内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015年11月27日
韓国

韓国の631人のエホバの証人は国連の「恣意的拘禁に関する作業部会」に申し立てを提出する

韓国の631人のエホバの証人は国連の「恣意的拘禁に関する作業部会」に申し立てを提出する

2015​年​の​7​月​と​8​月​に,韓国​で​投獄​さ​れ​て​いる​若い​男性​600​人​余り​が​国連​の「恣意​的​拘禁​に​関する​作業​部会」に​申し立て​を​提出​し​まし​た。それら​の​男性​は,個人​の​宗教​的​信念​ゆえに​兵役​を​拒否​し​た​ため,起訴​さ​れ​て​有罪​判決​を​受け,1​年​半​の​刑​を​宣告​さ​れ​て​い​ます。

申し立て​の​根拠

2014​年​10​月​15​日,国連​の​規約​人権​委員​会​は,良心​的​兵役​拒否​者​を​投獄​し​た韓国​は​恣意​的​拘禁​の​責任​を​問わ​れる,と​いう​判断​を​下し​まし​た。この​判断​は,投獄​さ​れ​て​いる​男性​たち​が「恣意​的​拘禁​に​関する​作業​部会」に​提出​し​た​申し立て​の​根拠​に​なり​まし​た。

恣意​的​拘禁​に​関する​作業​部会​に​は,「恣意​的​に,あるいは​関係​諸国​が​受諾​し​た……国際​条約​に​反し​て​自由​を​剥奪​し​た​事例​を​調査​する」権限​が​ある。

申立​人​側​の​代理​人​を​務める​オー​・​ドゥジン​弁護​士​は,良心​的​兵役​拒否​者​の​投獄​が​恣意​的​と​言える​理由​に​つい​て​説明​し​て​い​ます。

国際​基準​から​すれ​ば,政府​は​良心​上​の​理由​で​兵役​を​拒否​する​国民​の​ため​に​代替​制度​を​設け​なけれ​ば​なり​ませ​ん。なぜなら,良心​と​宗教​に​関する​自由​の​権利​に​は​当然,良心​的​兵役​拒否​の​権利​が​含ま​れる​から​です。しかし​韓国​政府​は,代替​の​市民​的​奉仕​活動​の​制度​を​設ける​よう​に​と​いう​国際​社会​から​の​求め​を​無視​し​て​き​まし​た。

偏見​の​ない​態度​で​考える​なら,韓国​が​60​年​に​わたり,1万8000​人​余り​の​男性​と​その​家族​を​巻き込ん​で​き​た​問題​の​解決​を​かたくな​に​拒ん​で​き​た​こと​は,「恣意​的」と​言える​でしょ​う。韓国​政府​は,国連​の​規約​人権​委員​会​から​の​5​つ​の​判断​に​含ま​れる​勧告​に​従わ​ず,それら​の​男性​に「効果​的​な​救済​措置」を​差し伸べ​て​い​ませ​ん。他人​を​傷つけ​まい​と​固く​決意​し​て​いる​男性​たち​を​犯罪​者​と​し​て​投獄​する​こと​は,明らか​に​不​公正​かつ​筋​の​通ら​ない​行為​です。

作業​部会​へ​の​要請

作業​部会​に​申し立て​を​提出​し​た​男性​たち​は​次​の​事柄​を​求め​て​い​ます。

  • 「申立​人​たち​を​良心​的​兵役​拒否​ゆえに​投獄​し​て​いる​の​は​恣意​的​拘禁​で​ある​と​結論​付ける​こと」。

  • 「大韓民国​に​対し,申立​人​たち​の​即時​釈放​と​犯罪​歴​の​抹消​を​指示​する​こと」。

信仰​ゆえに​投獄​さ​れる

投獄​さ​れ​て​いる​申立​人​の​1​人​に​アン​・​ジュンヒョク​が​い​ます。他​の​申立​人​と​同様,アン​は​自分​が​犯罪​者​で​ある​と​は​考え​て​い​ませ​ん。幼い​頃​から,聖書​の​原則​を​理解​し​適用​する​よう​母親​に​教え​られ​て​き​まし​た。アン​は​まだ​若者​です​が,兵役​に​就く​こと​は​自分​の​宗教​的​信念​と​良心​に​反する​と​判断​し​まし​た。 * 韓国​の​状況​を​知っ​て​い​た​ため,兵役​拒否​が​どんな​結果​を​招く​か​は​分かっ​て​い​まし​た。そのうえ​で,どう​決定​する​か​を​真剣​に​考え​た​の​です。こう​話​し​ます。

自分​の​宗教​的​信念​を​守っ​た​から​と​いっ​て​投獄​さ​れる​べき​だ​と​は​思い​ませ​ん。政府​に​よっ​て​代替​の​市民​的​奉仕​活動​が​設け​られ​て​い​た​なら,それ​を​行なっ​た​と​思い​ます。人​を​傷つける​こと​は​し​ない​と​いう​誠実​な​信念​ゆえに​有罪​判決​を​受け​て​罰せ​られる​の​は,正当​な​こと​で​は​あり​ませ​ん。

韓国​は​変化​を​求める​圧力​に​どう​応じる​か

作業​部会​は​631​人​分​の​申し立て​を​韓国​政府​に​送り,意見​や​観察​を​聞く​こと​に​し​て​い​ます。韓国​が​それ​に​応答​し​た​後,作業​部会​は​国連​の​人権​理事​会​に​所見​と​勧告​を​提出​する​こと​に​なり​ます。同​理事​会​が​良心​的​兵役​拒否​者​の​投獄​を​恣意​的​な​拘禁​で​ある​と​認める​なら,韓国​は​国際​社会​の​一員​と​し​て​人権​を​守る​義務​を​無視​し​て​いる​と​いう​厳しい​非難​を​浴びる​でしょ​う。オー​弁護​士​は​以下​の​よう​に​述べ​て​い​ます。

韓国​は​現在​まで,良心​的​兵役​拒否​者​が​受け入れ​可能​な​代替​の​市民​的​奉仕​活動​の​制度​を​設ける​よう​に​と​いう​国際​的​な​圧力​を​受け​て​も,それ​に​応じ​よう​と​し​て​き​ませ​ん​でし​た。国内​の​複数​の​地方​法院​から​の​圧力も​強まっ​て​い​ます。ここ​数​か月​の​間​に,2​つ​の地方​法院​の​判事​が​6​人​の​良心​的​兵役​拒否​者​に​無罪​を​言い渡して​い​ます。2012​年​以降,地方​法院​の​判事​たち​は​7​件​の​事件​を​憲法​裁判​所​に​付託​し​て​おり,2015​年​7​月​に​この​問題​に​関する​公開​の​弁論​が​開か​れ​まし​た。

現在,韓国​政府​は​国際​法​を​無視​し,毎月​40​人​から​50​人​の​エホバ​の​証人​を​有罪​と​し,投獄​し​て​い​ます。韓国​で​良心​的​兵役​拒否​ゆえに​投獄​さ​れ​て​いる​アン​・​ジュンヒョク​や​他​の​すべて​の​証人​たち​は,憲法​裁判​所​と​国連​の​人権​理事​会​に​よる​判断​を​待ち望ん​で​い​ます。