​し​ます。法廷​で​良心​的​兵役​拒否​を​明らか​に​する​若者​に,一律​に,求刑​通り​1​年​6​か月​の​刑​を​言い渡す​の​です。金​泳植(キム​・​ヨンシク)裁判​官​は,ある​良心​的​兵役​拒否​者​に​関する​判決​の​中​で,「裁判​官​たち​は,良心​的​兵役​拒否​者​を​扱う​際,彼ら​を“処罰​す​べき​犯罪​者”と​は​どうして​も​思え​ない」と​述べ​て​い​ます。こう​し​た​ジレンマ​の​ため​に,同​裁判​官​は,良心​的​兵役​拒否​者​に​刑​を​宣告​する​際​に​徴兵​忌避​に​関する​法律​を​指針​と​し​て​いる​こと​に,疑問​を​抱く​よう​に​なっ​て​い​ます。

韓国​は​良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​認め​よう​と​せ​ず,代替​の​市民​的​奉仕​活動​も​提供​し​て​い​ませ​ん。その​ため,韓国​の​裁判​官​たち​は,繰り返し​起きる​この​ジレンマ​を​避ける​こと​が​でき​ず,良心​的​兵役​拒否​者​を​犯罪​者​と​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。さらに​裁判​官​たち​は,国連​規約​人権​委員​会​が​幾つ​か​の​訴訟(合計​501​人​の​若者​が​関係)に​おい​て,韓国​は​国際​社会​の​公約​に​違反​し​て​いる​と​裁定​し​た​こと​に​も​気付い​て​い​ます。韓国​は​兵役​拒否​者​を​起訴​し​投獄​する​こと​に​より,基本​的​人権​の​尊重​と​いう​自ら​の​公約​を​破っ​て​いる​と​指摘​さ​れ​た​の​です。その​結果,ますます​多く​の​裁判​官​が,良心​的​兵役​拒否​者​の​クリスチャン​青年​に​刑期​を​課す​際,自分​自身​の​良心​に​とがめ​を​感じる​よう​に​なっ​て​い​ます。

2011​年​に​韓国​の​憲法​裁判​所​は​兵役​法​を​合憲​と​し​た​ばかり​です​が,現​時点​で​6​人​の​地方​法院​の​裁判​官​が,良心​的​兵役​拒否​に​関する​件​を​憲法​裁判​所​に​再​提出​し​て​い​ます。彼ら​の​判決​の​中​に​は,実際​に​生じ​て​いる​懸念​が​示さ​れ​て​い​ます。

裁判​官​たち​は​こう​述べ​て​いる

  • 良心​ゆえに​戦い​を​拒む​人​を​投獄​する​こと​の​倫理​性​に​つい​て

    「憲法​が​良心​の​自由​を​基本​的​人権​と​し​て​保障​する​究極​の​目的​は,人間​の​価値​と​尊厳​の​根幹​を​成す​個人​の​良心​を​保護​する​こと​で​ある。……兵役​を​拒否​する​と​いう​彼ら​の​決定​は​多数​派​の​意見​に​は​そぐわ​ない。と​は​いえ,その​決定​は​反​社会​的​も​しく​は​反​国家​的​な​重罪​に​相当​し​直接​の​刑事​罰​を​もっ​て​厳重​に​処罰​す​べき​だ,と​論じる​こと​は​困難​で​あろ​う」。―任​惠媛(リム​・​ヘウォン)裁判​官,水原(スウォン)地方​法院,2013​年​2​月​21​日,2012​Chogi2381。

    「自分​自身​と​他​の​人​と​の​関係​を​決める​こと[と,]……“人間​の​存在​価値”を​真摯​に​考慮​する​こと​は,人​の​人格​形成​に​不可欠​な​過程​で​ある。それ​に​は,戦時​下​で​あっ​て​も​だれ​の​命​も​奪わ​ない​と​いう​決定​も​含ま​れる。その​よう​な​決定​を[し​た​者]が,兵役​を​強制​さ​れる​か​武器​を​執る​こと​を​強要​さ​れる​か​し​て,そう​し​た​義務​の​履行​を​拒む​ため​に​常​に​罰せ​られる​なら,それ​は​彼ら​の​権利​と​独自​性​の​否定​に​相当​する。確か​に​それ​は​人間​の​尊厳​の​侵害​で​ある」。―姜​永薫(カン​・​ヨンフン)裁判​官,ソウル​北部​地方​法院,2013​年​1​月​14​日,2012​Chogi1554。

