内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015年9月15日
ロシア

判決が延期されているタガンログのエホバの証人16人の再審理

判決が延期されているタガンログのエホバの証人16人の再審理

ロシア​の​タガンログ​の​エホバ​の​証人​16​人​の​再​審理​は​9​か月​目​に​入っ​て​い​ます。今年​の​夏​に​20​回​以上​の​公判​が​開か​れ,10​月​中​に​さらに​予定​さ​れ​て​い​ます。有罪​が​確定​し​た​場合,これら​の​証人​は,宗教​的​な​集まり​に​出席​し​て​聖書​を​読ん​だり​仲間​の​信者​と​交わっ​たり​し​た​と​いう​理由​だけ​で,投獄​され​罰金​を​科さ​れる​こと​に​なり​ます。

長期​に​及ぶ​訴訟​は​被告​人​に​悪​影響​を​及ぼす

再​審理​が​始まっ​た​今年​の​初め​以来,被告​人​たち​は​50​日​近く​を​裁判​に​費やし​て​い​ます。最初​の​裁判​から​2​年​以上​も​審理​が​続い​て​い​ます。これ​は,ロシア​に​おける​エホバ​の​証人​の​刑事​裁判​で​は​最長​の​もの​です。

公判​の​ため​に​費やす​時間​は,被告​人​たち​に​大きな​負担​と​なっ​て​い​ます。被告​人​の​一​人​で​ある​キリル​・​クラフチェンコ​は​こう​説明​し​ます。「働く​こと​が​でき​ませ​ん。家族​と​過ごす​時間​を​取る​こと​や,十分​な​休息​を​取る​こと​も​でき​ませ​ん」。裁判​に​時間​を​取ら​れる​こと​や,エホバ​の​証人​で​ある​こと​へ​の​公​の​中傷​ゆえ​に,仕事​を​解雇​さ​れ​たり,やめる​よう​圧力​を​受け​たり​し​て​いる​被告​人​も​幾​人​か​い​ます。過去​2​年​間,裁判​所​は​当局​の​許可​なし​に​タガンログ​を​離れる​こと​を​禁じ​て​き​まし​た。

訴訟​は,被告​人​たち​に​過度​の​感情​的​な​ストレス​と​も​なっ​て​い​ます。「健康​に​影響​が​出​て​い​ます。眠れ​なかっ​たり,夜中​に​目​が​覚め​たり​し​ます。裁判​の​事​が​頭​から​離れ​ず,あれこれ​と​考え,心配​し​て​い​ます」。こう​話す​の​は​タチアナ​・​クラフチェンコ​です。同じく​被告​人​の​ニコライ​・​トロチュク​は,裁判​の​ストレス​で​何​度​も​入院​し​まし​た。

再​審理​まで​の​タガンログ​で​の​一連​の​出来事

2011​年,警察​は​タガンログ​の​エホバ​の​証人​に​対し,ひそか​に​捜査​を​行ない​まし​た。その​後​2012​年​に​16​人​が​起訴​さ​れ,2013​年​5​月​に​最初​の​刑事​裁判​が​始まり​まし​た。1​年​3​か月​に​及ぶ​審理​の​後,タガンログ​市​裁判​所​は,起訴​さ​れ​た​証人​の​うち​の​7​人​に​過激​活動​を​行なっ​た​と​し​て​有罪​判決​を​下し​まし​た。裁判​官​は,7​人​全員​に​重い​罰金​を​科し,内​4​人​に​は​長期​の​懲役​刑​を​宣告​し​まし​た​が,すぐ​に​罰金​刑​を​免除​し,懲役​刑​の​執行​を​猶予​し​まし​た。残る​9​人​に​は​手続き​上​の​問題​ゆえに​無罪​と​宣言​し​た​もの​の,その​9​人​は​過激​活動​に​関与​し​た​と​判断​し​まし​た。

16​人​の​エホバ​の​証人​は​この​決定​に​つい​て​ロストフ​地方​裁判​所​に​上訴​し,すべて​の​容疑​に​対し​て​無罪​を​求め​まし​た。一方,検察​官​も​執行​猶予​は​寛大​すぎる​措置​で​ある​と​し,上訴​し​まし​た。

2014​年​12​月​12​日,ロストフ​地方​裁判​所​は​この​上訴​を​審理​し,タガンログ​市​裁判​所​の​判決​を​覆し​まし​た。しかし,証人​たち​を​無罪​と​する​の​で​は​なく,検察​官​の​訴え​を​認め​て,タガンログ​市​裁判​所​に​この​件​を​差し戻し,別​の​裁判​官​に​よる​再​審理​を​要請​し​まし​た。この​再​審理​は​2015​年​1​月​22​日​に​始まり,証人​たち​は​2015​年​6​月​に​判決​が​下さ​れる​と​期待​し​まし​た。しかし,裁判​官​は​10​月​中​に​も​公判​を​計画​し​た​の​で,判決​は​2015​年末​に​なる​と​思わ​れ​ます。