  • 良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​認める​こと​が​国家​の​安全​保障​を​弱める​か​どう​か​に​つい​て

    「代替​奉仕​の​制度​の​採用​が​国家​の​安全​保障​を​脅かし​たり​兵役​義務​の​負担​の​公平​性​を​損なっ​たり​する,と​いう​こと​を​はっきり​示す​十分​な​証拠​や​データ​は​存在​し​ない」。―金​寬求(キム​・​グァング)裁判​官,昌原(チャンウォン)地方​法院​馬山(マサン)支院,2012​年​8​月​9​日,2012​Chogi8。

    「エホバ​の​証人……など​の​少数​派​が​武器​を​執っ​て​軍事​訓練​を​行なう​こと​を​拒む​と,全​国民​の​尊厳​と​価値​を​守れ​なく​なる​ほど​に​国家​の​安全​保障​が​深刻​な​脅威​を​受ける,と​主張​する​に​足る​理由​は​ない。実​の​ところ,被告​は……処罰​さ​れる​と​し​て​も​兵役​を​すでに​拒否​し​て​いる​の​で​ある。もし,その​主張​に​十分​な​論拠​が​ある​の​なら,国家​の​安全​保障​と​全​国民​の​尊厳​と​価値​は​すでに​重大​な​危機​に​さらさ​れ​て​いる​こと​に​なる」。―李​承燁(イ​・​スンヨプ)裁判​官,蔚山(ウルサン)地方​法院,2013​年​8​月​27​日,2013​Godan601。

  • どう​すれ​ば​この​問題​を​解決​できる​か​に​つい​て

    「憲法​裁判​所​が​本件​に​関わる​条項​が​違憲​で​ある​と​いう​見解​を​保持​する​場合,行政​機関​と​国会​は,国家​の​安全​保障​と​良心​の​自由​を​考慮​に​入れ,良心​的​兵役​拒否​を​認める​と​同時​に​国家​の​安全​保障​を​強化​する​よう​な​法律​を​制定​する​立場​に​あり,そう​する​こと​が​できる」。―金​泳植(キム​・​ヨンシク)裁判​官,ソウル​南部​地方​法院,2013​年​7​月​9​日,2013​Chogi641。

    「代替​奉仕​の​制度​が,良心​的​兵役​拒否​を​装っ​た​徴兵​忌避​を​防ぐ​よう​に​注意深く​立案​され​実施​さ​れる​なら,軍事​力​が​低下​し​たり​国家​の​安全​保障​に​大きな​影響​が​及ん​だり​する​こと​に​は​なら​ない​だろ​う」。―李​誠馥(イ​・​ソンボク)裁判​官,ソウル​東部​地方​法院,2014​年​2​月​20​日,2014​Chogi30。

憲法​裁判​所​は​どう​対応​する​だろ​う​か

これら​の​裁判​官​たち​は​憲法​裁判​所​に,良心​的​兵役​拒否​の​問題​で​自分​たち​が​抱える​ジレンマ​に​対する​答え​を​出し​て​くれる​よう​求め​て​い​ます。現​時点​まで​に,憲法​裁判​所​は​29​の​申し立て​を​受け入れる​こと​に​同意​し​まし​た。その​うち​の​2​つ​の​申し立て​に​は​合計​433​人​が​関係​し​て​い​ます。

憲法​裁判​所​は​それら​の​件​に​どの​よう​な​審判​を​下す​でしょ​う​か。韓国​最高​裁判​所​は​良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​認め​て,新た​な​法律​制定​へ​の​道​を​開く​でしょ​う​か。もし​そう​なる​なら,国際​社会​に​対する​公約​や​憲法​が​重んじ​られ,多く​の​人​の​良心​が​尊重​さ​れ,不当​に​投獄​さ​れ​て​いる​何百​人​も​の​青年​たち​が​救済​さ​れる​こと​に​なり​ます。