過激​活動​対策​法​は​平和​的​な​崇拝​を​制限​す​べき​か

ロシア​連邦​の​過激​活動​対策​法​は​本来,テロ​と​闘う​こと​を​目的​と​し​て​い​まし​た。にもかかわらず,ロシア​の​役人​の​中​に​は,この​法律​を​不当​に​も​平和​的​で​合法​的​な​崇拝​に​適用​する​人​たち​が​い​ます。国じゅう​で​エホバ​の​証人​の​集会​を​中止​さ​せ,家宅​捜索​を​行ない,文書​を​発禁​に​し​没収​し​ながら​も,この​過激​活動​対策​法​に​より​自分​たち​の​行動​を​正当​化​し​て​い​ます。タガンログ​当局​は,エホバ​の​証人​の​地方​法人​を​解散​さ​せ,王国​会館を​差し押さえる​ため​に​この​法律​を​誤用​し​まし​た。もっと​最近​で​は,サマラ​と​アビンスク​の​当局​も​証人​の​法人​を​解散​さ​せ,彼ら​の​不​動産​を​接収​する​こと​に​より,この​訴訟​に​倣い​まし​た。

ロシア​当局​の​圧制​的​な​処置​の​ため,エホバ​の​証人​は​救済​を​求める​28​の​申し立て​を​ヨーロッパ​人権​裁判​所(ECHR)に​提出​し​まし​た。これら​の​うち​の​22​の​申し立て​は,類似​し​た​人権​侵害​が​伴う​ため,ECHR​は​現在​同時​に​審議​中​です。証人​側​の​弁護​士​に​よる​と,ECHR​は,早けれ​ば​2015​年末​に​は​これら​の​件​に​つい​て​判決​を​下す​でしょ​う。

宗教​的​不​寛容​が​高まる​こと​へ​の​懸念

ロシア​は​今,信教​の​自由​に​関し​て​岐路​に​立たさ​れ​て​い​ます。もし​タガンログ​の​起訴​さ​れ​て​いる​エホバ​の​証人​の​有罪​が​確定​する​なら,ロシア​の​エホバ​の​証人​は,サマラ​や​アビンスク​や​他​の​場所​の​仲間​の​信者​も​起訴​さ​れる​可能​性​が​ある​と​考え​て​い​ます。彼ら​は,ロシア​政府​が​この​迫害​を​終わらせ,すべて​の​人​に​信教​の​自由​を​保障​する​よう​希望​し​て​い​ます。

これ​まで​の​経緯

  1. 2008​年​6​月​9​日

    ロストフ​地方​検察​局​は,過激​活動​を​行なっ​た​と​し​て​タガンログ​の​エホバ​の​証人​に​対する​申し立て​を​提出​する。

  2. 2009​年​9​月​11​日

    ロストフ​地方​裁判​所​は,エホバ​の​証人​の​34​の​宗教​刊行​物​を​過激​主義​的​で​ある​と​宣言​し,タガンログ​の​エホバ​の​証人​の「地方​宗教​組織(LRO)」に​解散​を​命じる。

  3. 2009​年​12​月​8​日

    ロシア​連邦​最高​裁判​所​は,2009​年​9​月​に​下さ​れ​た​ロストフ​地方​裁判​所​の​判決​を​支持​する。

  4. 2010​年​3​月​1​日

    法務​省​は,ロストフ​地方​裁判​所​に​よっ​て​過激​主義​的​と​宣言​さ​れ​た​34​の​文書​を「連邦​内​の​過激​主義​的​文書​リスト」に​載せる。タガンログ​に​ある​エホバ​の​証人​の​王国​会館​が​差し押さえ​られる。

  5. 2010​年​6​月​1​日

    タガンログ​の​エホバ​の​証人​は,「タガンログ​LRO​ほか 対 ロシア」事件​を​ヨーロッパ​人権​裁判​所​に​提訴​する。

  6. 2011​年​4​月​30​日

    諜報(ちょうほう)機関​は,タガンログ​に​おける​証人​の​宗教​的​な​活動​を​ひそか​に​撮影​し​始める。

  7. 2011​年​7​月​6​日

    当局​は,タガンログ​LRO​を「連邦​内​の​過激​主義​的​組織​リスト」に​加える。

  8. 2011​年​8​月

    地元​当局​は,タガンログ​の​証人​に​対する​刑事​手続き​を​始め,19​軒​の​家宅​捜索​を​する。

  9. 2012​年​5​月​31​日

    取調​官​は,タガンログ​の​エホバ​の​証人​の​宗教​的​な​活動​に​対する​最初​の​起訴​状​を​提出​する。

  10. 2013​年​5​月

    16​人​の​証人​は​過激​主義​的​で​ある,と​の​訴え​に​関する​審理​が,タガンログ​市​裁判​所​で​始まる。

  11. 2014​年​7​月​29‐30​日

    タガンログ​市​裁判​所​は,7​人​の​証人​を​過激​主義​活動​を​行なっ​た​と​し​て​有罪​と​する。その​後,16​人​の​被告​人​たち​全員​と​検察​官​の​双方​が​上訴​する。

  12. 2014​年​12​月​12​日

    上訴​の​結果,ロストフ​地方​裁判​所​は,別​の​裁判​官​が​再​審理​する​ため​に​事件​を​差し戻す,と​いう​判決​を​下す。

  13. 2015​年​1​月​22​日

    16​人​の​証人​の​再​審理​が,タガンログ​市​裁判​所​で​始まる。

^ 44節 「ロシア​連邦​に​よる​義務​と​誓約​の​遵守」("The Honouring of Obligations and Commitments by the Russian Federation")欧州​評議​会,議員​会議​決議​第​1896​号(2012​年)25,31​節。

^ 45節 「第​7​回​ロシア​連邦​定期​報告​に​関する​総括​所見」("Concluding Observations on the Seventh Periodic Report of the Russian Federation")国連​規約​人権​委員​会,20​節。